フリーター女性と正社員女性の将来を予想する

フリーター女性と正社員女性の将来を予想する

『結婚後仕事を辞める場合、わざわざ正社員になる必要ある?』

 

と考える女性もいるでしょう。

 

確かに正社員になっても数年間で辞めてしまうのであれば、負担の少ないアルバイトの方が気楽に働けるように感じます。

 

しかし、正社員になるメリットは収入が多いことだけでなく、正社員の男性と結婚しやすいことが挙げられます。

 

『お金はそこそこで良いや!』

 

と収入面だけ考えてフリーターを続けていると、後々後悔するかもしれません。

 

この記事では、フリーター女性と正社員女性の将来予想を比較しています。

 

フリーター・正社員どちらになるか迷っている方は、一読してみてください。

目次

 

1. フリーター女性と正社員女性の将来を比較

 

2. 収入だけを考えるなら明らかに正社員の方が良い

 

3. フリーターから正社員になる方法

 

4. フリーター女性が正社員男性と結婚する方法

フリーター女性と正社員女性の将来を比較

収入

当然ですが、フリーターよりも正社員の方が明らかに収入は多いです。

 

フリーターの場合、フルタイム(1日8時間労働×週5日)で働いたとしても、月給は20万程度です。

 

正社員の場合、月給は20〜25万程度ですが、ボーナスを貰うことができるため、プラス100万ぐらい多く稼げます。

 

また、正社員は男性ほどではないですが、女性も年齢の増加とともに収入は上がります。

 

一方でフリーターは時間給が多少上がる程度で、何年働いたとしても、収入が劇的に増えることはありません。

 

収入面だけを考えるならば、確実に正社員の方が良いでしょう。

時間

アルバイトはシフト制であるケースが多いため、自分で時間を管理できます。

 

『最近真面目に働いたから、来週は多めに休みを取ろう!』

 

みたいなことが簡単にできます。

 

 

 

正社員の場合、基本的に平日は朝から晩まで会社に拘束されます。

 

「なんとなく元気が出ない」「彼氏と別れた」「友達と喧嘩した」

 

どんな理由があったとしても、病気にならない限り、会社を休むことは許されません。

 

また、正社員になると仕事に責任が生じるため、そう簡単に休むことはできません。

 

休みを取ることで仕事で問題が起こってしまったら話にならないので、事前に上司・仕事仲間に休む旨を伝えなければなりません。

 

「正社員として入社すること=自分の人生の大部分を会社に捧げること」を理解してください。

ストレス

仕事はストレスの連続です。

 

業務を遂行するためには、やりたくない仕事もしなければならないですし、嫌いな人とも話さなければなりません。

 

アルバイトの場合、辞めたければすぐに辞めることができます。

 

しかし、正社員は仕事の裁量が大きいため、辞めたら同僚・上司のフォローが大変です。

 

また、転職活動はリスクが高く、時間・体力を使います。

 

そのため、正社員は仕事が嫌になったからといって、そう簡単に辞めることはできません。

 

会社員になると人生の大半を会社に捧げることになるので、仕事がストレスの連続だと、とても辛い人生となるでしょう。

結婚相手

結婚相手との出会いで最も多いのが「社内恋愛」です。

 

参考:https://www.tescom-kireilab.jp/girlstopics/3834/

 

正社員の場合、会社で知り合う相手も会社員なので、安定した収入を持っている人と出会えます。

 

一方でフリーターの場合、職場の男性のほとんどがフリーターなので、必然的にフリーターと恋愛するケースが多いです。

 

結婚してから正社員になるパターンも多いですが、正社員経験が長いほうが収入は伸びやすいです。

 

高収入の男性と結婚したいのであれば、正社員になる方が無難です。

出産後の仕事復帰

旦那の収入だけでは教育費・家や車のローンが払えないため、最近は共働きが普通です。

 

今は

 

『給料が低くてもフリーターでのんびり働く方が良い』

 

と考えているかもしれませんが、子供が生まれると話が変わってきます。

 

自分中心の人生から子供中心の人生へと変わるため、給料の高い正社員を目指す人が増えます。

 

しかし、日本社会では30代で正社員経験のない女性を雇う会社は少ないです。

 

自分がなりたいからと言って、正社員になれるわけではありません。

 

 

 

正社員として働くためには、「出産前に正社員として働く」のが最も理想です。

 

正社員経験があれば、女性でも30代以降正社員として採用されるチャンスがあります。

 

  • 出産前⇒フリーター
  • 出産後⇒正社員

 

というのはかなり難しいと思ってください。

収入だけを考えるなら明らかに正社員の方が良い

独身であればフリーターの収入でも全く問題ないです。

 

しかし、結婚して子供を産むと

 

  • 家のローン
  • 車のローン
  • 教育費
  • 食費
  • 保険
  • 税金
  • 老後の生活費

 

など、たくさんのお金が必要になります。

 

お金を稼ぐためになりふり構っていられません。

 

そうなったときに、フリーターの収入だと足りないと感じるかもしれません。

 

結婚を考えている方であれば、正社員を目指すことをおすすめします。

フリーターから正社員になる方法

20代の場合

会社からすると20代は将来が期待できるため、過去の職務経験がなくても就職できます。

 

特に2018年現在は仕事の応募に対して求職者が足りてないので、20代なら簡単に就職できます。

 

女子カレッジは、20代女性専用の就職サイトなので、この記事を読んでいる方におすすめです。

 

⇒女子カレッジの公式サイトはこちら

 

正社員経験がない方、学歴がない方をターゲットにしているため、20代であれば基本的に誰でも利用できます。

30代の場合

30代の場合、正直言って正社員になるのは難しいです。

 

特に女性は、30代以降本格的に仕事に精を出す可能性が男性と比較すると低いため、企業はあまり採用しようとしません。

 

正社員経験がなかったらなおさらです。

 

20代であれば未経験専門の就職サイトはいくつかありますが、30代以降をターゲットにした未経験専用就職サイトはないですからね。

 

 

 

30代で正社員になりたい方は、とりあえず派遣社員になることをおすすめします。

 

派遣社員は年齢問わず簡単になれる割に、収入は正社員並みに多いです。

 

さらに派遣先で上司に気に入られれば、正社員になれる可能性もあります。

 

仮に派遣先の仕事が合わなかったとしても、派遣という立場であれば簡単に辞められるので、精神的な負担も少ないです。

 

いきなり正社員を目指すよりも一度派遣社員を経験してみてはいかがでしょうか。

フリーター女性が正社員男性と結婚する方法

フリーター女性にとって、一番のリスクは「正社員男性との出会いがないこと」だと思います。

 

しかし、男性は女性ほど結婚相手に学歴・ステータス・経済力を求めないので、正社員男性がいる場へ積極的に参加すれば、必ず出会いはあります。

 

『自分はフリーターだから、正社員の男性に相手なんかされるはずない…』

 

と思ってる方は、全く気にする必要はないです。

街コン

都会であれば、毎日のように街コンが開催されています。

 

日本はまだまだ男性社会なので、職場に女性との出会いがないケースが多いです。

 

街コンに参加すれば、無限に正社員男性と出会うことができるでしょう。

友達の紹介

友達であれば、自分に合った男性を紹介してくれる可能性が高いです。

都会に引っ越す

都会であれば、アルバイトでも正社員男性との出会いはたくさんあります。

 

また、アルバイト先はいくらでもあるので、出会いがたくさんあるイベント系のバイトをすれば、無限に正社員男性と出会うことができるでしょう。

 

人口が減少しているにも関わらず、都会の人口は増えています。

 

バリバリ働いている男性は都会に多いです。

 

田舎から都会に引っ越すだけでも、出会いは明らかに増えるでしょう。

 

ただし、家に引きこもっていたり、フリーターしかいないバイトを続けていたら、いくら都会でも出会いはないので気を付けましょう。

関連ページ

フリーターのメリット・デメリット【今のままで大丈夫?】
正社員になりたくない…、けど自由な生活も手放せない。そんな方に向けてフリーターでいることのメリット・デメリットを紹介します。またフリーター生活を続けても大丈夫かどうかについても書いてるので、フリーター・正社員の間で悩んでる方はぜひ参考にしてください。
フリーターの年収の目安と稼げる限界
一般的に正社員と比較してフリーターの年収が低いと思われがちですが、実際のところどれくらいの金額になるのでしょうか。またフルタイムで働いた場合の稼げる限界額はどうなるのでしょうか。当サイトではフリーターの年収の目安を職業別に紹介してるのでぜひ参考にしてください。
フリーターの一人暮らしは可能?貯金するための節約術
収入が10万円前後あれば生活できるのでフリーターでも一人暮らしは可能です。ただしそれなりの生活をしたり、貯金をするためには節約術を身につけなければなりません。当サイトでは一人暮らしにかかる生活費と節約方法を紹介してるのでぜひ参考にしてください。
正社員は無理?誤解されているフリーターからの転職情報
正社員になりたいけど、どうせフリーターの自分には無理だろ…。そう思われがちですが、フリーターからでも十分正社員として働くことは可能です。特に若ければ若いほど仕事を「選べる」ので、ぜひ正社員の道を目指してはいかがでしょうか。
フリーター生活は楽だけど…。
楽だからという単純な理由でフリーター生活を続ける人は多いです。しかし楽だからと言ってフリーター生活を続けても良いのでしょうか。フリーターを続けた場合将来どうなるか、本当にこのままフリーターを続けてよいかどうか迷ってる方は当サイトを参考にしてみてください。
一生フリーターでもいいや、と投げやりに考えてる方に贈る言葉
俺は頭が悪いから…、やる気ないから…、働きたくないから…。そんな投げやりな理由で一生フリーターでいようとしてる方が本当に多いように感じます。今回はフリーター生活を送っていた管理人が恐れ多くも言葉を贈らせていただきます。
フリーターに貯金は可能?貯金のコツ・節約術を紹介。
収入が少ないフリーターでもやり方によってはお金を貯めることは十分可能です。当サイトではフリーターが貯金するためのコツや目安を紹介しているので、お金を貯めたい方はぜひ参考にしてください。
フリーターは結婚しても大丈夫?不安を解消するために。
経済的、社会信用的な問題からフリーターの結婚は難しいです。特に本人たちが納得していても親が反対するケースが多いようですね。当サイトではフリーターが結婚するために知るべきことをまとめているのでぜひ参考にしてください。
フリーターはいつまで許される?正社員になれる限界とは
フリーター生活は楽だけどいつまで許されるか不安…という方は多いと思います。フリーターは自由ですが正社員になれば安定した収入を得ることができます。当サイトではフリーターから正社員になる場合の採用状況を年齢別に比較しています。正社員になるか迷ってる方はぜひ参考にしてください。
大卒のフリーターの方へ向けた正社員への就職方法
新卒で就職できないと既卒が少数派のように感じますが、実際のところ既卒でフリーターをしてる方は非常に多いです。当サイトでは大卒のフリーターの方へ向けた就職方法を紹介してるので、安定した収入を得たい方はぜひ参考にしてください。
フリーターがブラック企業を避けて、正社員になる方法
フリーターからの就職は新卒と比較すると、厳しいと言われています。さらに就職できたとしても雇われた企業がブラック企業だったという話も多いです。当サイトではフリーターがブラック企業を避けて、正社員になる方法をまとめているのでぜひ参考にしてください。
アルバイトの所得税は収入がいくらから必要?計算方法を紹介
正社員・アルバイト問わず、ある一定の収入を超えると、所得税を支払う義務が発生します。所得税の支払いの有無は、収入だけでなく立場や扶養の有無によって変わります。この記事では、所得税の計算方法について紹介します。
フリーターが納めるべき税金と納付方法
正社員・フリーター問わず、収入が一定の額を超えると、納税の義務が発生します。この記事では、フリータの方に向けて、納める必要がある税金と、その支払い方法をまとめました。税金関連で不安がある方は、一読してみてください。
フリーターの末路とは?フリーターの将来を年代別に予想する
年代問わず、全人口のおよそ半数は正社員ではありません。フリーター・派遣社員・自営業、もしくは無職です。フリーターのまま年を重ねると、一体将来どうなってしまうのでしょうか。この記事では、年代別にフリーターの将来を予想しています。フリーターの末路が気になる方は一読してみてください。
アルバイトの社会保険の加入条件、106・130万円の壁を解説
収入がある一定のラインを超えると、アルバイトでも社会保険に加入する必要があります。加入条件は社会保険の種類によって異なります。この記事では、アルバイトの社会保険の加入条件をまとめているので、一読してみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧