面接官受けを気にした方が良い?面接で長所を聞かれたときの答え方とは

面接で長所を聞かれたときの答え方とは

自分の長所は、面接で聞かれる定番の質問です。

 

自分に自信がなかったり、あまり自分が好きではない方にとって、面接官に自分の長所を発表するのは辛いかもしれません。

 

この記事では、面接官の心理を基に、合格しやすい長所の答え方について紹介します。

 

また、自分の長所が分からない方のために、面接官に伝わりやすい長所を一覧にしているので、面接対策に活用してください。

目次

 

1. 長所を聞く面接官の心理

 

2. 長所の見つけ方

 

3. 面接官に評価されない長所の答え方

 

4. 長所一覧

長所を聞く面接官の心理

面接官の仕事は、面接を通じて優秀な人材を確保することです。

 

優秀な人材を確保するためには、面接で応募者が活躍できるかどうかを判断しなければなりません。

 

そのため、面接官はいくつかの質問の中で

 

  • 応募者の将来性
  • 応募者の人格

 

を判断します。

 

質問に対する答えが、企業が求める人材とマッチしていれば合格になりますし、マッチしていなければどれだけ性格や頭が良くても不合格になります。

 

 

長所を聞かれたときは、面接官に自分の強みをアピールできる最大のチャンスです。

 

恐れることなく、自分が普通の人よりも得意なことを堂々とプレゼンしましょう。

 

面接官自身も、応募者が得意なことは一体何なのかを知りたがっています。

長所の見つけ方

『自分の長所を答えるなんて楽勝じゃん』という人と『自分の長所ってよく分からない…』という人がいます。

 

重要なことは、面接官に自分の強み・人格を伝えることです。

 

自分にとって凄いことよりも、面接官が聞いて『なるほど!この子は凄いな!』と思わせなければなりません。

人から褒められたこと


社会に出ると、自分の評価は自分自身ではなく他人が決めます。

 

いくら自分の中で得意だと思っていることでも、他人が認めなければ社会的には評価されません。

 

逆に、自分の中では当たり前のことでも、他人から見たら凄いことだってあるんです。

 

 

管理人は大学時代から趣味でWebサイトを運営しています。

 

自分にとっては、Webサイトの運営なんて超簡単だし、ある一定のラインを越えたらWordと変わらないと思っています。

 

しかし、家族や友人からは、めちゃくちゃ尊敬されますし、とても高レベルのことをしていると勘違いしてくれます笑。

 

大したことではないと思っていたのでWebサイトが作れることを人に話したことはなかったのですが、それ以降いろんな場面で人に話すようになりました。

 

就活での面接でも、Webサイト運営の話は、面接官の食いつきがかなり良かったのを覚えています。

 

 

このように、他人に話したときに驚かれたり、尊敬されたりするようなことを長所として発表すると、面接官の心は動きやすいと思います。

 

他人の反応を見て、自分の評価を判断することは、客観性・論理力を鍛える意味でもとても良いことですよ。

人より得意なこと


長所・短所というのは、他人との比較により決まります。

 

例えば、「優しい」ことが長所の人は、普通の人よりもさらに優しくなければ、長所としては認められません。

 

面接官:『あなたの長所は何ですか?』

 

応募者:『優しいことです。』

 

面接官:『自分が優しいと思う理由はなんですか?』

 

応募者:『お礼を言われたときに、きちんとありがとうと言うからです。』

 

面接官:『なるほど。それでは次の質問です。(そんなの普通やないか!)』

 

当たり前のことを長所として発表してしまうと、聞いてる方からしたらとても薄っぺらく聞こえてしまいます。

 

面接官に長所をアピールするのであれば、明確に他の人よりも秀でていることが好ましいです。

 

 

『私に良いところなんてない…』

 

中には自分が他の人より得意なことが一切思い浮かばない人もいるかもしれません。

 

しかし安心してください。

 

自分にとっては当たり前のことこそ、周りの人にとってはすごいことだったりするんです。

 

先ほど例として出した「優しさ」だって、面接の数分間で本当に優しさが伝わってくれば、立派な長所として面接官にアピールできます。

 

これまで所属してきたあらゆる人間関係の中で、自分が他人よりも少しでも秀でてることがあれば、それを存分にアピールしましょう。

 

自分の長所がよく分からない方のために、長所の一覧をに用意しました。

 

面接対策に活用してみてください。

 

 

ちなみに、長所は全国民の上位1%に入るようなトップクラスのものではなくてもOKです。

 

真ん中よりやや上ぐらいでも、長所として発表しても良いと思います。

 

イメージ的に言うと、上位30%ぐらいですかね。

 

管理人自身も、就活のときに自分の長所がなくて悩みましたが

 

『普通の人より少しでも得意なことは長所だろ!』

 

と考えてからは、自信をもって長所を答えられるようになりました。

 

面接官は100人に1人の天才を発掘したいわけではないので、真ん中より上程度でも十分長所と言えます。

面接官に評価されない長所の答え方

人格が伝わりづらい


面接官は質問を通じて、あなたがどういう人なのかという「人間性」を知りたがっています。

 

そのため、長所として「野球が得意なこと」とか「勉強が得意なこと」、「笑顔」というのはあまり良くないです。

 

長所を答えるときは、人格を示すような言葉を使いましょう。

声が小さい、挙動不審


長所を答えるときに関わらず、面接では、声が小さかったり自信がなさそうに見えたりするのは、圧倒的に不利です。

 

就活では面接の数分間で、企業に対するあなたの適性を判断されてしまうため、残念ながら人見知りの方や大人しい方は不利になってしまうんです。

 

しかし、仮に無口で大人しい人でも、自分のことを相手に伝える意思さえあれば、合格するしないに関わらず面接官の心には響きます。

 

 

一番良くないのは、「いろいろ質問したけど、結局どんな人なのかよく分からなかったな…」と思われることです。

 

不器用でも、自分自身のことを必死に伝えようとしている人であれば、必ず相性の合う企業が存在します。

 

普段は声が小さくも、面接では、しっかりと自信をもって答えてください。

 

 

特に長所を答えるときは、自分の強みを主張する時間なので、自信なさそうに答えていたら『もしかしてウソかな?』と思われてしまいます。

 

無口な人だと思われるのは全然OKですが、嘘つきだと思われたら、確実に落とされるので気を付けてください。

面接官受けを気にし過ぎない


自信を持って受け答えするのは良いことですが、度が過ぎると、不自然だと思われます。

 

管理人自身も、今考えると面接のときに、面接官からしたら受かりたくて必死の青年だったと思います笑。

 

しかし、必死過ぎたり、単純な質問にべらべらと長文で返されると、コミュニケーション能力不足だと思われてしまうので、あまり良くないです。

 

やる気を空回りさせないように気を付けましょう。

 

 

また、企業が求めているであろう要素を長所にするのも、あまりおすすめしません。

 

確かに、演技が上手い人であれば、ウソをついて企業が喜ぶような人格を演じたほうが、面接に通る可能性は高くなるかもしれません。

 

しかし、面接官は社内で結果を出してる人と似ている人を採用することが多いです。

 

そのため、偽の人格で面接に挑んで合格したとしても、入社後にその企業で活躍できる可能性は低いと思います。

 

 

無内定の危機的状況であれば、企業に自分を合わせてしまうかもしれません。

 

企業に自分を合わせるのは長期的に見て得策とは言えないので、業界を変えるほうが良いと管理人は思います。

 

大学時代の管理人の後輩は、化学メーカーには全落ちしましたが、半導体メーカーを受けたところ、複数の大企業から内定をもらっていました。

 

同じメーカーですら、求める人材には違いが出ます。

 

どうしても面接に通らない方は、思い切って違う業界の面接を受けてみてはいかがでしょうか。

長所一覧

リーダーシップ コミュニケーション能力 協調性 柔軟性
計画性 行動力 積極性 主体性
忍耐力 努力家 責任感 ポジティブ
調整力 几帳面 論理的 向上心
真面目 負けず嫌い 気配り 継続力
好奇心 チャレンジ精神 諦めない 素直

関連ページ

転職が怖い?転職すべきかを冷静に判断できる4つの要素
人間は安定を求めるものなので、たとえ今の職場に不満があったとしても、転職を恐れます。そんな人は仕事の適正を測れる4つの要素を検討してみましょう。
転職で失敗する3つのパターンとその対策法
ネット上には転職失敗談がたくさん存在します。転職は成功すれば良いですが、失敗すれば後悔の連続…。当サイトでは転職で失敗しないための方法を紹介してるので転職を考えてる方はぜひ参考にしてください。
資格を取るのは無駄?就活における資格の役割とは
就活を有利にするために資格を取る人は多いですが、果たして意味はあるのでしょうか。当サイトでは「就活における資格の役割」と、「就活を有利に進めれる資格の取り方」を紹介します。
やりたいアルバイトとやりたくない正社員、どちらか迷ってる方へ
心の底から楽しめるアルバイトと本当はやりたくないけど将来が安定な正社員、どちらを選ぶか迷ってる方は多いでしょう。当サイトでは将来どちらが後悔せず過ごせるかを「性別」や「結婚」などの観点からアドバイスします。
お金とやりがいどっちが大事?後悔しない仕事の選び方
最近の若者はお金よりもやりがいを重視する人が多いようですね。ただ将来的に家庭を持つことを考えるとやりがいだけにこだわるのも良くないです。当サイトでは「お金」と「やりがい」の観点から後悔しない仕事の選び方を紹介します。
正社員として働ける楽な仕事ランキング
バイトや派遣社員ではなく、何十年もその仕事で生活できるような仕事を楽な順にランキング形式で紹介しています。現在特別なスキルがない方でも、働ける仕事を選んでいるので、出来るだけ楽な仕事を探したい方はぜひ参考にしてください。
正社員で楽な仕事が多い求人サイトを紹介
楽してお金が稼げるか!と思われがちですが、世の中には比較的楽な仕事ときつい仕事があるのも事実です。当サイトでは正社員で楽な仕事の求人が多いサイトを紹介しています。興味がある方は参考にしてください。
正社員で簡単な仕事が多い求人サイトを紹介
中々達成できないことをこなしていくことも楽しいですが、簡単な仕事を的確にこなすのも大切なことです。当サイトでは正社員で簡単な仕事が多い求人サイトを紹介します。興味がある方はぜひ参考にしてください。
ネット上で見抜く!ブラック企業を見分ける具体的な方法
自分の理想に合った企業を選ぶためには、求人サイトやホームページから企業の情報を見抜く力が必要です。当サイトではネット上の情報からブラック企業を見分ける方法を具体的に紹介しています。
転職の面接で聞かれる質問一覧。答えるときのコツ
転職するためには、転職先の企業の採用面接を通過しなければなりません。採用の可否は面接での回答・印象で決まるため、事前の準備が大切です。この記事では、転職の面接で聞かれる質問を一覧にして紹介するので、面接対策に活用してください。
面接に適したスーツとは?リクルートスーツの選び方を紹介
面接において、見た目の印象はとても重要です。そのため、スーツ選びで手を抜いてはいけません。この記事では、就活生に向けて、正しいリクルートスーツの選び方を伝授しています。スーツ選びに悩んでいる方は、一読してみてください。
業種別おすすめの資格一覧。実用性・難易度・費用・独学の可否を確認
業種別におすすめの資格を一覧形式で紹介しています。実用性・難易度・費用・独学の可否など、気になる情報を確認することができます。資格選びに迷ってる方は、一読してみてください。
面接で趣味を聞く目的とは?各趣味が面接官に与える印象を解説
面接において、趣味は志望動機や自己紹介に次いで多い質問です。プライベートなことだけに、何を言えば正解なのか迷う方が多いでしょう。この記事では、面接官が趣味を聞く目的を紹介し、各趣味が面接官に与える印象を解説します。
楽して稼ぎたい方必見!楽なアルバイトランキング
お金は欲しいけどしんどいことはしたくない…。世の中には辛いバイトもありますが、楽なバイトもたくさんあります。とりあえずお金だけ欲しい方は、楽して稼げるアルバイトを探してみましょう。この記事では、楽なアルバイトをランキング形式で紹介します。
本当に薄給?勤続年数別・男女別に介護士の給料を比較
介護士は、人手が不足していることや給与が低いことが度々問題となっています。介護士になりたい方は、不安を感じていることでしょう。この記事では、厚生労働省の情報を基に、介護士の給料を年齢別・男女別にまとめています。
転職時に必要な手続きまとめ【退職願・税金・年金・保険・失業手当】
転職する際に必要な諸手続きをまとめました。必要であろう手続き方法は全て記載しているので、転職を検討している方、転職を決めた方は、一読してみてください。
秘書の仕事内容・必要な能力、秘書になる方法まとめ
意外と知られていない秘書の仕事内容をまとめました。仕事内容を知ることで、自分に合った仕事かどうかを確認できます。また、秘書になる方法もまとめたので、仕事探しの参考にしてください。
面接が苦手な人の99%は、明らかに面接対策が足りていない
面接に苦手意識を持っている方は多いと思います。しかし、面接が苦手な人のほとんどは、面接対策が不十分な状況で、面接に臨んでいます。これでは、面接の本番で焦るのも仕方ありません。この記事では、面接前に絶対にやっておくべき準備を解説しているので、面接対策の参考にしてください。
面接でありがちな失敗とその対策方法を解説
面接のような大事な場面で失敗してしまうのが人間です。しかし、ほとんどの失敗は事前に対策方法を知っていれば避けることができます。この記事では、面接でありがちな失敗とその対策方法を解説しています。近いうちに面接をする方は、参考にしてみてください。
おすすめ介護漫画3選!介護現場の実際を楽しく学ぶ
親の介護に頭を悩ます方は多いでしょう。若い方でも、いずれ親の面倒を見なければならないので、介護問題は他人事ではありません。介護漫画は、介護経験者が抱えている悩みや親の面倒を見ることに対する葛藤を、分かりやすく表現しています。この記事では、おすすめの介護漫画9選を紹介しているので、介護問題に興味がある方は、ぜひ一読してみてください。
合理的な仕事の選び方|優先順位を明確にすると仕事選びで後悔しない
【無料で読める!】転職したいなら読んでおくべき本10選
面接が怖い方へ。恐怖心を無くすだけでなく、人生を向上させる方法
面接は仕事を決める重要なイベントなので、緊張するのは当たり前です。しかし、人によっては異常に恐怖心を感じる方もいるでしょう。恐怖心を消すのはそう簡単ではありません。小手先のテクニックで恐怖心を消すことはできないです。この記事では、面接への恐怖心を消すための大胆な方法を紹介しているので、ぜひ一読してみてください。
英語を活用する仕事9選!意外と英語を使わない仕事も紹介
英語を使う仕事ってなんとなくかっこいいですよね。また、海外で働くことに憧れている方も多いでしょう。この記事では、英語を活用する仕事を紹介しているので、一読してみてください。参考として、意外と英語を使わない仕事も紹介します。
未経験OK!クリエイティブな仕事一覧
単純労働よりも頭脳労働が好きな人はいると思います。また、頭脳労働は単純労働と比較すると、能力の積み重ねがあるため、キャリア形成の上でも良い方向に働きます。この記事では、未経験でも働けるクリエイティブな仕事を紹介しているので、仕事選びの参考にしてみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧