フリーターがブラック企業を避けて、正社員になる方法

フリーターがブラック企業を避けて、正社員になる方法

フリーターやニートの方はいわゆる新卒と比較すると、就職先が限られます。

 

ただしそれはいわゆる大企業の場合であって、20代であれば誰でも就職することは可能です。

 

 

 

しかしフリーターやニートの方は正社員になろうと焦って、世にも恐ろしいブラック企業に入社してしまうことも少なくないようです…。

 

平均勤続年数が5年未満である凶悪なブラック企業だと、おそらく数年後には非正社員に逆戻り。

 

焦る気持ちは分かりますが、あくまで冷静に就職先を決めましょう。

 

 

 

当サイトでは、フリーターの方がブラック企業以外の企業で正社員になる方法をまとめています。

 

ブラック企業を避けたい方はぜひ参考にしてください。

 

 

目次

 

1. 就職先の業界を調べる

 

2. 敷居が低すぎる求人を出している企業は選ばない

 

3. ブラック企業の求人が少ない求人サイトを選ぶ

就職先の業界を調べる

就職先がブラック企業かどうかは就職する前の情報で、90%以上決まります。

 

なぜなら仕事の特色上、会社がブラック化しやすい仕事やそうでない仕事に分かれるからです。

 

例えば国や自治体の公務を失効することが目的の公務員や、製造業、事務系は仕事のハードルが低くホワイトな業界として知られています。

 

フリーターから公務員になるにはある程度勉強時間が必要なので難しいかも知れませんが、製造業や事務系はいくらでも求人があるはずなので、この2業種に絞って就職先を探すと良いかもしれません。

 

 

 

一方でIT系や営業など、競争が激しい業界はブラック化しやすい傾向にあります。

 

とはいっても、IT系や営業全てがブラックなわけではもちろんありません。

 

特に営業に関しては、ほとんどの企業は新入社員に少なからず営業的な能力を求めるはずですからね。

 

 

 

 

営業職に就く場合、判断すべきことは、営業の種類と、扱う商材の種類です。

 

営業にはルート営業と、新規開拓営業という2種類が存在します。

 

 

ルート営業:既存顧客(すでに契約を結んでいるお客さん)へのサポート。

 

新規開拓営業:新たな顧客の獲得。

 

 

ルート営業は一度関係性を結んでいる顧客への対応なため、精神的な負担は少ないです。

 

一方で新規開拓営業は、いわゆる飛び込み営業。

 

お客さんに1回や2回拒否されたぐらいでへこたれていては、新規開拓営業は務まりません。

 

新規開拓営業の世界では数字が全てであり、成績が悪い社員は上司からボロぞうきんのような扱いを受けます。

 

精神的に弱い方や、赤の他人にモノを売り込むのが苦手な方は、新規開拓営業は避けたほうが良いでしょう。

 

 

 

次に扱う商材について。

 

営業にはモノを売り込む図々しさを持つ性格的なことと、商材と自分の相性的なことが大切です。

 

後者の話をすると、例えばオシャレが好きなギャル系の女性は化粧品の営業は得意でしょう。

 

商材である化粧品の何が魅力で、顧客は何を求めていて、どういうポイントをアピールすればよいか分かっているからです。

 

自分の得意分野であれば誰だって、良い営業マンに慣れるのです。

 

最悪なのは自分にとって何の興味もない商材を扱う場合です。

 

与えられた教科書通りにメリットやデメリットを紹介すれば売れるほど、営業は甘い世界ではないので…。

 

扱う商材に関しては、入社する前にある程度分かるはずです。

 

営業職ではなかったとしても、営業を任される可能性は十分あるので、想定される商材をよく調べておきましょう。

敷居が低すぎる求人を出している企業は選ばない

企業で正社員として働くということは、その世界の「プロ」として生きていくことを意味します。

 

当然すべての人が「プロ」として働けるはずがないので、企業は面接や試験を行うことで、仕事をこなす適性があるかを判断します。

 

 

 

一方でブラック企業は、素人にもプロとしての仕事を強要します。

 

つまり各々の能力のなさを、過度な労働や恐怖でカバーしようとするのです。

 

「未経験OK!」、「和気あいあいとして職場」、これらのフレーズを極端に強調する職場はブラックな可能性が非常に高い。

 

もちろんフリーターやニートの方は未経験でも働けるところを選ぶしかありませんが、他の求人と比較してあまりにも未経験を売りにしてる場合は警戒しましょう。

ブラック企業の求人が少ない求人サイトを選ぶ

フリーターやニートの方へ向けた求人サイトは多くありますが、ブラック企業の求人が多いのも事実です。

 

学歴不問で未経験OKとなると、やはり優良企業ばかりとはいきませんからね。

 

ただし、求人サイトの中には労働条件が悪い企業を求人から除いてるサイトもあります。

 

そういうサイトを選ぶことで、自分の理想に合った就職先を選ぶことができるでしょう。

 

就職経験がない若者を正社員に育てることがコンセプト

 

⇒いい就職.com

 

サイトの利用はすべて完全無料です。

 

大手の求人サイトであり、20代に向けた企業を紹介してくれます。また、地方に住んでる方にも対応しているため、地元で働きたい方にもおすすめです。

 

さらに、いい就職.comでは個別にアドバイザーが担当して就いてくれるため、面接や履歴書の書き方から丁寧に学ぶことができます。

 

他の求人サイトでは就職できなかった若者が多いにも関わらず、内定率は70%以上。

 

基本的には就職未経験の若者をじっくりと育てていくことをコンセプトにしてるため、労働経験がない方でも安心して利用できますよ。

 

 

他にもいくつかブラック企業を除いた求人にこだわってる求人サイトはありますが、20代の若者や正社員の経験がない方へ向けた求人サイトとしては「いい就職.com」が最も適したサイトです。

関連ページ

フリーターのメリット・デメリット【今のままで大丈夫?】
正社員になりたくない…、けど自由な生活も手放せない。そんな方に向けてフリーターでいることのメリット・デメリットを紹介します。またフリーター生活を続けても大丈夫かどうかについても書いてるので、フリーター・正社員の間で悩んでる方はぜひ参考にしてください。
フリーターの年収の目安と稼げる限界
一般的に正社員と比較してフリーターの年収が低いと思われがちですが、実際のところどれくらいの金額になるのでしょうか。またフルタイムで働いた場合の稼げる限界額はどうなるのでしょうか。当サイトではフリーターの年収の目安を職業別に紹介してるのでぜひ参考にしてください。
フリーターの一人暮らしは可能?貯金するための節約術
収入が10万円前後あれば生活できるのでフリーターでも一人暮らしは可能です。ただしそれなりの生活をしたり、貯金をするためには節約術を身につけなければなりません。当サイトでは一人暮らしにかかる生活費と節約方法を紹介してるのでぜひ参考にしてください。
正社員は無理?誤解されているフリーターからの転職情報
正社員になりたいけど、どうせフリーターの自分には無理だろ…。そう思われがちですが、フリーターからでも十分正社員として働くことは可能です。特に若ければ若いほど仕事を「選べる」ので、ぜひ正社員の道を目指してはいかがでしょうか。
フリーター生活は楽だけど…。
楽だからという単純な理由でフリーター生活を続ける人は多いです。しかし楽だからと言ってフリーター生活を続けても良いのでしょうか。フリーターを続けた場合将来どうなるか、本当にこのままフリーターを続けてよいかどうか迷ってる方は当サイトを参考にしてみてください。
一生フリーターでもいいや、と投げやりに考えてる方に贈る言葉
俺は頭が悪いから…、やる気ないから…、働きたくないから…。そんな投げやりな理由で一生フリーターでいようとしてる方が本当に多いように感じます。今回はフリーター生活を送っていた管理人が恐れ多くも言葉を贈らせていただきます。
フリーターに貯金は可能?貯金のコツ・節約術を紹介。
収入が少ないフリーターでもやり方によってはお金を貯めることは十分可能です。当サイトではフリーターが貯金するためのコツや目安を紹介しているので、お金を貯めたい方はぜひ参考にしてください。
フリーターは結婚しても大丈夫?不安を解消するために。
経済的、社会信用的な問題からフリーターの結婚は難しいです。特に本人たちが納得していても親が反対するケースが多いようですね。当サイトではフリーターが結婚するために知るべきことをまとめているのでぜひ参考にしてください。
フリーターはいつまで許される?正社員になれる限界とは
フリーター生活は楽だけどいつまで許されるか不安…という方は多いと思います。フリーターは自由ですが正社員になれば安定した収入を得ることができます。当サイトではフリーターから正社員になる場合の採用状況を年齢別に比較しています。正社員になるか迷ってる方はぜひ参考にしてください。
大卒のフリーターの方へ向けた正社員への就職方法
新卒で就職できないと既卒が少数派のように感じますが、実際のところ既卒でフリーターをしてる方は非常に多いです。当サイトでは大卒のフリーターの方へ向けた就職方法を紹介してるので、安定した収入を得たい方はぜひ参考にしてください。
アルバイトの所得税は収入がいくらから必要?計算方法を紹介
正社員・アルバイト問わず、ある一定の収入を超えると、所得税を支払う義務が発生します。所得税の支払いの有無は、収入だけでなく立場や扶養の有無によって変わります。この記事では、所得税の計算方法について紹介します。
フリーターが納めるべき税金と納付方法
正社員・フリーター問わず、収入が一定の額を超えると、納税の義務が発生します。この記事では、フリータの方に向けて、納める必要がある税金と、その支払い方法をまとめました。税金関連で不安がある方は、一読してみてください。
フリーターの末路とは?フリーターの将来を年代別に予想する
年代問わず、全人口のおよそ半数は正社員ではありません。フリーター・派遣社員・自営業、もしくは無職です。フリーターのまま年を重ねると、一体将来どうなってしまうのでしょうか。この記事では、年代別にフリーターの将来を予想しています。フリーターの末路が気になる方は一読してみてください。
フリーター女性と正社員女性の将来を予想する
日本社会は正社員が勝ち組とされているため、女性の方でもフリーターでいることに不安を感じていると思います。しかし、具体的に自分が何を不安に感じているか分からない方が多いのはずです。この記事では、フリーター女性と正社員女性の将来を予想して比較しています。自分の将来に迷っている方は、ぜひ一読してみてください。
アルバイトの社会保険の加入条件、106・130万円の壁を解説
収入がある一定のラインを超えると、アルバイトでも社会保険に加入する必要があります。加入条件は社会保険の種類によって異なります。この記事では、アルバイトの社会保険の加入条件をまとめているので、一読してみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧