正社員は無理?誤解されているフリーターからの転職情報

正社員は無理?誤解されているフリーターの転職情報

正社員になりたいけど、フリーターの自分には無理…。そんな風に考えてる方は多いでしょう。

 

確かに新卒と比較すれば、大企業に勤めれなかったり、求人の数は少ないかもしれませんが、フリーターでも普通に就職することはできます。

 

ただここで見ず知らずの管理人が「君でも絶対に就職できるぜ(・ω<)てへぺろ」と言ったところで説得力は皆無でしょう。

 

ということで当サイトでは、フリーターでも普通に正社員として働ける理由、正社員として働けない人の特徴、仕事の探し方、を紹介します。

 

正社員になりたいという気持ちが少しでもある方は、ぜひ参考にしてください。

 

人材が足りてない企業は多い

2016年現在は就職難といわれており、新卒でも就職できない人や高学歴でも何十社も落ちる人がメディアに取り上げられています。

 

ただしそれらの人の多くは「超人気企業」ばかりを狙って、就活に失敗しています。

 

しかし世の中の企業には何千人の新卒が集まるところもあれば、ただの一人も人が集まらないようなところもあります。

 

 

 

世の中的に名前が知られている会社はすべからく倍率が高いです。例えばブラック企業として有名な「ワタミ」でさえ、採用倍率は他の飲食とそれほど変わりません。

 

ただし、名前の知られている会社があなたにとって理想的な職場とは限りません。

 

例えばあなたが、世間体のみにこだわっているならば、大企業に就職する意味はあります。

 

それ以外の要素を重視する場合、それほど大企業に勤める意味はあるでしょうか。

 

 

刺激的な仕事がしたい

 

楽な仕事をしたい

 

たくさん給料が欲しい

 

休みが多いほうがいい

 

人間関係の緩い職場がいい

 

 

これらの欲求を大企業が満たしてくれるかというと、そんなことはありません。

 

例えば、給料が欲しい人は中小企業や不動産の営業のほうが、大企業よりも稼げます。

 

大企業は年功序列で徐々に収入が上がることはあっても、20代で何十万も稼ぐことはできません。

 

 

 

逆に人材が足りてない企業が悪い職場かと言われると、もちろんそんなことはありません。

 

むしろ名が知れてない会社のほうが、安定して自分の理想通りの働き方ができる会社は多いです。

 

なぜならば大企業の仕事で

 

仕事が楽、給料がめっちゃ良い、休日もがっつり取れる!

 

なんてほぼありえないから。

 

ただし極端にブラックな環境も少ないので、そういう意味では安心かもしれません。

 

名の知れてない企業は社長の方針によって、めっちゃブラックだったり、めっちゃホワイトだったりします。

 

これは二極化してるわけではなく、そういう極端な企業が存在するという意味で、ほとんどの会社の環境は「普通」ですね。

 

 

 

人材が足りてない企業は取りあえず、人を雇おうとします。

 

もちろん高学歴出身者や、実務経験豊富な人材を優先して採用することは間違いないですが、当然そういった優秀な人間は人気企業に取られてしまいます。

 

 

 

就職難だからフリーターから正社員になんてなれない…、フリーターでも就職できる会社は全部ブラックだ…

 

 

これらの意見は完全に誤解であり、真面目に就活を始めるとこれらの意見がいかに上っ面なのかが分かります。

 

間違った情報や噂に惑わされず、自分の希望に合う仕事をしっかりと探してみましょう。

正社員になれない人の特徴

いくら企業が人材を求めているといっても、あまりにも社会人適性がない人を採用することはありません。

 

何回面接しても正社員採用されない人の特徴はある程度パターン化されています。

 

自分がそのパターンに当てはまらないかどうかよく確認し、当てはまるようであれば改善しましょう。

 

 

 

明らかにやる気がない

やる気の有無は面接すれば一発でばれます。

 

その会社に入りたくてたまらない人と、ただお金が欲しいだけの人では、同じ言葉でも重みが全く変わってきます。

 

仮に超演技派の人でも、面接でいくつか質問をするうちにボロが出てしまいます。

 

お金が目的で働くことは悪いことではありませんが、最低限会社概要を調べ、仕事内容に興味を持つぐらいのことはしましょう。

 

 

当社の経営理念は?

 

 

このレベルの質問に答えられないとかなり「やばい」です。

 

 

 

嘘をつく

たまに面接で嘘をついてしまう人がいます。

 

もちろん隠したい過去やごまかしたい経歴はあるかもしれませんが、嘘をつくのはおすすめしません。

 

ばれずに済めばよいですが、たいがいばれますし、嘘をついてるのが明らかになった場合、100%採用されません。

 

「嘘」の内容について激しく追及された場合、対処できる人はきっと少ないと思います。

 

 

 

経歴書に空白期間がある方は100%そこを面接で聞かれます。

 

 

空白期間の間は何をしてたんですか?

 

 

嘘をつかずありのままの理由を答え、それに対して自分が今どう感じ、今後どうする予定かを答えましょう。

 

仮にその間何もしなかったとしても、今後の展望を論理的に堂々と話せる人は高い確率で採用されます。

 

ニートやフリーターの方は空白期間に対する質問に対して、どう答えるかガッツリ考えておきましょう。

 

おすすめは原稿を作ること。不安であればその原稿を親や目上の方に見て意見をもらいましょう。

 

 

 

見た目が汚い

人は見た目が9割といいますが、清潔感のない人はかなり採用されづらいです。

 

どれだけ論理的に会話できる人でも、髭面でスーツがよれよれの人を採用する会社は少ないです。

 

見た目の汚さはいくらでも対策出来るので、極力清潔な見た目を心がけましょう。

 

 

具体的に言うと

 

ひげは剃る

 

髪の毛は短めにして整える

 

スーツは前日にクリーニング屋に出しておく

 

ネクタイをきちんと絞める

 

当たり前のことですが、面接のときは特に見た目に気を使いましょう。

 

 

 

時間を守らない

面接に遅刻したり、約束の時間に遅れるなんて、完全に論外。

 

時間に遅れるというのは、他人の時間を奪う行為なので、社会人としての常識を疑われます。

 

余裕を持って時間に遅れないようにしましょう。

 

特に電車やバスなどの交通機関を理由する場合、事故で予定通りの時間に来ないことがあるので、最新の注意を払いましょう。

 

⇒フリーターから正社員になるための仕事の探し方

関連ページ

フリーターのメリット・デメリット【今のままで大丈夫?】
正社員になりたくない…、けど自由な生活も手放せない。そんな方に向けてフリーターでいることのメリット・デメリットを紹介します。またフリーター生活を続けても大丈夫かどうかについても書いてるので、フリーター・正社員の間で悩んでる方はぜひ参考にしてください。
フリーターの年収の目安と稼げる限界
一般的に正社員と比較してフリーターの年収が低いと思われがちですが、実際のところどれくらいの金額になるのでしょうか。またフルタイムで働いた場合の稼げる限界額はどうなるのでしょうか。当サイトではフリーターの年収の目安を職業別に紹介してるのでぜひ参考にしてください。
フリーターの一人暮らしは可能?貯金するための節約術
収入が10万円前後あれば生活できるのでフリーターでも一人暮らしは可能です。ただしそれなりの生活をしたり、貯金をするためには節約術を身につけなければなりません。当サイトでは一人暮らしにかかる生活費と節約方法を紹介してるのでぜひ参考にしてください。
フリーター生活は楽だけど…。
楽だからという単純な理由でフリーター生活を続ける人は多いです。しかし楽だからと言ってフリーター生活を続けても良いのでしょうか。フリーターを続けた場合将来どうなるか、本当にこのままフリーターを続けてよいかどうか迷ってる方は当サイトを参考にしてみてください。
一生フリーターでもいいや、と投げやりに考えてる方に贈る言葉
俺は頭が悪いから…、やる気ないから…、働きたくないから…。そんな投げやりな理由で一生フリーターでいようとしてる方が本当に多いように感じます。今回はフリーター生活を送っていた管理人が恐れ多くも言葉を贈らせていただきます。
フリーターに貯金は可能?貯金のコツ・節約術を紹介。
収入が少ないフリーターでもやり方によってはお金を貯めることは十分可能です。当サイトではフリーターが貯金するためのコツや目安を紹介しているので、お金を貯めたい方はぜひ参考にしてください。
フリーターは結婚しても大丈夫?不安を解消するために。
経済的、社会信用的な問題からフリーターの結婚は難しいです。特に本人たちが納得していても親が反対するケースが多いようですね。当サイトではフリーターが結婚するために知るべきことをまとめているのでぜひ参考にしてください。
フリーターはいつまで許される?正社員になれる限界とは
フリーター生活は楽だけどいつまで許されるか不安…という方は多いと思います。フリーターは自由ですが正社員になれば安定した収入を得ることができます。当サイトではフリーターから正社員になる場合の採用状況を年齢別に比較しています。正社員になるか迷ってる方はぜひ参考にしてください。
大卒のフリーターの方へ向けた正社員への就職方法
新卒で就職できないと既卒が少数派のように感じますが、実際のところ既卒でフリーターをしてる方は非常に多いです。当サイトでは大卒のフリーターの方へ向けた就職方法を紹介してるので、安定した収入を得たい方はぜひ参考にしてください。
フリーターがブラック企業を避けて、正社員になる方法
フリーターからの就職は新卒と比較すると、厳しいと言われています。さらに就職できたとしても雇われた企業がブラック企業だったという話も多いです。当サイトではフリーターがブラック企業を避けて、正社員になる方法をまとめているのでぜひ参考にしてください。
アルバイトの所得税は収入がいくらから必要?計算方法を紹介
正社員・アルバイト問わず、ある一定の収入を超えると、所得税を支払う義務が発生します。所得税の支払いの有無は、収入だけでなく立場や扶養の有無によって変わります。この記事では、所得税の計算方法について紹介します。
フリーターが納めるべき税金と納付方法
正社員・フリーター問わず、収入が一定の額を超えると、納税の義務が発生します。この記事では、フリータの方に向けて、納める必要がある税金と、その支払い方法をまとめました。税金関連で不安がある方は、一読してみてください。
フリーターの末路とは?フリーターの将来を年代別に予想する
年代問わず、全人口のおよそ半数は正社員ではありません。フリーター・派遣社員・自営業、もしくは無職です。フリーターのまま年を重ねると、一体将来どうなってしまうのでしょうか。この記事では、年代別にフリーターの将来を予想しています。フリーターの末路が気になる方は一読してみてください。
フリーター女性と正社員女性の将来を予想する
日本社会は正社員が勝ち組とされているため、女性の方でもフリーターでいることに不安を感じていると思います。しかし、具体的に自分が何を不安に感じているか分からない方が多いのはずです。この記事では、フリーター女性と正社員女性の将来を予想して比較しています。自分の将来に迷っている方は、ぜひ一読してみてください。
アルバイトの社会保険の加入条件、106・130万円の壁を解説
収入がある一定のラインを超えると、アルバイトでも社会保険に加入する必要があります。加入条件は社会保険の種類によって異なります。この記事では、アルバイトの社会保険の加入条件をまとめているので、一読してみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧