年収別税金(所得税・住民税)一覧。計算方法も紹介。

年収別税金(所得税・住民税)一覧。計算方法も紹介。

年収により、給与から差し引かれる税金額は異なります。

 

この記事では、年収別の税額を一覧形式にしています。

 

また、税額の計算方法も紹介しているので、興味がある方は一読してみてください。

年収別税金(所得税・住民税)一覧

独身のサラリーマンを想定した計算結果です。

 

既婚者の方や、自営業の方などは、税額が大きく変わる場合があります。

年収 所得税 住民税 税額合計
100万円

0

4,000円

4,000円

200万円

42,000円

86,500円

128,500円

300万円

77,000円

156,500円

233,500円

400万円

130,500円

230,500円

361,000円

500万円

210,500円

310,500円

521,000円

600万円

348,500円

390,500円

739,000円

700万円

516,500円

474,500円

991,000円

800万円

696,500円

564,500円

1,261,000円

900万円

876,500円

654,500円

1,531,000円

1,000万円

1,070,600円

744,500円

1,851,000円

所得税の計算方法

【シミュレーション】

  • 独身
  • 年収400万円
  • 企業に勤めているサラリーマン
  • 収入は企業からの給与のみ
  • 扶養家族なし

@年収から(給与控訴所得額+所得控訴額)を引き、所得金額を求める

所得金額とは、所得税の課税対象となる所得のこと。

 

要するに、収入の全てに税金が掛かるというわけではないということです。

 

 

税金の一部が免除される制度のことを「控訴」といいます。

 

控訴として年収から差し引かれるのは「給与控訴所得額」と「所得控訴額」の2つです。

 

所得金額とは、年収から給与控訴所得額と所得控訴額を引いた金額となります。

 

【所得金額=年収-給与控訴所得額-所得控訴額】

給与控訴所得額

給与控訴所得額は以下の表より算出されます。

年収 給与控訴所得額
〜1,625,000円 650,000円
1,625,001〜1,800,000円 年収×0.4
1,800,001〜3,600,000円 年収×0.3+180,000円
3,600,001〜6,600,000円 年収×0.2+540,000円
6,600,001〜10,000,000円 年収×0.1+1,200,000円
10,000,001円〜 2,200,000円
所得控訴額

所得控訴は、家族を養う必要がある人や保険に加入している人の税負担を軽くするための制度です。

 

給与控訴所得額が収入のみで金額が決まるのに対して、所得控訴額は、扶養家族や保険の有無によって金額が定められています。

 

以下の表に所得控訴をまとめました。

所得控訴名 適用条件 金額
基礎控訴 なし 380,000円

厳密な適用条件は、国税庁のホームページを参考にしてください。

 

⇒所得控訴の詳細な適用条件はこちら

 

今回のシミュレーションでは、基礎控訴のみを適用します。

【シミュレーション】

  • 年収:400万円
  • 給与控訴所得額:年収×0.2+540,000円
  • 所得控訴額:380,000円(基礎控訴)

4,000,000-(4,000,000×0.2+540,000)-380,000=2,280,000円

A所得金額に税率を掛け、控訴額を引き、所得税を求める

@で所得税が課税される収入(所得金額)が求まりました。

 

所得税は、所得金額に対して定められた税率を掛け、控訴額を引くことで求まります。

 

【所得税=所得金額×税率ー控訴額】

 

税率は、累進課税制度を採用しており、所得金額の増加に伴って、税率が高くなります。

 

要するに、お金持ちの方が差し引かれる税額の割合が大きいということですね。

 

所得金額別の税率、控訴額を以下の表にまとめました。

所得金額 税率 控訴額
〜1,950,000円

5%

0円

1,950,000〜3,300,000円

10%

97,500円

3,300,001〜6,950,000円

20%

427,500円

6,950,000〜9,000,000円

23%

636,000円

9,000,001〜18,000,000円

33%

1,536,000円

18,000,000〜40,000,000円

40%

2,796,000円

40,000,001円〜

45%

4,796,000円

【シミュレーション】

  • 年収:400万円
  • 所得金額:228万円
  • 税率:10%
  • 控訴額:97,500円

2,280,000×0.1-97,500=130,500円

 

年収400万円の独身サラリーマンの所得税の金額は130,500円と求まりました!

関連ページ

どうしてもバイトに行きたくない…。現実的な対策法を紹介!
家庭の問題や恋人との別れなどでどうしてもバイトに行きたくない時は誰しもあります。そんな時に自分と仕事先の人の精神的な負担を減らすような対策法を紹介します。また今のバイトに不満がある方にも参考になる「仕事」への取り組み方に関する情報紹介しています。
うつで会社に行きたくない…。症状の重さによる対策法を紹介!
うつになるほど会社に行きたくない人へ向けて、今後の対策法を紹介します。耐え難いほど苦しんでる場合は必ず解決法を見つけなければなりません。当サイトはそれぞれの症状の重さに分けて紹介してるので、うつで苦しんでる人はきっと悩みが解消するでしょう。
もう今の仕事を辞めたい!転職する前に考えるべきこと
今の時代転職はそう珍しいことではありません。ただし何も考えず勢いで転職活動を始めるのはとても危険です。当サイトでは、転職するためにあらかじめ考えるべきことをまとめているので、ぜひ参考にしてください。
仕事占い一覧。電話占い、タロット占い、姓名判断など。
仕事で悩んでいる方は多いと思います。だけど、仕事の悩みって親とか友達には言いづらかったりしますよね。なんとかして仕事の悩みを解決したい、誰かに仕事の相談がしたいという方は占いに頼るのも一つの手かもしれませんよ。
会社で暇すぎて仕事がないときの対処法【自己啓発、遊びなど】
近年、サービス残業や休日出勤を強いるブラック企業が問題となっています。一方で、会社で暇すぎて1日がとても長く感じる人もいるでしょう。これはこれで辛いものがあります。この記事では、会社で暇すぎて仕事がない方に向けて、暇な時間を充実させる方法を紹介します。
根性論に頼らない!仕事がだるいときの対処法
やる気を出そうと思っても、どうしても仕事がだるいときは誰にでもあると思います。この記事では、今すぐ試せる仕事がだるいときの対処法を紹介します。
新入社員にありがちな仕事の悩みランキング
仕事を始めて間もない新入社員にとって、仕事の悩みは尽きないことでしょう。管理人自身、新入社員の時は、仕事の後や休日でも、仕事の悩みが頭にこびりついて離れませんでした。この記事では、新入社員にありがちな仕事の悩みをランキング形式で紹介しているため、一読してみてください。
正社員で仕事の掛け持ちをする方法
本業の収入だけだと物足りないな…と感じる方は、副業や仕事の掛け持ちを考えると思います。仕事の掛け持ちの可否は、勤務している会社の就業規則で決まります。規則の内容によっては、この仕事はOKだけどこの仕事はNG、といったことがあります。この記事では、仕事を掛け持ちする方法を紹介しているので、参考にしてみてください。
【男性向け】仕事用バッグ(メンズ)の選び方を紹介
職場の同僚や上司は、あなたがどんなバッグを持ち歩いているか、意外と見ています。あまりにもダサいバッグや派手なバッグを持ち歩いていると、社会人としての自覚が足りないと思われます。この記事では、男性に向けて、仕事用バッグの選び方を紹介しているので、参考にしてみてください。
派遣社員の給料を正社員・フリーターと比較
仕事への不満解消法をまとめています。会社の人間関係や給料、労働条件などに納得できてない方は当サイトを参考にしてください。現実的な方法で心を安定させることができます。
上司からの評価を下げずに仕事をサボる方法
仕事大好き人間でもない限り、仕事は苦痛なことだと思います。余計な仕事はしなくないと考えるのは普通でしょう。この記事では、周りの評価を下げずに仕事をサボる方法を紹介します。『何で私がこんな仕事しなきゃいけないんだ!』と悩んでいる方、仕事が多すぎて困っている方、単純にサボりたい方はぜひ参考にしてください。
仕事で疲れる。会社が辛い方に向けて対処法を紹介
仕事が疲れる理由として、人間関係、仕事内容、労働条件が挙げられます。それぞれ具体的な対策を紹介するので、仕事で疲れて人生が楽しくないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧