ニートの末路とは?果たして幸せな未来は待っているのだろうか…

ニートの末路とは?果たして幸せな未来は待っているのだろうか…

『仕事が辛すぎてもう限界だ!』

 

『もう人間関係はうんざりだ!』

 

『仕事なんか辞めてニートになりたい!』

 

ほとんどの人は「生活のため」「お金のため」に仕事をしているため、毎日嫌々働いて、週末だけを楽しみに生きています。

 

中には、『明日にでも仕事を辞めたい』と思うほど、追い込まれている方もいるかもしれません。

 

しかし、そう簡単に仕事を辞める決断ができる人はいないと思います。

 

  • 会社を辞めたらどうやって生活すれば良いの?
  • 将来どうなるの?
  • 絶対に親が許さない…

 

この記事では、ニートになった場合の4つの末路について紹介します。

 

もし今仕事を辞めてニートになったら、あなたは4つの末路の中のどれに当てはまるのかをよく考えてみてください。

 

『ニートになっても意外と大丈夫だ!』となるかもしれないし、『やっぱりもう少し我慢して働こう…』となるかもしれません。

 

 

また、どうしても仕事を辞めたい方に向けて、ニート以外の選択肢も紹介しています。

 

少しでも人生を楽にしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

 

1. ニートの末路

 

2. ニートになる前に考慮すべきお金の計画

 

3. ニート以外の選択肢

ニートの末路

管理人が調べたところ、ニートの末路は4種類に分けることができます。

 

  • 貯金を切り崩しながら生きていく
  • 親族の財産を使う
  • 生活保護受給
  • 最悪のパターン…

 

インターネット上の体験談を踏まえながら、ニートの末路を紹介していきます。

 

貯金を切り崩しながら生きていく(セミリタイア)


いわゆる「セミリタイア」と呼ばれる生き方。

 

定年前で仕事を辞め、残りの人生は貯金を切り崩しながら、生活が破綻しない範囲で人生を謳歌します。

 

最も現実的で、他人に迷惑をかけないニートの末路です。

 

 

日本では贅沢しなければ、年間100万円以下で生活することができます。

 

そのため、「(寿命ー今の年齢)×100万円」の資産があれば、お金を稼がなくても、死ぬまで貯金だけで暮らせることになります。

 

今30才で、80才で死ぬとしたら、5千万円((80-30)×100万)あれば、貯金だけで一生暮らせます。

 

厳密に言うと、不況やインフレの影響で通貨の価値が変わる可能性はありますが、今の世界情勢を考えると、通貨の価値が急激に変わることは考えづらいです。

 

 

また、海外生活に目を向ければ、さらに生活費を下げることができます。

 

例えば、タイやインドネシア、台湾は、生活するだけであれば月5万円程度で十分です。

 

どうしても仕事を辞めたい方で貯金が1000万以上ある方は、海外移住を検討してみると良いでしょう。

セミリタイアの体験談

29歳からの人生セミリタイア 人生よよよのブログ

 

よよよさんは、高校卒業後、工場に就職しました。その後、勤続12年目、資産2000万円で会社を辞め、セミリタイア生活をスタートさせました。

 

ブログを読んでいると、よよよさんは再就職の意思はあるようですが、ブログやアンケートサイトの収入があるため、貯金を切り崩す生活ではないようです。

 

お金を使わずにコツコツ貯金を続けていれば、20代でもセミリタイア生活を始められるということですね。

親族の財産を使う(すねかじり)


親が金持ちであれば、自分でお金を稼がなくても、裕福な生活を送ることができます。

 

一部ネット界隈では、親の金で豪遊する人のことを「セレブニート」と呼ぶようですね。

 

 

一般的な家庭でも、家・車のローンを完済している場合、一人の人間ぐらいは養うことができます。

 

現状ニート生活を送っている人のほとんどは、親が稼いだお金を使いながら生活しているのではないでしょうか。

 

親が納得しているのならば、親の金を使いながら生活しても良いと思います。

 

 

この記事を読んでいる方のほとんどは、仮に仕事を辞めて貯金が尽きたとしても親が助けてくれるはずです。

 

嫁・子供がいる場合は無理ですが、独身者は親に甘えまくれば、ほぼ永久にニート生活を続けることができます。

 

「仕事」と「親へのプライド」…。

 

どちらを優先するかは人それぞれですね。

すねかじりの体験談

親の遺産食いつぶしながらニート17年目に突入したけど質問ある?

 

【悲報】親が金持ちなばかりに屑になったニートさんがこちら

 

親が金持ちすぎてニートしてたら、もう40歳でワロタ

 

大手匿名掲示板5chのまとめサイトの情報です。

 

親のお金で生きていけるなんて、我々からしたらうらやましい限りですが、なぜか本人たちが幸せそうじゃないのが不思議ですね。

 

人生を幸せにする上で、仕事で結果を出すことは重要な要素なのかもしれません。

 

生活保護受給


国が必要最低限の生活ができないと判断した人は、生活保護費を受給することができます。

 

若者が生活保護を受給するのはとても難しいですが、選択肢の一つとして考えておいてください。

 

以下の4項目のいずれかに当てはまる方は、生活保護を受給対象外となります。

 

・資産がある

 

現金だけでなく、株や金塊などの金融商品も資産であると判断されます。

 

また、家や車、土地なども資産であると判断されるので、所有している場合は売却が前提となります。

 

要するに、お金に換金できるようなものは、全て資産価値があるものとして判断されるということです。

 

・能力がある

 

健康で若い人の場合は、ほぼこの項目でアウトになります。

 

この項目をクリアするためには、病院から診断書をもらい、通常の業務を遂行するのが困難であることを主張しなければなりません。

 

若い人の場合、うつ病などによる精神疾患であれば、生活保護を受給できるようです。

 

・法律、制度の活用

 

各種手当や保険、年金を活用できる場合は、そちらの利用を勧められます。

 

要するに、生活保護は最後の手段として使ってくださいねということ。

 

・扶養義務者の援助

 

親族でお金に余裕がある方の場合、そちらから金銭的援助をお願いされます。

 

親が定職に就いている方は、生活保護を受給するのは難しいです。

 

 

貯金がなくなってもニートを続けて、金銭的援助を頼る人が誰一人いない場合、最終的には生活保護受給により生きていくことになるでしょう。

 

そのため、仕事を辞めてどうにもならなくなったとしても、嫁・子供を作らない限り、人生が終わることはないです。

 

本当に追い詰められたら、国の制度に頼りましょう。

生活保護受給者の体験談

生活保護受けてるけど質問ある?

 

生活保護で暮らしてるけど質問ある?

 

やはり若い人は仕事で精神が病んだ後、生活保護受給に行き着くパターンが多いようですね。

 

生活保護に限らず、精神疾患で働けなくなった人には国がセーフティーネットを用意しているので、今本当に辛い状態の方は全力で国に頼ってください。

最悪のパターン…


生活するためには絶対にお金が必要です。

 

お金を無心する相手がおらず、生活保護を受給することもできなければ、残念ながら普通に生きていくことはできないです。

 

『生活保護が受給できないなんてことあるの?』

 

無職だろうが借金があろうが、要件を満たしていれば生活保護を受給することができます。

 

ただし、保護費で借金の返済をすることはできないので、多額の借金を抱えている人は、生活を続けることができなくなります。

 

その結果、ホームレスもしくは…。

 

ニートの末路として最悪の結果であるといえます。

 

ニートになりたい方は、絶対に最悪のパターンだけは避けなければなりません。

ニートになる前に考慮すべきお金の計画【最悪のパターンを避ける方法】

生きていくために一番大事なことは「お金」です。

 

『お金よりも大切なものがある!』

 

これは、本当にお金に困ったことがない人の言うことです。

 

お金がないと寝るための家賃を支払うこともできなければ、食費を支払うこともできません。

 

 

これからニートになる人は、向こう2年間ぐらいのお金の計画を立てましょう。

 

『たったの2年で良いの?』

 

今仕事を辞めたい方は、今の仕事が嫌過ぎて労働自体を否定していると思います。

 

一生働きたくない気持ちも分かりますが、世の中には腐るほど仕事があるので、今仕事が辞めたいからと言って永久に仕事をしないというのは考えすぎです。

 

とりあえず、2年間好きなことをして、いろいろと考えてみれば良いのではないでしょうか。

資産を把握する


日本では年間100万円程度で生活することができるので、総資産が200万円を超えていれば2年間はニート生活を送れます。

 

資産とは、現金だけでなく家や車など現金と交換できるものを含みます。

 

場合によっては、パソコンやゲーム機も資産となり得るでしょう。

 

 

総資産が200万未満の人が、なんとなくニート生活を始めるのは危険です。

 

もちろん精神が限界の方は仕方がないですが、『できれば仕事辞めたいな〜』ぐらいの人は、最低でも200万円貯めてからニート生活をスタートさせたほうが良いと思います。

 

貯金50万円程度だと、数か月後にはまた働き始めなければならないので、休んでる感覚が得られないです。

お金を借りれる相手を探す


両親が寛容な方であれば、どうしても仕事を辞めたい旨を伝えれらば、お金を貸してくれるかもしれません。

 

もしあなたが限界の状態であれば、多くの親はあなたのことを助けてくれるでしょう。

 

 

両親を頼ることができない方は、友人や先輩など、誰でも良いのでお金を借りれそうな相手を探してください。

 

本気で探せばきっと見つかるはずです。

 

ただし、お金の貸し借りは往々にして人間関係を崩すので、その点は重々把握しておきましょう。

生活保護の受給が可能かどうかの確認

生活が困窮したときのために、生活保護の受給が可能であるかどうかを確認しておきましょう。

 

生活保護受給の可否は、こちらのサイトを参考にしてください。

 

生活保護の受給が困難であると考えられる場合は、他の手段でお金を稼がなければなりません。

借金は絶対にダメ


ニートになりたい人が絶対にやってはいけないことは、知人以外からの「借金」です。

 

家・車などのローン、カードローン、闇金からの融資などは全て禁止。分割払いもおすすめしません。

 

安定した収入がない状態では、毎月1万円の出費でも、家計に大ダメージを与えます。

 

 

特にマイホームローンは超高額であるため、どれだけ精神が病んだとしても、仕事を続けなければなりません。

 

借金をしてしまうと、労働から離れられなくなることを覚えておいてください。

無駄金を使ってはいけない


ニートになりたい方にとって、お金は超重要です。

 

どれだけ必要最低限の生活を心掛けたところで、自給自足生活をしない限り、絶対にお金が必要です。

 

 

そのため、今後ニート生活を送ることを考えている方は、衣食住以外で極力お金を使わないようにしましょう。

 

幸い、今はテレビやインターネットなど、無料の娯楽にあふれている時代なので、お金がなくてもいろいろ楽しめるはずです。

 

将来のために1円でも多く節約してください。

ニート以外の選択肢

「仕事を辞める=ニート」とは限りません。

 

ニートになりたい方にとって、労働は何よりも苦痛な行為で、絶対に避けたいことかもしれません。

 

しかし、世の中には数えきれないほどたくさんの仕事があるため、必ずあなたに適した仕事があります。

 

また、今の世の中はインターネットのおかげで、個人でもお金を稼げる時代です。

 

インターネットで商売をすれば、誰に命令されることもなく、自由にお金を稼ぐことができるので、ニートになりたい皆さんには適しているのではないでしょうか。

 

企業に雇われて働きたくない方に向けて、ニート以外の選択肢をいくつか提示します。

転職


企業の風土は、業種や職種、各企業の社風によって、全く異なります。

 

「今の会社の常識が=他の会社では非常識」

 

そのため、今の会社の労働条件や人間関係に納得がいかない場合は、他の会社に転職することをおすすめします。

 

いきなりニートになるのは、少し焦り過ぎです。

 

 

企業は空白期間を嫌うため、できればニートになることなく他の会社に移ったほうが良いです。

 

今の日本は空前の転職ブームであり、年齢問わず比較的簡単に転職することができるので、今の会社に納得できない方は転職を考えてみてはいかがでしょうか。

アルバイト


どれだけホワイト企業でも、正社員になると、仕事に大きな責任が生じます。

 

中には、責任の思い仕事はやりたくないという方も多いでしょう。

 

 

アルバイトは正社員と比較すると、非常に責任が軽いです。

 

最近は最低時給が上がっているため、場合によっては正社員よりもお金を稼ぐことができます。

 

 

人間関係で悩んでいる方は、マンガ喫茶やネットカフェ、警備員のバイトをおすすめします。

 

ほとんど人と関わることがないため、ノンストレスでお金を稼ぐことができます。

アンケートサイト・ポイントサイト


アンケートサイトは、その名の通りアンケートに答えることで、現金に換金可能なポイントを受け取ることができます。

 

ポイントサイトは、特定のアプリやサービスを利用することで、現金に換金可能なポイントを受け取ることができます。

 

どちらも数十万円稼げるようなものではないですが、毎日コツコツ続けていれば、毎月2〜3万円は稼ぐことができます。

 

ニートだろうが無職だろうが誰でもお金を稼げる上に、精神的ストレスが皆無であるため、興味がある方は試してみてください。

クラウドソーシング


クラウドソーシングとは、不特定多数に仕事を外注すること。

 

インターネットにおけるクラウドソーシングは、アプリ・ホームページ制作や記事執筆、デザイン作成など。

 

アプリ・ホームページ制作は、プログラミング技術がないとできませんが、記事執筆であれば程度こそあれど、誰でもできます。

 

プログラミングの技術があれば、個人でお金を稼ぐことができるので、これを機にプログラミングを勉強するのも良いと思います。

関連ページ

ニート歴3年の就活は?今から正社員として働く方法
いよいよニート歴が3年になってしまった…。長期間仕事をしてなかった方に向けて、正社員として働き出す方法を紹介します。20代であればまだまだ好きな仕事に就けるので、働く気が起きた方はぜひ参考にしてください。
働きたい!真面目ニートが就職先を見つける方法
働く意欲のあるニートが就職先を見つける方法を紹介します。バイトや派遣社員のような短期的な仕事ではなく、正社員として長期的に働ける仕事を探したい方はぜひ参考にしてください。
ニートでもできる仕事とは?【お金の稼ぎ方】
当サイトではニートのままでもお金が稼げる仕事、またニートから正社員として働く場合に向いてる仕事を紹介します。何らかの方法でお金を稼ごうと考えてる方はぜひ参考にしてください。
ニートの方が就職する前に考えておくべき4つのこと
長期間社会から離れていると、世の中の常識がわからなくなってしまうものです。これから就職する皆さんのために、最低限理解しておくべきことを4つぴくアップしたので、参考にしてみてください。
ニートの社会復帰が絶望的だと言われている理由
一般的にニートの社会復帰は難しいといわれていますが、果たして本当にそうでしょうか。今回はニートの方が社会復帰するにあたって障壁となる要素と、社会復帰するために必要な心構えを紹介します。
ニートがわざわざアルバイトを始める意味はない
ニート脱出のためにとりあえずアルバイトから!と言われがちですが、本当にそうでしょうか。アルバイトは短期的に考えれば楽にお金を稼げますが、長期的なことを考えると、人生の無駄遣いかもしれません。アルバイトを始めたい方は今一度考えなおしてみましょう。
ニート脱出の鍵は「習慣」にある
ニート生活を脱出するためには、「習慣」を作ることが大切です。毎日好きな時間に起きて、特に何もせず、好きな時間に寝る、という習慣をよりポジティブな習慣に変えましょう。
ニートにおすすめの資格5選!取るべきでない資格も紹介
この記事では、ニートの方におすすめの資格を5つ紹介しています。また、一般的には有用だと考えられているが、実際にはほとんど役に立たない資格も紹介しています。資格選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。
ニートでも大企業に入れる3つの業界【人生逆転?】
一般的に言うと、ニートから大企業に入るのは不可能と言われています。しかし、大企業に入ること自体はそれほど難しくありません。この記事では、ニートの方が大企業に入るための合理的な方法を紹介しているので、一読してみてください。
ニートブログ一覧|完全ニートから金持ちニートまでを網羅
現在ニートの方、もしくは今後ニートになりたい方は、ニートのリアルな生活について興味があると思います。そこで、この記事では、数年間仕事をしていない完全ニートからブログでお金を稼いでいるスーパーニートまで、あらゆるニートブログをまとめました。
ネオニートとは?ネオニートになるために必要なこと
働かずに大金を稼いでいるイメージのある「ネオニート」。楽してお金を儲けていると思われがちな彼らですが、実は血のにじむような努力をしているのかも…。この記事では、ネオニートの定義と、ネオニートになるために必要なことをまとめています。
本当にニート?新時代の働き方をしているニート達をまとめてみた
死ぬまで給料を貰える代わりに、企業に対して滅私奉公で働く、という時代は終わりを迎えています。現在は、インターネットの発展により、需要さえあれば個人でも稼げる時代になりました。この記事では、新時代の働き方をしているニート達をまとめました。企業に働くのに嫌気がさしている方、個人で稼いでみたい方は、ぜひ一読してみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧