ニートの社会復帰が絶望的だと言われている理由

ニートの社会復帰が絶望的だと言われている理由

今の日本では、大学卒業後、新卒で大企業に入社するのが、最も理想的で無難な人生だと考えられています。

 

社会が作り出したレールから一度はみ出してしまうと、その後順風満帆な人生は送るのは難しいというのが、世の中の一般論です。

 

ニートの方のように、一度空白期間を作ってしまうと、社会復帰は難しいと思われがちですが、果たして本当にそうでしょうか。

 

 

結論から言うと、もちろん新卒と比較すれば、就職が難しいことは間違いないです。また、一度でもニート期間を作ってしまうと(浪人は除く)、大企業への就職は不可能でしょう。

 

しかし、ニートの方が社会復帰できないというのは、あまりにも誤解があると思います。

 

実際に企業がニートを雇わない理由は、これまでの経験則でニートの方は社会への順応力が乏しいと考えているからです。

 

つまり、「ニート」という状態で雇われないのではなく、ニートになるような人生を送ってる人は、おそらく会社に入っても上手くやっていけないだろうと決めつけられているのです。

 

逆に言えば、ニート期間ができてしまった理由を論理的に説明し、今後どのように生きるかを説明できれば、あなたを欲する企業はいくらでもあるはず。

 

 

 

大企業は新卒採用、または即戦力として働ける人材の中途採用しか行わないので、確かにニートの方の就職は難しいと思いますが、企業規模にこだわらないのであれば雇用はいくらでもあります。

 

もし社会復帰を真剣に考えているのであれば、闇雲に行動するのではなく、今の現状を冷静に把握して、どうすれば企業に就職できるかを真剣に考える必要があるでしょう。

ニートが就職で不利な理由

会社がニートに対して抱いているイメージを説明します。相手にどう思われているかを知ることで、自ずと解決策が見えてきます。

 

まず、会社はニートの能力を低いとは思っていません。

 

そもそも会社は入社以前の経歴や能力はそれほど当てにしておらず、むしろ会社に入ってから育てるという意識のほうが強いです。

 

よって、自分の仕事力が高学歴の学生よりも劣っていると考える必要は全くありません。

 

 

 

それでは、企業がニートの就職を不利にせざるを得ない理由とはなんでしょうか。

 

一番大きな理由は、「ストレス耐性」です。

 

会社に入るということは、我慢の連続です。朝起きることや、職場の人間関係でいちいち凹むような精神だと会社ではやっていけないと思われています。

 

実際問題、ニートになった方というのは、良い悪いにかかわらずある集団から逃れた結果、ニートという立場になっているはずです。

 

どんな理由であれ、集団から逃れた経験のある人を会社は雇いたくないと思ってしまっているのです。それがたとえどんな理由であってもね…。

ニートが社会復帰するために必要なこと

ニートの方が社会復帰するために必要なことは、@ニート期間ができてしまった理由と、Aその間何を考えどういう行動をしていたのか、Bそして今後はどういう人生を送っていきたいのか、という3点です。

 

この3つの問いに対して、論理的で説得力のある答えが返せれば、面接を突破して内定を獲得することができます。

 

3つの問いの中で特に大事なのがBで、@とAはある程度正直に答えてもよいです。つまり@とAの答えから、Bに導く論理的な答えを用意すればよいのです。

 

 

 

例えば、管理人が以下のスペックの人間だとします。

 

年齢:25才、学歴:高卒、ニート期間:4年間、ニート前:IT企業に勤務

 

それぞれの答えは以下のようになります。

 

@ニート期間ができてしまった理由
仕事内容が非常に激務であり、朝9時から夜12時まで労働、月の休みは3日だった。
自分の能力を超えた仕事量であり、体力的にあまりに辛すぎて入社後3年で辞めてしまった。
甘えと言われたらそこまでだが、今後の人生を考えるうえで、今の仕事を続けるのはあまりにも自分の理想とかけ離れていると思った。
そこでとりあえず3年間は我慢して働くことにしたが、3年立って糸の緒が切れるように辞めた。
その後何らかの仕事で働こうと思ったが、過去のトラウマから働き始める勇気が出ず、4年間もニート期間ができてしまった。

 

基本的には正直でよいと思います。4年間もニート期間がある人は、高尚な理由を言い出したら逆に怪しいです。

 

今後どう行動するかが最も大事なので、よっぽどの理由でない限り正直に答えるのがよいです。

 

Aその間何を考えどういう行動をしてきたか
基本的には毎日ネットゲームをして過ごしていた。朝から晩までネットゲームをして、ゲーム内ではトップ10になるほど実力を上げた。
ニート期間中のお金は貯金でやりくりしていたが、4年目以降は足りなくなったため、親にお金を無心していた。
いつか働き始めなければと思っていたが、ずるずると時は過ぎゲームの世界で現実逃避をしていた。
貯金が尽きて親にお金を借りるようになってから、本格的にまずいと思い始め、少しずつ社会復帰の方法を考え始めた。
1年間も親に頼って生きていて情けない話だが、ここにきて覚悟を決めて就職活動を始めることにした。

 

ここも正直でOK!@と同じで、立派なことを言いすぎると逆に怪しいので。

 

Bそして今後はどういう人生を送っていきたいのか
ゆとりのある生活が前提で人に貢献していきたい。
自分自身、以前の会社から逃げたのは確かだが、以前の会社は明らかに過労であったと思うし、ほとんどの社員が3年以内に辞めていた。
きっと常識の範囲内の労働であれば、自分は一生懸命に働けると思う。
実際に高校時代は無遅刻無欠席で、会社でも営業成績は常に上から3番以内だった。
また、人の感謝に触れるような仕事に就きたい。
ニート期間はネットゲームばかりしていたが、現実逃避がしたかったのはたくさんある理由の一つであって、一番の理由は誰かに認められたかったのだと思う。
今後仕事を続けていくうえで人に貢献する仕事ができれば、幸いである。

 

@とAを踏まえたうえでBの文章を作りましょう。ここは多少盛ってもよいので、好印象を得られるようなことを言いましょう。

 

各文章を説明していきます。

 

「ゆとりのある生活が前提で人に貢献していきたい。」

 

⇒激務が理由で辞めたのに、また一生懸命働きますでは、論理が破綻してしまいます。自分の主張をはっきり言ったうえで、あなたが会社でどのような姿勢で働くのかを説明しましょう。

 

「自分自身、以前の会社から逃げたのは確かだが、以前の会社は明らかに過労であったと思うし、ほとんどの社員が3年以内に辞めていた。
きっと常識の範囲内の労働であれば、自分は一生懸命に働けると思う。」

 

⇒会社を辞めたというのを受け入れたうえで、自分にできることを自信をもって主張します。

 

「実際に高校時代は無遅刻無欠席で、会社でも営業成績は常に上から3番以内だった。」

 

⇒先ほどの主張に対して、説得力を持たせるような客観的事実を言います。なければ仕方ないですが、過去の人生を振り返ってみてください。
客観的事実があるだけで、主張した内容の説得力が変わります。

 

「また、人の感謝に触れるような仕事に就きたい。
ニート期間はネットゲームばかりしていたが、現実逃避がしたかったのはたくさんある理由の一つであって、一番の理由は誰かに認められたかったのだと思う。
今後仕事を続けていくうえで人に貢献する仕事ができれば、幸いである。」

 

⇒自分の人間性が伝わるような内容も必要。会社はあなたがどういう人間なのかを知りたがっているので、ロボットが書いたような無味無臭の内容だと、あまりよくありません。
自分のアピールポイントや考え方が伝わるような内容を盛り込むとよいでしょう。当然、客観的事実があったほうが良いです。

 

 

 

Bをしっかり伝えることができれば、どんなニートでも必ず就職できます。管理人の経験上、90%以上の方は『優秀な人でないと採用されない』と勘違いしています。

 

新卒採用や、ニート・フリーターの採用は、能力よりも将来性を見ているので、アピールポイントを間違えないようにしましょう。

どうせ会社入ってもすぐ辞めるし…と思ってる方へ

ニートの方でありがちなのが、どうせすぐ辞めることになるから、社会復帰しないという意見です。

 

しかし、考えてみてください。

 

どうせすぐ辞めるというのはあまりにも決めつけすぎです。

 

世の中には腐るほど会社があるのに、自分にとって辛い企業しかないというのは、ネガティブすぎる意見ではないでしょうか?

 

本当に嫌であればすぐ辞めたらいいだけの話なので、とりあえず就職を考えるのが良いのではないでしょうか。

ニートにおすすめの就職サイト

ニートの方の場合、就職情報誌(タウンワークなど)や求人サイトから仕事を探すと思います。

 

多くの手段の中でも、管理人は「就職活動支援サイト」の利用をおすすめします。

 

就職活動支援サイトでは、プロのキャリアアドバイザーが性格診断や過去の経歴からおすすめの会社を紹介してくれます。

 

・自分がどんな仕事に向いているのかわからない

 

・正社員未経験で自信がない

 

・仕事の探し方がわからない

 

就職活動支援サイトを利用すれば、アドバイザーがマンツーマンでサポートしてくれるので、就活する上での悩みを確実に解決できます。

 

中でもニートやフリーター、既卒など正社員未経験者専門の就職活動支援サイトがあるので、ぜひ利用を検討してみてください。

 

〇「DYM就職」
DYM就職
正社員未経験者(ニート・フリーター・既卒)専門の就職活動支援サイトであり、無料登録可能

 

自分に適した会社が分かるだけでなく、書類作成や面接のアドバイスもしてくれるので、安心して就活に取り組める。

 

内定まで何もかもサポートしてくれるので、『就職したいけど何から始めてよいかわからない』という方におすすめのサイト。

 

⇒DYM就職への無料登録はこちら

関連ページ

ニート歴3年の就活は?今から正社員として働く方法
いよいよニート歴が3年になってしまった…。長期間仕事をしてなかった方に向けて、正社員として働き出す方法を紹介します。20代であればまだまだ好きな仕事に就けるので、働く気が起きた方はぜひ参考にしてください。
働きたい!真面目ニートが就職先を見つける方法
働く意欲のあるニートが就職先を見つける方法を紹介します。バイトや派遣社員のような短期的な仕事ではなく、正社員として長期的に働ける仕事を探したい方はぜひ参考にしてください。
ニートでもできる仕事とは?【お金の稼ぎ方】
当サイトではニートのままでもお金が稼げる仕事、またニートから正社員として働く場合に向いてる仕事を紹介します。何らかの方法でお金を稼ごうと考えてる方はぜひ参考にしてください。
ニートの方が就職する前に考えておくべき4つのこと
長期間社会から離れていると、世の中の常識がわからなくなってしまうものです。これから就職する皆さんのために、最低限理解しておくべきことを4つぴくアップしたので、参考にしてみてください。
ニートがわざわざアルバイトを始める意味はない
ニート脱出のためにとりあえずアルバイトから!と言われがちですが、本当にそうでしょうか。アルバイトは短期的に考えれば楽にお金を稼げますが、長期的なことを考えると、人生の無駄遣いかもしれません。アルバイトを始めたい方は今一度考えなおしてみましょう。
ニート脱出の鍵は「習慣」にある
ニート生活を脱出するためには、「習慣」を作ることが大切です。毎日好きな時間に起きて、特に何もせず、好きな時間に寝る、という習慣をよりポジティブな習慣に変えましょう。
ニートにおすすめの資格5選!取るべきでない資格も紹介
この記事では、ニートの方におすすめの資格を5つ紹介しています。また、一般的には有用だと考えられているが、実際にはほとんど役に立たない資格も紹介しています。資格選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。
ニートでも大企業に入れる3つの業界【人生逆転?】
一般的に言うと、ニートから大企業に入るのは不可能と言われています。しかし、大企業に入ること自体はそれほど難しくありません。この記事では、ニートの方が大企業に入るための合理的な方法を紹介しているので、一読してみてください。
ニートの末路とは?果たして幸せな未来は待っているのだろうか…
日本社会では、定年まで企業で働いて、定年後は年金をもらいながら暮らすのが一般的とされています。社会が用意したレールから外れたニートは、将来どうなってしまうのでしょうか。この記事では、ニートの末路について紹介します。
ニートブログ一覧|完全ニートから金持ちニートまでを網羅
現在ニートの方、もしくは今後ニートになりたい方は、ニートのリアルな生活について興味があると思います。そこで、この記事では、数年間仕事をしていない完全ニートからブログでお金を稼いでいるスーパーニートまで、あらゆるニートブログをまとめました。
ネオニートとは?ネオニートになるために必要なこと
働かずに大金を稼いでいるイメージのある「ネオニート」。楽してお金を儲けていると思われがちな彼らですが、実は血のにじむような努力をしているのかも…。この記事では、ネオニートの定義と、ネオニートになるために必要なことをまとめています。
本当にニート?新時代の働き方をしているニート達をまとめてみた
死ぬまで給料を貰える代わりに、企業に対して滅私奉公で働く、という時代は終わりを迎えています。現在は、インターネットの発展により、需要さえあれば個人でも稼げる時代になりました。この記事では、新時代の働き方をしているニート達をまとめました。企業に働くのに嫌気がさしている方、個人で稼いでみたい方は、ぜひ一読してみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧