転職時に必要な手続きまとめ【退職願・税金・年金・保険・失業手当】

転職時に必要な手続きまとめ【退職願・税金・年金・保険・失業手当】

転職する際は、様々な手続きが必要です。

 

この記事では、転職する際に必要となる手続きを全てまとめています。

 

転職を検討している方、転職を決めた方は、この記事を見て、「いつ」「どこで」「どのような」手続きが必要かを確認してください。

目次

 

1. 退職前に必要な手続き

 

1.1 退職の意思表示

 

1.2 退職願の提出

 

1.3 書類・物品の返却

 

1.4 必要書類の受領

 

1.5 社内融資・ローンの返済・解約

 

 

2. 退職後に必要な手続き

 

2.1 税金

 

2.2 保険

退職前に必要な手続き

  • 退職の意思表示
  • 退職願の提出
  • 書類・物品の返却
  • 必要書類の受領
  • 社内融資・ローンの返済・解約

退職の意思表示

退職を決めたら、自分の上司に退職の意思を伝えましょう。

 

法律的には、退職届を提出してから2週間以降は出社の必要はありませんが、2週間では事務手続き・業務の引継ぎが追い付かないこともあります。

 

退職の意思は出来るだけ早めに伝えたほうが、余計なトラブルを生まずに済みます。

 

目安としては、最低でも退職予定日の1.5ヶ月前が良いです。

退職願の提出

多くの企業では退職願の提出が求められます。

 

最近では、定められたフォーマットで提出することが多く、必要事項を記入したらOKなケースもあります。

 

退職願を紙面で提出する必要がある場合は、以下のフォーマットを参考にしてください。

書類・物品の返却

機密事項が記載された書類や、外部への持ち出しが禁じられている物品は返却しなければなりません。

 

返却が必要な書類・物品の例は以下の通り。

  • 身分証明書
  • 社章
  • 名刺
  • 健康保険証
  • 通勤定期券
  • 文具
  • 備品
  • 制服

必要書類の受領

受領物一覧

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 離職票
  • 厚生年金基金加入引証
  • 健康保険被保険者資格喪失証明書
  • 退職証明書
  • 在籍期間証明書

「源泉徴収票」「離職票」は後日発行となるため、事前に人事部に郵送をお願いしておきましょう。

 

仮にお願いするのを忘れたとしても、退職後に人事部へ問い合わせれば、郵送してくれるはずです。

 

源泉徴収票は、退職後すぐに転職する場合必要ないですが、休職期間があり確定申告をする場合必要になります。

 

 

「退職証明書」「在籍期間証明書」は希望者のみ受領可能です。

 

失業手当受取の際の手続きで必要になる場合があるので、念のためもらっておいた方が良いです。

 

場合によっては、転職先で提出を求められることもあります。

社内融資・ローンの返済・解約

全額返済が基本ですが、今すぐ返済が不可能な場合、他金融機関からの借入を検討してください。

 

財形に関しては解約すれば終わりですが、転職先によっては、財形制度を引き継げる場合があるため、転職先と要相談です。

退職後に必要な手続き

  • 税金
  • 保険

税金

地方税

地方税とは、住民登録している地方自治体の住民税のことです。

 

サラリーマンは前年度分を6月〜翌5月の給与から天引き徴収する形となります。

 

転職する際の地方税の支払いは、退職直前の給与から一括返済することが多いです。

 

 

 

6月〜12月に退職する場合、残額が多く納税者の負担が大きいため、4回分割での納付が可能です。

 

分割納入を選んだ場合、自治体から住民税の納付書が届きます。

 

転職先では、今年度分の手続きのみの対応となるので、前年度分は自分で支払いを行わなければなりません。

所得税

所得税は、1年間の収入により税額が決まります。

 

正確な税額は年度末にならないと分からないのですが、『このぐらいの給与だったら所得税はこれぐらいだろう』という簡易計算した額が毎月の給与から天引きされます。

 

年度末に所得税の正確な額を決めることを「年末調整」といいます。

 

年度末までに再就職する場合、転職先の会社に源泉徴収票を提出すれば、年末調整をしてくれます。

 

年度末に再就職しなかった場合でも、翌年の2月半ば〜3月半ばに行われる確定申告に行って源泉徴収票を提出すれば、払い過ぎた税金が返ってきます。

保険

健康保険

勤務先が「社会保険完備」の場合、健康保険に加入しています。

 

保険料を被保険者(あなた)と会社で半分ずつ出し合う形です。

 

離職した瞬間、健康保険の加入から外れるため、健康保険証を勤務先に返却しなければなりません。

 

離職期間があれば、退職してから14日以内に、市区町村役場で国民健康保険の加入手続きを行う必要があります。(健康保険と国民健康保険は別物です。)

 

また、離職期間がなかったとしても、転職先が社会保険完備でない場合、国民健康保険の加入手続きが必要です。

 

転職先が社会保険完備の場合、会社側で勝手に健康保険の加入手続きをしてくれるので、特別な手続きは全く必要ありません。

雇用保険

雇用促進を目的とした、民間企業に勤めている人を対象とした保険です。

 

転職先が決まっている場合、退職日までに会社から雇用保険被保険者証を受領し、転職先に提出してください。

 

転職先が決まってない場合は、雇用保険被保険者証に加えて、離職票を受領しましょう。

 

離職票は、退職日までに受け取ることができないため、後日郵送等で送ってもらってください。

 

求職の申し込みや失業給付金受給申請に、「雇用保険被保険者証」「離職票」が必要となります。

年金

民間企業を通じて加入することが義務付けられている公的年金のことを「厚生年金保険」といいます。

 

健康保険・雇用保険同様、被保険者であるあなたと勤務先が半分ずつ保険料を支払う形になっています。

 

離職期間があれば、退職してから14日以内に、市区町村役場で国民年金の加入手続きを行う必要があります。

 

また、離職期間がなかったとしても、転職先が社会保険完備でない場合、国民年金の加入手続きが必要です。

 

社会保険完備の企業に就職する場合、勤務先に年金手帳を提出してください。

 

必要な手続きは会社側でやってくれます。

関連ページ

転職が怖い?転職すべきかを冷静に判断できる4つの要素
人間は安定を求めるものなので、たとえ今の職場に不満があったとしても、転職を恐れます。そんな人は仕事の適正を測れる4つの要素を検討してみましょう。
転職で失敗する3つのパターンとその対策法
ネット上には転職失敗談がたくさん存在します。転職は成功すれば良いですが、失敗すれば後悔の連続…。当サイトでは転職で失敗しないための方法を紹介してるので転職を考えてる方はぜひ参考にしてください。
資格を取るのは無駄?就活における資格の役割とは
就活を有利にするために資格を取る人は多いですが、果たして意味はあるのでしょうか。当サイトでは「就活における資格の役割」と、「就活を有利に進めれる資格の取り方」を紹介します。
やりたいアルバイトとやりたくない正社員、どちらか迷ってる方へ
心の底から楽しめるアルバイトと本当はやりたくないけど将来が安定な正社員、どちらを選ぶか迷ってる方は多いでしょう。当サイトでは将来どちらが後悔せず過ごせるかを「性別」や「結婚」などの観点からアドバイスします。
お金とやりがいどっちが大事?後悔しない仕事の選び方
最近の若者はお金よりもやりがいを重視する人が多いようですね。ただ将来的に家庭を持つことを考えるとやりがいだけにこだわるのも良くないです。当サイトでは「お金」と「やりがい」の観点から後悔しない仕事の選び方を紹介します。
正社員として働ける楽な仕事ランキング
バイトや派遣社員ではなく、何十年もその仕事で生活できるような仕事を楽な順にランキング形式で紹介しています。現在特別なスキルがない方でも、働ける仕事を選んでいるので、出来るだけ楽な仕事を探したい方はぜひ参考にしてください。
正社員で楽な仕事が多い求人サイトを紹介
楽してお金が稼げるか!と思われがちですが、世の中には比較的楽な仕事ときつい仕事があるのも事実です。当サイトでは正社員で楽な仕事の求人が多いサイトを紹介しています。興味がある方は参考にしてください。
正社員で簡単な仕事が多い求人サイトを紹介
中々達成できないことをこなしていくことも楽しいですが、簡単な仕事を的確にこなすのも大切なことです。当サイトでは正社員で簡単な仕事が多い求人サイトを紹介します。興味がある方はぜひ参考にしてください。
ネット上で見抜く!ブラック企業を見分ける具体的な方法
自分の理想に合った企業を選ぶためには、求人サイトやホームページから企業の情報を見抜く力が必要です。当サイトではネット上の情報からブラック企業を見分ける方法を具体的に紹介しています。
面接官受けを気にした方が良い?面接で長所を聞かれたときの答え方とは
長所は面接で聞かれる定番の質問です。正直に自分の長所を言えばそれで良いのですが、自分に自信のない人は、長所と聞かれると困ってしまうかもしれません。この記事では、長所を聞かれたときの答え方についてまとめているので、一読してみてください。
転職の面接で聞かれる質問一覧。答えるときのコツ
転職するためには、転職先の企業の採用面接を通過しなければなりません。採用の可否は面接での回答・印象で決まるため、事前の準備が大切です。この記事では、転職の面接で聞かれる質問を一覧にして紹介するので、面接対策に活用してください。
面接に適したスーツとは?リクルートスーツの選び方を紹介
面接において、見た目の印象はとても重要です。そのため、スーツ選びで手を抜いてはいけません。この記事では、就活生に向けて、正しいリクルートスーツの選び方を伝授しています。スーツ選びに悩んでいる方は、一読してみてください。
業種別おすすめの資格一覧。実用性・難易度・費用・独学の可否を確認
業種別におすすめの資格を一覧形式で紹介しています。実用性・難易度・費用・独学の可否など、気になる情報を確認することができます。資格選びに迷ってる方は、一読してみてください。
面接で趣味を聞く目的とは?各趣味が面接官に与える印象を解説
面接において、趣味は志望動機や自己紹介に次いで多い質問です。プライベートなことだけに、何を言えば正解なのか迷う方が多いでしょう。この記事では、面接官が趣味を聞く目的を紹介し、各趣味が面接官に与える印象を解説します。
楽して稼ぎたい方必見!楽なアルバイトランキング
お金は欲しいけどしんどいことはしたくない…。世の中には辛いバイトもありますが、楽なバイトもたくさんあります。とりあえずお金だけ欲しい方は、楽して稼げるアルバイトを探してみましょう。この記事では、楽なアルバイトをランキング形式で紹介します。
本当に薄給?勤続年数別・男女別に介護士の給料を比較
介護士は、人手が不足していることや給与が低いことが度々問題となっています。介護士になりたい方は、不安を感じていることでしょう。この記事では、厚生労働省の情報を基に、介護士の給料を年齢別・男女別にまとめています。
秘書の仕事内容・必要な能力、秘書になる方法まとめ
意外と知られていない秘書の仕事内容をまとめました。仕事内容を知ることで、自分に合った仕事かどうかを確認できます。また、秘書になる方法もまとめたので、仕事探しの参考にしてください。
面接が苦手な人の99%は、明らかに面接対策が足りていない
面接に苦手意識を持っている方は多いと思います。しかし、面接が苦手な人のほとんどは、面接対策が不十分な状況で、面接に臨んでいます。これでは、面接の本番で焦るのも仕方ありません。この記事では、面接前に絶対にやっておくべき準備を解説しているので、面接対策の参考にしてください。
面接でありがちな失敗とその対策方法を解説
面接のような大事な場面で失敗してしまうのが人間です。しかし、ほとんどの失敗は事前に対策方法を知っていれば避けることができます。この記事では、面接でありがちな失敗とその対策方法を解説しています。近いうちに面接をする方は、参考にしてみてください。
おすすめ介護漫画3選!介護現場の実際を楽しく学ぶ
親の介護に頭を悩ます方は多いでしょう。若い方でも、いずれ親の面倒を見なければならないので、介護問題は他人事ではありません。介護漫画は、介護経験者が抱えている悩みや親の面倒を見ることに対する葛藤を、分かりやすく表現しています。この記事では、おすすめの介護漫画9選を紹介しているので、介護問題に興味がある方は、ぜひ一読してみてください。
合理的な仕事の選び方|優先順位を明確にすると仕事選びで後悔しない
【無料で読める!】転職したいなら読んでおくべき本10選
面接が怖い方へ。恐怖心を無くすだけでなく、人生を向上させる方法
面接は仕事を決める重要なイベントなので、緊張するのは当たり前です。しかし、人によっては異常に恐怖心を感じる方もいるでしょう。恐怖心を消すのはそう簡単ではありません。小手先のテクニックで恐怖心を消すことはできないです。この記事では、面接への恐怖心を消すための大胆な方法を紹介しているので、ぜひ一読してみてください。
英語を活用する仕事9選!意外と英語を使わない仕事も紹介
英語を使う仕事ってなんとなくかっこいいですよね。また、海外で働くことに憧れている方も多いでしょう。この記事では、英語を活用する仕事を紹介しているので、一読してみてください。参考として、意外と英語を使わない仕事も紹介します。
未経験OK!クリエイティブな仕事一覧
単純労働よりも頭脳労働が好きな人はいると思います。また、頭脳労働は単純労働と比較すると、能力の積み重ねがあるため、キャリア形成の上でも良い方向に働きます。この記事では、未経験でも働けるクリエイティブな仕事を紹介しているので、仕事選びの参考にしてみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧