フリーターに貯金は可能?貯金のコツ・節約術を紹介。

フリーターに貯金は可能?貯金のコツ・節約術を紹介。

正社員として働く人と比べるとフリーターの収入は微々たるもの。

 

しかしお金の使い道や収入源を他に確保することで、フリーターでも貯金することは可能です。

 

今回はフリーターが貯金するためのコツ・節約術と、貯金額の目安を紹介しています。

 

今すぐ実践できるものから、長期的に計画するものもあるので、単に貯金だけでなく今後の人生を考える良い機会になると思いますよ。

 

 

目次

 

1. 実家暮らしならフリーターでも余裕で貯金できる

 

 

2. フリーターが貯金を増やすコツ

 

2.1 目的を達成するまでの計画を立てる

 

2.2 出来る限り節約を心がける

 

2.3 高収入のバイトに変える

 

2.4 バイトの掛け持ちをする

 

2.5 固定費を減らす

 

2.6 副業を始める

 

 

3. フリーターが増やせる貯金額の目安

 

 

4. 貯金ができない人の特徴

 

 

5. 目標金額によっては正社員を目指そう

実家暮らしならフリーターでも余裕で貯金できる

大前提として実感暮らしならフリーターでも余裕で貯金できます。

 

場合によっては正社員として働いてる人よりも自由に使える金額は多いでしょう。

 

実感暮らしの場合家賃・食費・光熱費などの固定費が一切必要ないうえに、基本的には収入の全てを自分のために使えます。

 

目標金額にもよりますが月数万円であれば、少し娯楽を我慢するだけで簡単に貯まるはずなので実家暮らしの方は頑張ってみてください。

 

 

 

また現在一人暮らしでフリーター生活を続けてる方は、「実家暮らし」に変えるのが貯金を貯める一番の近道。

 

一人暮らしであれば固定費(家賃など必要不可欠な出費)だけで、7〜8万円吹っ飛びます。都会なら10万円近く必要な人もいますね。

 

バイトの収入だけの場合万単位のお金が浮くかどうかは超重要なので、特別な理由がない限りお金を貯めたいならば実家に帰りましょう。

 

特にアルバイトは基本的に人手不足で場所問わず(都会・田舎)需要はあるので、実家へ帰ったところで仕事に困ることはないはずですから。

フリーターが貯金を増やすコツ

フリーターの収入が少ないのは仕方がないので貯金を増やすには「工夫」するしかありません。

 

基本的には正社員と比較して得られる収入の少ないフリーターですが、正社員と違って仕事を選べるうえにすぐ辞めれるという利点もあります。

 

貯金を増やすためのコツや節約術を紹介するのでぜひ参考にしてください。

 

目的を達成するまでの計画を立てる

貯金を作るためには具体的な計画が必要です。

 

「なんとなくお金が増えればいいな〜」ぐらいだったら、中々お金を貯めることはできないですよね。(過去の管理人もそうでしたが…)

 

貯金を増やす方法を考える前に、今一度以下のことについて考え直してみましょう。

 

 

貯金を増やす目的は?

 

必要な金額は?

 

そのお金をいつまでに貯めたい?

 

 

例えば1年後までに60万円貯めたい場合は、1ヶ月当たり5万円貯めなければなりません。

 

今の月収が15万円で月1万円貯めれそうならば、収入をあと4万円増やすか4万円分節約するか…。

 

一番始めにやるべきことは、貯金を増やすための作戦を立てることです。

 

出来る限り節約を心がける

「今だって十分節約頑張ってるよ!」と思われる方もいるでしょうが、探そうと思えば節約する方法はたくさん見つかります。

 

 

・電気代の節約
冷房・暖房の使い過ぎ
冷蔵庫は必要以上に大きくないか?

 

・水道代の節約
お風呂は1日1回、朝シャンは本当に必要?
風呂の残り湯を洗濯に使えるはず
蛇口はこまめに閉める

 

・娯楽費の節約
本・CD・DVDは新品で買わずに中古・ネットオークションで買う
外食は極力行かない(友達がいなくならない程度に)

 

電気代や水道代など生活費の切りつめは究極の選択かもしれませんが、娯楽費の節約はそれほど難しいことではありません。

 

特に大人になってから必要になるのが「交際費」。2次会、3次会なんて参加してたら飲みにいくたびに数万円消え去りますからね。

 

インターネットで調べ倒したら信じられないほどたくさんの節約法が見つかるはずなので、とりあえず片っ端から実践してみるのが良いでしょう。

 

高収入のバイトに変える

当然ですが各バイトによってもらえるお給料は異なります。

 

例えば昼間のコンビニの店員やカラオケ店員は時給が安いですが、家庭教師やパチンコ店員は比較的時給が高いです。

 

時給が300円高いだけで1日8時間働けば2,400円、月20日働けば2,400×20=48,000円多く稼ぐことができます。

 

時給が高いバイトには以下のようなものがあります。

 

 

家庭教師

 

塾講師

 

パチンコ店員

 

営業

 

専門職

 

 

教育業は全体的に時給が高くストレスが少ないです。

 

そして一番稼ぎやすいは「専門職」。

 

「専門職って何?」と思う方もいるかもしれませんが、例えば翻訳の仕事や医療専門の仕事など、出来る人が限られてるバイトは給料が高めに設定されています。

 

もし自分に他の人にはない特化した能力があるのならば、それをお金に変えれるかどうか考えてみましょう。

 

思いもよらないような美味しい仕事があるかもしれませんよ。

 

 

 

またわざわざ仕事を変えなくても時間帯を変えるだけで時給が大きく変わることがあります。

 

例えば今昼間の仕事をしているならば、時間帯を深夜に帰るとどうなるかを考えてみましょう。

 

もし大幅に給料が変わるようであれば、深夜のバイトを始めるのも良いかもしれません。

 

深夜のバイトは精神的に辛いかもしれませんが、期限を決めて集中的に頑張ればより早く目的を達成することができるでしょう。

 

バイトの掛け持ちをする

当然ですが複数のバイトを掛け持ちすれば、収入は増えます。

 

一番簡単なのは同業種の仕事を掛け持ちすること。

 

自分の可能性を広めるためだったり人生経験を積むためであればあらゆる業種を試すべきですが、お金を貯めるためには同じ業種を選ぶほうが良いです。

 

ただでさえバイトをしているのにこれ以上バイトを増やすのは負担ですし、仕事の内容が違いすぎるとストレスも大きい。

 

目的は貯金を作ることなのであまり無理はせず自分が得意なジャンルで仕事をすることをおすすめします。

 

片時も休む暇なく働いてる方は少ないと思うので、少しだけこれまで休んでいた時間をさらにアルバイトに使ってはいかがでしょうか。

 

固定費を減らす

生きていくためにはやむを得ず必要な出費が存在します。

 

 

家賃

 

光熱費

 

食費

 

税金

 

 

この中で特に割合が大きいのは「家賃」。必要以上に高いところに住んでいないですか?

 

今住んでるところよりも安いところに引っ越すのは勇気が必要かもしれませんが、慣れたらどうにでもなります。

 

「食費を削ってでも、心地よい家に住みたい!」という方を除けば、ほとんどの方はトイレと風呂がセパレートで最低限の清潔感があれば暮らせるはず。

 

そもそも日本の家賃は高すぎるんですよね…。

 

 

 

また食費も外食を減らしたりスーパーで積極的に買い物して節約を心がければ、驚くほどお金が浮きます。

 

あったり前ですがピザの宅配を頼んだり出前を取ったらダメですよ!

 

ピザだって頑張れば自分で作ることができるんですから。

 

もちろん安くなったお惣菜を買ったりチラシでお得なお店を探すのも大切な節約ですが、それよりも飲み会に行ったりピザを頼んだりする方が明らかにお金の無駄遣いになります。

 

細かいお金を気にするよりも大きいお金に注目したほうが、お金を節約できますよ。

 

副業を始める

バイトの掛け持ちと似ていますが、副業を始めるのも収入源を増やす選択肢の一つ。

 

株やFXなどが副業として有名ですがこれらは100%稼げるとは限らないうえに、何か能力が身につくわけではありません。

 

管理人がおすすめするのは成果報酬型の副業です。

 

 

代表的なのはライター。

 

 

例えばライターとしてライティングの技術を磨いていけば同じ量仕事をしていても、どんどん給料が増えていきます。

 

また1年間真面目にライティングに取り組んでいれば、ライター業だけで正社員並みに稼ぐことも可能。

 


 

特に文章を書くスキルはどんな仕事にも応用できる、最強の能力です。

 

ライター業は単にお金稼ぎの手段としてだけでなく、将来的な能力向上も期待できるんですね。

 

 

 

またこの他にもプログラミングやWEBサイト作成など、インターネットを介してスキルを磨ける副業はたくさんあります。

 

何か自分に合うような仕事を真剣に探してみてはいかがでしょうか。

フリーターが増やせる貯金額の目安

会社に雇われていたり時間給でお金を稼いでる場合、稼げる金額の限度はある程度決まっています。

 

新しくバイトを始めたり節約を頑張る前に、どれくらい貯金できそうか気になる方が多いと思うので、大雑把な目安を示します。

 

自分の目標貯金額と目安を照らし合わせて、お金を貯めるビジョンを立てておきましょう。

 

 

節約

節約計画 期待できる貯金額/月
お金の必要な趣味を我慢する。(アイドル、メイク、ファッション、夜遊び) 〜10万円
冷房・暖房の節約 〜1万円
外食禁止 〜3万円

 

バイト

バイト計画 期待できる貯金額/月
週4日、8時間/1日 〜1万円
週5日、8時間/1日 〜3万円
週5日、12時間/日 〜10万円
週7日、8時間/日 〜10万円
週7日、12時間/日 〜20万円

 

 

バイト計画を見て分かる通り、週4日・1日8時間労働だとまとまったお金を貯金するのは難しいです。

 

適度に遊んで仕事し暮らすにはちょうどいいペースかもしれませんが、貯金を増やすと決めたのならばもう少し覚悟を決めましょう。

 

週7日、1日12時間労働という廃人ペース笑で働けば、正社員レベルに稼ぐことができます。

 

ここまで頑張る根性があれば正社員になればいいじゃん、と管理人は感じますがここまでくると遊ぶ時間すらないので、お金がガンガン貯まっていきます。

 

 

 

また外食をやめたり趣味を我慢すれば、労働時間を増やさなくても良いことも分かります。

貯金ができない人の特徴

これまでの記事内容を見ていただければ、フリーターだからといって貯金できることが分かると思いますが、残念なことに貯金できない人はできません…。

 

もし自分が典型的な「貯金できない人」だとしたら、そのことを自覚して「貯金できる人」に変わらなければなりません。

 

貯金できない人の特徴はどれも日々の生活で徐々に染みついてしまった習慣や癖が原因になっています。

 

 

借金癖がある

世の中にはお金を借りることを極端に躊躇する人と、遠慮なくお金を借りれる人がいます。

 

まるで自分のATMからお金を下ろすかのうように、お金を借りれる人は要注意。

 

借りたお金は必ず返さなければなりません。自分が楽をして手に入れたお金はどこかで辛い思いをして返さなければならないんです。

 

 

 

お金を消費者金融や闇金から借りる癖がある方は、これからは決してお金を無駄に借りないようにしましょう。

 

ここで管理人が止めたところで何の説得力もないかもしれませんが、今の世の中お金を借りるのは簡単すぎるほど簡単なわりに、危険なことなのです。

 

 

ギャンブル好き

パチンコ、競馬、競艇などギャンブル好きは貯金ができません。理由は簡単、短時間でお金を失うから。

 

ギャンブルなので儲かる可能性もありますが、99%の人は損します。

 

おそらくギャンブルにハマったことがある方ならば、自分がこれまで損していることは分かってるはずです。

 

しかしギャンブルには特有の中毒性があるため頭では損すると分かっていても、続けてしまう恐ろしさがあります。

 

 

他の趣味と大きく違うのは、「短時間で」お金を失ってしまうことと、中毒性があること。

 

この2つが両立してる時点でギャンブル好きがお金を貯めることがいかに難しいか分かるはず。

 

もし当サイトを見ていただいてる方でギャンブル好きの方がいるならば、どんな手を使ってでも辞めましょう。

 

 

ファッション好き

ギャンブル好きほどではないですが、ファッション好きの人もお金を散財する傾向にあります。

 

服や靴は数万円単位のお買い物になるので、決して軽い気持ちで購入するものではありません。

 

さらに服の価格はピンキリで、数千円で買えるものから数万円じゃ足りないようなものまであり、オシャレな人は総じて高い服を欲しがります。

 

管理人はオシャレセンスが皆無なので違いが分かりませんが、こだわり始めたらお金がいくらあっても足りなくなります。

 

 

ファッション好きの方はファッションに使う金額を月ごとにはっきり決めておく必要があるでしょう。

 

 

誘いを断れない

友達が多い方は飲み会に誘われる機会も多いと思います。

 

交友関係や人付き合いをするうえで最低限の付き合いは仕方ないと思いますが、全て受け入れていたらお金は貯まりません。

 

時には誘われても断る勇気を持つことも大切ですよ。

目標金額によっては正社員を目指そう

今回の記事内容はあくまで〜100万円以内の貯金を目指す方に向けた話です。

 

10万円のギターが欲しい、30万円貯めて海外旅行に行きたい、100万円の車を乗りたい…

 

逆に言えば100万円以上の買い物をしたい場合は、フリーターの収入でどうにかなるレベルではありません。

 

 

 

「5000万円の家を買うからフリーターでローンを組みたい!」と言う方はアルバイトではなくて、正社員という形で夢を実現しましょう。

 

また子供の養育費・教育費など数年がかりで毎月お金が必要になる場合も、正社員を目指すべきです。

 

初任給だけで考えると正社員もフリーターも賃金はそれほど変わりませんが、30代・40代・50代と年齢を重ねるにつれて、その差は歴然と広がります。

 

もし目標金額が100万円を超える場合はフリーターのままで頑張るよりも、思い切って正社員になることをおすすめします。

 

 

 

「俺が正社員なんて…」と考えてる方はぜひ当サイトを参考にしてみてください。

 

当サイトは社会経験がない方や正社員の経験がない方へ向けた就職情報サイトなので、きっと自分の希望に沿った仕事を見つけることができるでしょう。

 

⇒20代の若者へ向けた就職の手順

関連ページ

フリーターのメリット・デメリット【今のままで大丈夫?】
正社員になりたくない…、けど自由な生活も手放せない。そんな方に向けてフリーターでいることのメリット・デメリットを紹介します。またフリーター生活を続けても大丈夫かどうかについても書いてるので、フリーター・正社員の間で悩んでる方はぜひ参考にしてください。
フリーターの年収の目安と稼げる限界
一般的に正社員と比較してフリーターの年収が低いと思われがちですが、実際のところどれくらいの金額になるのでしょうか。またフルタイムで働いた場合の稼げる限界額はどうなるのでしょうか。当サイトではフリーターの年収の目安を職業別に紹介してるのでぜひ参考にしてください。
フリーターの一人暮らしは可能?貯金するための節約術
収入が10万円前後あれば生活できるのでフリーターでも一人暮らしは可能です。ただしそれなりの生活をしたり、貯金をするためには節約術を身につけなければなりません。当サイトでは一人暮らしにかかる生活費と節約方法を紹介してるのでぜひ参考にしてください。
正社員は無理?誤解されているフリーターからの転職情報
正社員になりたいけど、どうせフリーターの自分には無理だろ…。そう思われがちですが、フリーターからでも十分正社員として働くことは可能です。特に若ければ若いほど仕事を「選べる」ので、ぜひ正社員の道を目指してはいかがでしょうか。
フリーター生活は楽だけど…。
楽だからという単純な理由でフリーター生活を続ける人は多いです。しかし楽だからと言ってフリーター生活を続けても良いのでしょうか。フリーターを続けた場合将来どうなるか、本当にこのままフリーターを続けてよいかどうか迷ってる方は当サイトを参考にしてみてください。
一生フリーターでもいいや、と投げやりに考えてる方に贈る言葉
俺は頭が悪いから…、やる気ないから…、働きたくないから…。そんな投げやりな理由で一生フリーターでいようとしてる方が本当に多いように感じます。今回はフリーター生活を送っていた管理人が恐れ多くも言葉を贈らせていただきます。
フリーターは結婚しても大丈夫?不安を解消するために。
経済的、社会信用的な問題からフリーターの結婚は難しいです。特に本人たちが納得していても親が反対するケースが多いようですね。当サイトではフリーターが結婚するために知るべきことをまとめているのでぜひ参考にしてください。
フリーターはいつまで許される?正社員になれる限界とは
フリーター生活は楽だけどいつまで許されるか不安…という方は多いと思います。フリーターは自由ですが正社員になれば安定した収入を得ることができます。当サイトではフリーターから正社員になる場合の採用状況を年齢別に比較しています。正社員になるか迷ってる方はぜひ参考にしてください。
大卒のフリーターの方へ向けた正社員への就職方法
新卒で就職できないと既卒が少数派のように感じますが、実際のところ既卒でフリーターをしてる方は非常に多いです。当サイトでは大卒のフリーターの方へ向けた就職方法を紹介してるので、安定した収入を得たい方はぜひ参考にしてください。
フリーターがブラック企業を避けて、正社員になる方法
フリーターからの就職は新卒と比較すると、厳しいと言われています。さらに就職できたとしても雇われた企業がブラック企業だったという話も多いです。当サイトではフリーターがブラック企業を避けて、正社員になる方法をまとめているのでぜひ参考にしてください。
アルバイトの所得税は収入がいくらから必要?計算方法を紹介
正社員・アルバイト問わず、ある一定の収入を超えると、所得税を支払う義務が発生します。所得税の支払いの有無は、収入だけでなく立場や扶養の有無によって変わります。この記事では、所得税の計算方法について紹介します。
フリーターが納めるべき税金と納付方法
正社員・フリーター問わず、収入が一定の額を超えると、納税の義務が発生します。この記事では、フリータの方に向けて、納める必要がある税金と、その支払い方法をまとめました。税金関連で不安がある方は、一読してみてください。
フリーターの末路とは?フリーターの将来を年代別に予想する
年代問わず、全人口のおよそ半数は正社員ではありません。フリーター・派遣社員・自営業、もしくは無職です。フリーターのまま年を重ねると、一体将来どうなってしまうのでしょうか。この記事では、年代別にフリーターの将来を予想しています。フリーターの末路が気になる方は一読してみてください。
フリーター女性と正社員女性の将来を予想する
日本社会は正社員が勝ち組とされているため、女性の方でもフリーターでいることに不安を感じていると思います。しかし、具体的に自分が何を不安に感じているか分からない方が多いのはずです。この記事では、フリーター女性と正社員女性の将来を予想して比較しています。自分の将来に迷っている方は、ぜひ一読してみてください。
アルバイトの社会保険の加入条件、106・130万円の壁を解説
収入がある一定のラインを超えると、アルバイトでも社会保険に加入する必要があります。加入条件は社会保険の種類によって異なります。この記事では、アルバイトの社会保険の加入条件をまとめているので、一読してみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧