ニートがわざわざアルバイトを始める意味はない

ニートがわざわざアルバイトを始める意味はない

ニートの方で、いきなり正社員はきついからとりあえずアルバイトから始めたい、と考えている方は多いかもしれません。

 

実は管理人はアルバイトを挟んでから正社員を目指すのはおすすめしません。もちろん100%その考え方を否定しているわけではないですが。

 

しかし、アルバイトは時間の浪費であり積み重ねがないため、一時のお金を稼ぐ手段にすぎません。当サイトではその辺を詳しく説明するので、ぜひ一読してみてください。

 

アルバイト生活が習慣になってしまう危険性

人間は習慣の生き物です。生活のリズムというのはそう簡単に変えられるものではないので、一度習慣が身についてしまうとその習慣を変えるには大きな労力を必要とします。

 

多くの方がニートからなかなか脱出できないのも当然で、自由な生活から労働を強いられる生活に変わるのは並大抵の変化ではありません。

 

しかし幸い、当サイトをご覧になってる皆さんは、アルバイトを始めようとして変わろうとしています。このチャンスを逃してはいけません。

 

 

 

ただ、残念なことに、皆さんは本格的に働く前段階として、「アルバイト」を挟もうとしています。

 

確かに、正社員として働く前に、とりあえず責任感の薄いアルバイトから始めようという考え方は、一見理にかなってるように感じます。

 

しかし、先ほど言った通り、人間は習慣の生き物なので、一度責任の薄いアルバイト生活に慣れてしまうと、その後しばらくはアルバイト生活を続けたくなります。

 

少し悪い言い方になってしまいますが、アルバイトというのは誰にでもできる仕事です。誰にでもできる仕事をロボットが行わないのは、ロボットを導入するお金よりも人間を雇うほうが安く済むからです。

 

 

 

当然ながら、誰にでもできる仕事はいずれあなたよりも安く雇える人に仕事が移ります。例えば、あなたが時給1000円でしていた仕事を、時給900円でやってくれる人が現れたら、あなたの仕事はなくなってしまいます。

 

要するに、それなりの年齢になってまでバイトをしていても、いずれ元気な若者や外国人に仕事を奪われるわけです。

 

 

 

アルバイト生活を長く続けることは、お金が稼ぎづらいだけでなく、自分の能力を犠牲にしています。

 

正社員になると責任の重い仕事、つまりプロとしての仕事が求められます。責任を取るのは嫌かもしれませんが、否が応でも力は身に付きます。

 

 

 

正社員として働くのはどうしても嫌かもしれませんが、結局習慣になってしまえば人間ある程度のことは対応できます。

 

中にはブラック企業で体力的・精神的に限界がきてニートになった方もいるかもしれませんが、まともな生活を送れる会社では普通に暮らすことができます。

 

万が一雇われた会社がブラックだった場合は、速攻で辞めればよいのです。長く勤めてしまうと耐える習慣がついてしまい、また地獄のような生活を繰り返してしまいます。

正社員のメリットとアルバイトのデメリット

正社員として働くのが辛いというのは単なる「イメージ」です。現実問題、アルバイトの仕事よりも正社員の仕事のほうが辛いことはないと思います。

 

なぜならば、正社員の仕事とアルバイトの仕事で最も違うのは「プロ意識」だからです。

 

 

 

正社員になると「あいさつ」や「遅刻」など社会人としての常識を激しく求められます。それはもう異常なぐらい。

 

確かに興味のない上司にへこへこしたり、毎朝早起きするのは面倒ですが、果たしてそれは辛いことなのでしょうか。将来の大金を失ってでもやりたくないことなのでしょうか。

 

プロ意識を守るだけで、無条件で大金をもらい続けられるだけでなく、社会的な信用や世間体、専門的な能力が手に入ります。

 

 

 

社会的にはアルバイトの仕事は履歴書に書くことはできません。書いたところで、それを評価してくれる世の中ではないのです。たとえそれが自分を成長させてくれたアルバイトだったとしても。

 

将来的に正社員雇用に移り変わるアルバイトであればやる価値はありますが、アルバイトから抜け出せる見込みがない場合、何かをやっているという事実が残るだけで、将来的な問題はニート時代と変わることはないでしょう。

 

フリーターの方は働いてるだけに本人の危機感が薄い場合が多いですからね。

 

 

 

ニートの方にはアルバイトを行うことは社会的には働いていると認められないことと、正社員というのはその立場にいるだけで信用が得られるということを知っておいてください。

やる気のあるあなたが正社員として働くためには

当サイトに訪問していただいたあなたにはぜひとも正社員を目指してほしい。

 

一度アルバイトを始めてしまうと数か月間、最悪の場合数年間を少額の賃金と引き換えに無駄にしてしまうことになります。

 

 

 

ニートの俺がそう簡単に正社員なんてなれるかい!と思われるかもしれませんが、世の中には腐るほど会社が存在します。

 

人手不足の会社なんていくらでもあります。特に管理人はIT業界をおすすめします。IT業界は転職が当然のような業界ですし、知識が積み重なるため、つぶしが効きます。

 

 

 

尋常じゃないぐらい自分に自信がない方は、アルバイトから始めるのも否定しませんが、少なくとも管理人のこれまでの経験上、人生すべて合わせてもそこまで能力の低い人に出会ったことがありません。

 

自分は性格的にも登校拒否の友達や根暗な友達が多いですが、みんななんやかんやで正社員として安定した職を得ています。そんなもんです、世の中なんて。

 

ニートの方は働いた経験もないのに、正社員に対しておびえすぎな気がします。ネット上でブラック企業に勤めている方の闇情報がたくさんありますが、そんなのはごく一部の超やばい会社だけです。

 

とりあえず何か行動を起こしてみてください。あなたの力を信じてるなんて勝手なことは言いませんが、当記事の内容を理解できるあなたなら、きっと何でも乗り越えることができるでしょう。

 

⇒20代の若者へ向けた就職の手順

関連ページ

ニート歴3年の就活は?今から正社員として働く方法
いよいよニート歴が3年になってしまった…。長期間仕事をしてなかった方に向けて、正社員として働き出す方法を紹介します。20代であればまだまだ好きな仕事に就けるので、働く気が起きた方はぜひ参考にしてください。
働きたい!真面目ニートが就職先を見つける方法
働く意欲のあるニートが就職先を見つける方法を紹介します。バイトや派遣社員のような短期的な仕事ではなく、正社員として長期的に働ける仕事を探したい方はぜひ参考にしてください。
ニートでもできる仕事とは?【お金の稼ぎ方】
当サイトではニートのままでもお金が稼げる仕事、またニートから正社員として働く場合に向いてる仕事を紹介します。何らかの方法でお金を稼ごうと考えてる方はぜひ参考にしてください。
ニートの方が就職する前に考えておくべき4つのこと
長期間社会から離れていると、世の中の常識がわからなくなってしまうものです。これから就職する皆さんのために、最低限理解しておくべきことを4つぴくアップしたので、参考にしてみてください。
ニートの社会復帰が絶望的だと言われている理由
一般的にニートの社会復帰は難しいといわれていますが、果たして本当にそうでしょうか。今回はニートの方が社会復帰するにあたって障壁となる要素と、社会復帰するために必要な心構えを紹介します。
ニート脱出の鍵は「習慣」にある
ニート生活を脱出するためには、「習慣」を作ることが大切です。毎日好きな時間に起きて、特に何もせず、好きな時間に寝る、という習慣をよりポジティブな習慣に変えましょう。
ニートにおすすめの資格5選!取るべきでない資格も紹介
この記事では、ニートの方におすすめの資格を5つ紹介しています。また、一般的には有用だと考えられているが、実際にはほとんど役に立たない資格も紹介しています。資格選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。
ニートでも大企業に入れる3つの業界【人生逆転?】
一般的に言うと、ニートから大企業に入るのは不可能と言われています。しかし、大企業に入ること自体はそれほど難しくありません。この記事では、ニートの方が大企業に入るための合理的な方法を紹介しているので、一読してみてください。
ニートの末路とは?果たして幸せな未来は待っているのだろうか…
日本社会では、定年まで企業で働いて、定年後は年金をもらいながら暮らすのが一般的とされています。社会が用意したレールから外れたニートは、将来どうなってしまうのでしょうか。この記事では、ニートの末路について紹介します。
ニートブログ一覧|完全ニートから金持ちニートまでを網羅
現在ニートの方、もしくは今後ニートになりたい方は、ニートのリアルな生活について興味があると思います。そこで、この記事では、数年間仕事をしていない完全ニートからブログでお金を稼いでいるスーパーニートまで、あらゆるニートブログをまとめました。
ネオニートとは?ネオニートになるために必要なこと
働かずに大金を稼いでいるイメージのある「ネオニート」。楽してお金を儲けていると思われがちな彼らですが、実は血のにじむような努力をしているのかも…。この記事では、ネオニートの定義と、ネオニートになるために必要なことをまとめています。
本当にニート?新時代の働き方をしているニート達をまとめてみた
死ぬまで給料を貰える代わりに、企業に対して滅私奉公で働く、という時代は終わりを迎えています。現在は、インターネットの発展により、需要さえあれば個人でも稼げる時代になりました。この記事では、新時代の働き方をしているニート達をまとめました。企業に働くのに嫌気がさしている方、個人で稼いでみたい方は、ぜひ一読してみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧