ニートでも大企業に入れる3つの業界【人生逆転?】

ニートでも大企業に入れる3つの業界

一般的に、新卒入社以外で大企業に入るのは難しいと言われています。

 

特に、ニートの方のように職歴に空白期間がある場合、大企業どころか普通に就職することすら難しいと言われています。

 

日本社会の教育は、受験を勝ち抜いた学生が新卒入社から定年まで大企業で働くことを目的としているため、大企業は新卒の学生を好みます。

 

社会が決めたレールの終着点が「大企業への入社」です。

 

 

しかし、業界によっては、新卒でなくても大企業に入社することはできます。

 

必ずしも大企業へ入社することが幸せとは限りませんが、福利厚生や収入を考えると、大企業はやはり良いです。

 

この記事では、ニートでも大企業へ入れる業界を紹介しているので、一読してみてください。

ニートでも入社可能な大企業の条件

@:人員不足

 

A:人気がない

 

B:積み重ねの技術を必要としない

3つの条件に当てはまる企業は、ニートでも簡単に入社することができます。

 

たとえ大企業であっても、学生に人気のない業界であれば、新卒以外から雇わざるを得ません。

 

また、大企業の仕事だからといって、全ての仕事が難しいわけでもないです。

 

英語ペラペラで高度な思考力を持ち、尚且つ高いコミュニケーション能力が必要な仕事なんてごくわずかですよ。

 

1年程度働いていればスペシャリストになれる職業はあるので、その辺の仕事を狙っていきましょう。

ニートでも入れる業界3選

コンビニ・飲食

コンビニや飲食店など、全国にチェーン店を展開している店舗は、慢性的な人手不足に悩まされています。

 

これらの業界は、商社やテレビ、メーカーなどと比較すると、大学生に不人気なので、必ずしも新卒社員を大切にする風土ではありません。

 

そのため、新卒入社でなかったとしても、バイトで経験を積めば正社員になることは十分可能です。

 

また、中途採用も積極的に行っており、募集条件も「高卒以上、業界・職種経験不問」であることがほとんど。

 

 

ただし、これらの業界は基本的にブラック体質であるため、それなりの覚悟をもって面接に挑みましょう。

 

新卒でない限り、接客業をこなす研修があるため、必要最低限のコミュニケーション能力が必要です。

 

コミュ力がなくても入社できるかもしれませんが、接客できるまでゴリゴリ鍛えらることになるでしょうね。

大手メーカー

大手メーカーなどの製造業は、研究職と現場の2種類があります。

 

新卒社員は、研究職もしくは現場の管理職となります。

 

工場での現場作業は、高卒、高専卒、中途採用者で構成されています。

 

そのため、超大手のメーカーだとしても、工場職であればニートでも容易に入社することができるのです。

 

 

大手メーカーは、研究の進み具合や販売先の要求によって、急に人手が足りなくなります。

 

「求人がある=急に人が足りなくなった」と解釈してOK!

 

よっぽどの変人でない限り、余裕で入社することができます。

 

 

大手メーカーのブラック度は、職場によって全く変わります。

 

仕事内容自体は単純作業の連続であることがほとんどなので、慣れれば問題ないと思います。

 

留意すべき点は「外作業or室内作業」「日勤or三交替」など。

 

一番の問題点は職場の人間関係だと思いますが、これはもう「運」です笑

 

管理人の会社は確実に定時帰れる上に、そこそこ給料が良い超絶ホワイト企業ですが、やはり職場の人間関係によっては甘かったり厳しかったりします。

 

工場の場合、辞めようと思えばいつでも辞められるので、とりあえず気になった企業に挑むことをおすすめします。

IT・WEB関係

最近プログラミングが流行っていますが、それでもこの業界は全く人が足りていません。

 

飲食業界と同じく、IT業界はブラックなイメージが強いため、大学生に不人気です。

 

多くの業界の中でも、IT業界は積極的に中途採用を進めているため、ニートの方でも採用されます。

 

 

管理人の中では、飲食業界や工場よりもIT業界に入社することをおすすめします。

 

なぜなら、他の業界と異なり、IT業界では積み重ねがあるスキルを身につけることができるため、その後の転職が容易になります。

 

本人に能力が身につけば、世の中の流れに頼るように就活する必要はありません。

 

自分の能力を活かせる会社を探せば良いのです。

 

基本的にかなり忙しい業界ですが、無から有を生み出す仕事であるためやりがいがありますし、充実した生活を送ることができると思います。

 

最近はライフワークバランスを重視した会社も多いため、忙しすぎるんが嫌な方は、そういった会社を探すと良いでしょう。

大企業で働くメリット3選

そう簡単に潰れない

大企業は資金力・信用があるため、赤字だとしてもそう簡単に潰れることはありません。

 

『時代の変化が速いから、大企業でもいつ潰れるか分からない』

 

と言われていますが、現状、倒産した大企業というのは数えるほどしかありません。

 

安定した収入が欲しい方は、どこでも良いので大企業を目指すのが当然です。

充実した福利厚生

大企業に勤めている方であれば、福利厚生の恩恵がどれだけ大きいか分かると思います。

 

大企業では、寮や社宅に住めば、家賃1万円程度で家を借りることができます。

 

一般の独身者の家賃が5万円だとしたら、4万円も得している計算になります。

 

大企業で寮に住んでいる人は、手取りにプラス4万円されているのと同じことです。

 

 

住宅補助以外でも、寮食や保険、財形など、大企業では金銭的に見えない補助がたくさん付いています。

 

できるだけ多くのお金を稼ぎたい方は、大手企業を優先して選ぶべきです。

ネームバリュー

日本社会は徐々に個人で稼ぐ時代に変わりつつあります。

 

しかし、それでも多くの人は会社のネームバリューをとても気にします。

 

管理人にはあまり理解できないですが、大企業に勤めていること自体の安心感・満足感は非常に大きいようです。

 

現実的なメリットとしては、親とかおじいちゃんとかが喜んだり、同窓会で自慢できるぐらいしかないような気がします笑。

大企業で働くデメリット3選

出世が難しい

多くの大企業は平均年齢が40歳を超えており、20代で管理職になるのは非常に難しいです。

 

さらに、大企業に勤める人は優秀な人が多いため、出世するのは至難の業です。

 

特にこの傾向は、大手メーカーなど、昔ながらの大企業に強いです。

 

逆にIT企業や飲食業界は、若くても実力さえあれば上に行きやすい場合もあります。

 

 

中小企業やブラック企業の場合は、人が少なかったり簡単に人が辞めたりするので、若くても重要な役職に就きやすいです。

 

出世欲が強い方は、大企業よりも中小企業の方が良いかもしれません。

仕事が多い

世の中の第一線で活躍している大企業は、常に優れた商品・サービスを生み出し続けています。

 

新入社員のうちは大きな仕事を任されないため仕事量は多くないですが、年齢が上がるにつれて責任ある仕事がどんどん増えていきます。

 

特にIT企業は個々の社員の力が売上に直結するため、かなり社員に無茶を要求する会社が多いです。

 

 

一方で、大手メーカーの工場では、中途採用者には単純労働系の仕事を求めるため、普通は定時で帰ることができます。

 

趣味に生きたい方は、工場がおすすめですね。

人間関係

大企業は人の入れ替わりが少ないため、人間関係に失敗すると苦労します。

 

特に、大企業に入社すると心理的に辞めずらいため、過酷な環境でもずるずると仕事を続けてしまう傾向にあります。

 

仕事における人間関係の悩みは、大企業に限った話ではないですが、『耐えられなくなったらすぐに辞める』という意思は常に持っておきましょう。

 

心が壊れてからでは手遅れですからね。

関連ページ

ニート歴3年の就活は?今から正社員として働く方法
いよいよニート歴が3年になってしまった…。長期間仕事をしてなかった方に向けて、正社員として働き出す方法を紹介します。20代であればまだまだ好きな仕事に就けるので、働く気が起きた方はぜひ参考にしてください。
働きたい!真面目ニートが就職先を見つける方法
働く意欲のあるニートが就職先を見つける方法を紹介します。バイトや派遣社員のような短期的な仕事ではなく、正社員として長期的に働ける仕事を探したい方はぜひ参考にしてください。
ニートでもできる仕事とは?【お金の稼ぎ方】
当サイトではニートのままでもお金が稼げる仕事、またニートから正社員として働く場合に向いてる仕事を紹介します。何らかの方法でお金を稼ごうと考えてる方はぜひ参考にしてください。
ニートの方が就職する前に考えておくべき4つのこと
長期間社会から離れていると、世の中の常識がわからなくなってしまうものです。これから就職する皆さんのために、最低限理解しておくべきことを4つぴくアップしたので、参考にしてみてください。
ニートの社会復帰が絶望的だと言われている理由
一般的にニートの社会復帰は難しいといわれていますが、果たして本当にそうでしょうか。今回はニートの方が社会復帰するにあたって障壁となる要素と、社会復帰するために必要な心構えを紹介します。
ニートがわざわざアルバイトを始める意味はない
ニート脱出のためにとりあえずアルバイトから!と言われがちですが、本当にそうでしょうか。アルバイトは短期的に考えれば楽にお金を稼げますが、長期的なことを考えると、人生の無駄遣いかもしれません。アルバイトを始めたい方は今一度考えなおしてみましょう。
ニート脱出の鍵は「習慣」にある
ニート生活を脱出するためには、「習慣」を作ることが大切です。毎日好きな時間に起きて、特に何もせず、好きな時間に寝る、という習慣をよりポジティブな習慣に変えましょう。
ニートにおすすめの資格5選!取るべきでない資格も紹介
この記事では、ニートの方におすすめの資格を5つ紹介しています。また、一般的には有用だと考えられているが、実際にはほとんど役に立たない資格も紹介しています。資格選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。
ニートの末路とは?果たして幸せな未来は待っているのだろうか…
日本社会では、定年まで企業で働いて、定年後は年金をもらいながら暮らすのが一般的とされています。社会が用意したレールから外れたニートは、将来どうなってしまうのでしょうか。この記事では、ニートの末路について紹介します。
ニートブログ一覧|完全ニートから金持ちニートまでを網羅
現在ニートの方、もしくは今後ニートになりたい方は、ニートのリアルな生活について興味があると思います。そこで、この記事では、数年間仕事をしていない完全ニートからブログでお金を稼いでいるスーパーニートまで、あらゆるニートブログをまとめました。
ネオニートとは?ネオニートになるために必要なこと
働かずに大金を稼いでいるイメージのある「ネオニート」。楽してお金を儲けていると思われがちな彼らですが、実は血のにじむような努力をしているのかも…。この記事では、ネオニートの定義と、ネオニートになるために必要なことをまとめています。
本当にニート?新時代の働き方をしているニート達をまとめてみた
死ぬまで給料を貰える代わりに、企業に対して滅私奉公で働く、という時代は終わりを迎えています。現在は、インターネットの発展により、需要さえあれば個人でも稼げる時代になりました。この記事では、新時代の働き方をしているニート達をまとめました。企業に働くのに嫌気がさしている方、個人で稼いでみたい方は、ぜひ一読してみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧