面接で趣味を聞く目的とは?各趣味が面接官に与える印象を解説

面接で趣味を聞く目的とは?各趣味が面接官に与える印象を解説

面接において、趣味は志望動機や自己紹介に次いで多い質問です。

 

プライベートなことだけに、何を言えば正解なのか迷う方が多いでしょう。

 

この記事では、面接官が趣味を聞く目的を紹介し、各趣味が面接官に与える印象を解説します。

目次

 

1. 面接官が抱く印象を趣味別に解説

 

2. 面接で趣味を聞く目的

面接官が抱く印象を趣味別に解説

趣味 面接官が抱く印象
ゲーム・マンガ・アニメ インドア・内向的・つまらない
音楽鑑賞・映画鑑賞・読書 インドア・内向的
スポーツ・釣り・アウトドア・麻雀 外交的
旅行・カメラ・ドライブ 行動的・好奇心
ギャンブル・ショッピング 快楽主義
将棋 インドア・思考力
料理・ペット 世話好き
手芸 創造的
美容・ファッション 自分大好き
グルメ 普通
アイドル オタク
自己啓発系(語学・プログラミング・資格など) 嘘くさい・意識高い

ゲームやマンガが嫌いなおっさんは意外と多い


『最近はゲームも市民権を得ている!』

 

『プロゲーマーがいるぐらいだから、ゲーム好きをアピールしても問題ない!』

 

こんな感じのことを言うサイトがあります。

 

しかし、社会人である管理人の経験上、ゲームとかマンガが嫌いなおっさんはマジでめちゃくちゃ多いです。

 

管理人の元上司はゲーム・マンガが好きな人間のことを「人間的に魅力がない」とか言ってました。

 

ちなみに、来年から人事になるようです…。

 

面接官は40代・50代であるケースが多いので、ゲーム・マンガ以外に趣味がある場合、そちらをアピールしたほうが良いと思います。

 

 

当然、ゲーム・マンガが好きだからと言って、仕事の能力が低いことに繋がるわけではないです。

 

しかし、面接官も人間です。

 

自分が嫌いなものを好きという相手は、無条件で評価が下がります。

 

面接官がゲーム・マンガが嫌いなのであれば、わざわざゲーム好きを強調する意味はありません。

 

よっぽどゲーム愛があったり、ゲーム関連の会社を志望しているならば別ですが、基本的にゲーム・マンガを趣味として紹介するのはおすすめしません。

営業系・コンサル系の仕事は外交性をアピールできる趣味がやや有利


趣味が面接の結果に大きく影響することは考えづらいですが、営業系・コンサル系など、人とのコミュニケーションが必須な仕事の場合、内向的な趣味の印象は良くないです。

 

営業系で結果を残す人は、体育会系で育った人が圧倒的に多いので、インドア系の人は適さないと思われがちです。

 

スポーツ系やアウトドアなど、多人数で楽しむ趣味をアピールすることをおすすめします。

 

ただし、趣味を聞く目的は、人柄を知るための手段でしかないので、話し方や態度でアピールすることができれば、面接には合格できると思います。

 

面接は特定の質問だけで合否が決まるわけではないので。

市民権を得てない趣味はおすすめしない


皆さんは、アイドルが趣味の人に対してどのようなイメージを持つでしょうか?

 

どちらかというとネガティブな印象を持つのではないか?と、管理人は思います。

 

管理人は別にアイドル趣味を否定しているわけではありません。

 

結局、面接は他人に評価されるシステムなので、趣味を聞かれて面接官が引くような趣味を言ってしまったら、その時点で終わりです。

 

メガネを掛けてて、髪がぼさぼさで、服装が乱れている人が

 

『恥ずかしながら趣味はアイドルの追っかけです。』

 

なんて言ったら、合格する方が不思議だと思いませんか?

 

面接に限らず、世の中は主観よりも客観で成り立っているので、いくら自分が好きでも世間的に認められてない趣味をアピールするのはNGです。

自己啓発系は怪しまれる


その人の雰囲気次第ですが、語学の勉強やプログラミングなどを趣味としてアピールするのもあまりおすすめしません。

 

そもそも、面接官はその人の人柄を知りたくて趣味を聞いているので、背伸びした回答や取り繕った回答は求められていません。

 

本当に語学が好きで、毎日語学の勉強をしている方は、面接官に伝わるような説明の仕方をしなければなりません。

 

意識高い系の趣味を持っている方は、気合を入れて説明しましょう。

結局何の趣味をアピールすれば良い?


『俺の趣味、ゲームとアイドルの追っかけだけなんだけど、どうすれば良いんだよ?』

 

という方がいるかもしれません。

 

そういう方は、ゲームとアイドル以外の趣味や好きなこと(どんな小さなものでもOK)を全力で引き延ばしましょう。

 

ウソはボロが出るので、あんまりおすすめしないですが、ウソが上手い方は、本音を言うよりもそっちの方が良いです。

 

『ウソは良くない!』

 

確かにウソは褒められた行為ではないですが、アイドルの追っかけをアピールしたところで、合格する確率は極めて低いので仕方ないと思います。

 

結局のところ、自信を持って紹介できるような趣味がない方で、嘘をつくことに慣れてない方は、少し経験したことを存分に盛ることをおすすめします。

 

もしくは、ベンチャー企業やIT企業など、それほど社交性が重視されないような業界を選ぶと良いでしょう。

 

就活生に人気の業界や営業系の職種は、オタクっぽい趣味はめちゃくちゃ不利であることは間違いないです。

面接で趣味を聞く目的

人柄を知るため

各企業・各面接官により思想は違いますが、面接で趣味を聞く目的は、基本的に人柄を知るためです。

 

面接官の本来の目的は、社内で活躍するであろう人間、利益を生むであろう人間の確保です。

 

しかし、実際のところ、面接での数十分間で応募者の仕事の能力を判断することができないというのは、簡単に想像がつくでしょう。

 

特に、新卒の学生は過去の実績がないので、どうしても人柄・人格で採用されることが多いです。

 

そのため、結局のところ、面接官は応募者の「人柄・人格」を見抜こうとします。

 

 

その人がどんな人生を歩んできたのか、仕事に対してどのように取り組むのかを見抜くのは、仕事的なことを聞くよりもプライベートのことを聞いた方が良かったりします。

 

そんなこんなで、面接官は応募者に対して、趣味を聞いたりするんです。

 

もちろん、その人の人柄は、話している内容だけでなく、話し方や態度が重要なので、趣味が良ければ合格するわけではないですけどね。

 

とりあえず、面接において自分の趣味は、自分の人柄に直結することを覚えておいてください。

企業に馴染めるかどうかの判断

各企業により、職場の雰囲気は異なります。

 

仕事をするうえで、仕事仲間とのコミュニケーションは必須なので、企業の雰囲気に合った人材を採用するというのは、実はとても重要なことです。

 

例えば、管理人は中堅化学メーカーで働いていますが、職場の人には以下のような特徴があります。

 

  • ほとんど既婚者
  • 家・車を平気で買う
  • 皆で仲良く仕事をする雰囲気
  • ガツガツ働く考えはない
  • 自分の能力でお金を稼いでいる感覚はない
  • 時間をお金に交換しているイメージ
  • 土日が楽しみ

 

良くも悪くも、伝統的な日本の企業という感じでしょうか。

 

企業にもよると思いますが、中堅化学メーカーは上記のような雰囲気のところが多いと思います。

 

周りの友達も、皆同じような感想でしたね。

 

おそらく、中堅化学メーカーに、ベンチャー企業・商社で働いている人が来たら、仕事に対する意識が違い過ぎてあまり馴染めないと思います。

 

また、コミュニケーションを重視しているので、一人で黙々と仕事をしようとすると、よっぽど仕事ができないと潰される傾向があります。

 

そんな感じで、仕事仲間と性格が合わなかったり、仕事内容が合わなかったりすると、すぐ辞めたりやる気を失ったりするので、採用を避けようとします。

 

本人のキャラが職場の雰囲気と合うかどうかは、企業にとって、とても重要だということですね。

関連ページ

転職が怖い?転職すべきかを冷静に判断できる4つの要素
人間は安定を求めるものなので、たとえ今の職場に不満があったとしても、転職を恐れます。そんな人は仕事の適正を測れる4つの要素を検討してみましょう。
転職で失敗する3つのパターンとその対策法
ネット上には転職失敗談がたくさん存在します。転職は成功すれば良いですが、失敗すれば後悔の連続…。当サイトでは転職で失敗しないための方法を紹介してるので転職を考えてる方はぜひ参考にしてください。
資格を取るのは無駄?就活における資格の役割とは
就活を有利にするために資格を取る人は多いですが、果たして意味はあるのでしょうか。当サイトでは「就活における資格の役割」と、「就活を有利に進めれる資格の取り方」を紹介します。
やりたいアルバイトとやりたくない正社員、どちらか迷ってる方へ
心の底から楽しめるアルバイトと本当はやりたくないけど将来が安定な正社員、どちらを選ぶか迷ってる方は多いでしょう。当サイトでは将来どちらが後悔せず過ごせるかを「性別」や「結婚」などの観点からアドバイスします。
お金とやりがいどっちが大事?後悔しない仕事の選び方
最近の若者はお金よりもやりがいを重視する人が多いようですね。ただ将来的に家庭を持つことを考えるとやりがいだけにこだわるのも良くないです。当サイトでは「お金」と「やりがい」の観点から後悔しない仕事の選び方を紹介します。
正社員として働ける楽な仕事ランキング
バイトや派遣社員ではなく、何十年もその仕事で生活できるような仕事を楽な順にランキング形式で紹介しています。現在特別なスキルがない方でも、働ける仕事を選んでいるので、出来るだけ楽な仕事を探したい方はぜひ参考にしてください。
正社員で楽な仕事が多い求人サイトを紹介
楽してお金が稼げるか!と思われがちですが、世の中には比較的楽な仕事ときつい仕事があるのも事実です。当サイトでは正社員で楽な仕事の求人が多いサイトを紹介しています。興味がある方は参考にしてください。
正社員で簡単な仕事が多い求人サイトを紹介
中々達成できないことをこなしていくことも楽しいですが、簡単な仕事を的確にこなすのも大切なことです。当サイトでは正社員で簡単な仕事が多い求人サイトを紹介します。興味がある方はぜひ参考にしてください。
ネット上で見抜く!ブラック企業を見分ける具体的な方法
自分の理想に合った企業を選ぶためには、求人サイトやホームページから企業の情報を見抜く力が必要です。当サイトではネット上の情報からブラック企業を見分ける方法を具体的に紹介しています。
面接官受けを気にした方が良い?面接で長所を聞かれたときの答え方とは
長所は面接で聞かれる定番の質問です。正直に自分の長所を言えばそれで良いのですが、自分に自信のない人は、長所と聞かれると困ってしまうかもしれません。この記事では、長所を聞かれたときの答え方についてまとめているので、一読してみてください。
転職の面接で聞かれる質問一覧。答えるときのコツ
転職するためには、転職先の企業の採用面接を通過しなければなりません。採用の可否は面接での回答・印象で決まるため、事前の準備が大切です。この記事では、転職の面接で聞かれる質問を一覧にして紹介するので、面接対策に活用してください。
面接に適したスーツとは?リクルートスーツの選び方を紹介
面接において、見た目の印象はとても重要です。そのため、スーツ選びで手を抜いてはいけません。この記事では、就活生に向けて、正しいリクルートスーツの選び方を伝授しています。スーツ選びに悩んでいる方は、一読してみてください。
業種別おすすめの資格一覧。実用性・難易度・費用・独学の可否を確認
業種別におすすめの資格を一覧形式で紹介しています。実用性・難易度・費用・独学の可否など、気になる情報を確認することができます。資格選びに迷ってる方は、一読してみてください。
楽して稼ぎたい方必見!楽なアルバイトランキング
お金は欲しいけどしんどいことはしたくない…。世の中には辛いバイトもありますが、楽なバイトもたくさんあります。とりあえずお金だけ欲しい方は、楽して稼げるアルバイトを探してみましょう。この記事では、楽なアルバイトをランキング形式で紹介します。
本当に薄給?勤続年数別・男女別に介護士の給料を比較
介護士は、人手が不足していることや給与が低いことが度々問題となっています。介護士になりたい方は、不安を感じていることでしょう。この記事では、厚生労働省の情報を基に、介護士の給料を年齢別・男女別にまとめています。
転職時に必要な手続きまとめ【退職願・税金・年金・保険・失業手当】
転職する際に必要な諸手続きをまとめました。必要であろう手続き方法は全て記載しているので、転職を検討している方、転職を決めた方は、一読してみてください。
秘書の仕事内容・必要な能力、秘書になる方法まとめ
意外と知られていない秘書の仕事内容をまとめました。仕事内容を知ることで、自分に合った仕事かどうかを確認できます。また、秘書になる方法もまとめたので、仕事探しの参考にしてください。
面接が苦手な人の99%は、明らかに面接対策が足りていない
面接に苦手意識を持っている方は多いと思います。しかし、面接が苦手な人のほとんどは、面接対策が不十分な状況で、面接に臨んでいます。これでは、面接の本番で焦るのも仕方ありません。この記事では、面接前に絶対にやっておくべき準備を解説しているので、面接対策の参考にしてください。
面接でありがちな失敗とその対策方法を解説
面接のような大事な場面で失敗してしまうのが人間です。しかし、ほとんどの失敗は事前に対策方法を知っていれば避けることができます。この記事では、面接でありがちな失敗とその対策方法を解説しています。近いうちに面接をする方は、参考にしてみてください。
おすすめ介護漫画3選!介護現場の実際を楽しく学ぶ
親の介護に頭を悩ます方は多いでしょう。若い方でも、いずれ親の面倒を見なければならないので、介護問題は他人事ではありません。介護漫画は、介護経験者が抱えている悩みや親の面倒を見ることに対する葛藤を、分かりやすく表現しています。この記事では、おすすめの介護漫画9選を紹介しているので、介護問題に興味がある方は、ぜひ一読してみてください。
合理的な仕事の選び方|優先順位を明確にすると仕事選びで後悔しない
【無料で読める!】転職したいなら読んでおくべき本10選
面接が怖い方へ。恐怖心を無くすだけでなく、人生を向上させる方法
面接は仕事を決める重要なイベントなので、緊張するのは当たり前です。しかし、人によっては異常に恐怖心を感じる方もいるでしょう。恐怖心を消すのはそう簡単ではありません。小手先のテクニックで恐怖心を消すことはできないです。この記事では、面接への恐怖心を消すための大胆な方法を紹介しているので、ぜひ一読してみてください。
英語を活用する仕事9選!意外と英語を使わない仕事も紹介
英語を使う仕事ってなんとなくかっこいいですよね。また、海外で働くことに憧れている方も多いでしょう。この記事では、英語を活用する仕事を紹介しているので、一読してみてください。参考として、意外と英語を使わない仕事も紹介します。
未経験OK!クリエイティブな仕事一覧
単純労働よりも頭脳労働が好きな人はいると思います。また、頭脳労働は単純労働と比較すると、能力の積み重ねがあるため、キャリア形成の上でも良い方向に働きます。この記事では、未経験でも働けるクリエイティブな仕事を紹介しているので、仕事選びの参考にしてみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧