正社員として働ける楽な仕事ランキング

正社員として働ける楽な仕事ランキング

正社員として働ける楽な仕事ランキング

 

 

楽してお金を稼ぐ方法なんてない!

 

苦労して働け!

 

 

 

こういう労働に対する頑固おやじ的な考え方は、特に高齢者を中心に未だに根強く残っています。

 

しかし楽な仕事を探すことは決して悪いことではないし、誰だって同じ給料なら楽な仕事を選ぶはず。

 

また当然ですが世の中にはきつい仕事ばかりではなく、楽してお金を稼げる仕事も存在します。

 

 

当サイトでは正社員として働ける楽な仕事をランキング形式で紹介します。

 

紹介する仕事はどれも現実的に考えて就職できるような仕事を選んでいます。

 

つまり、「治験」や「試験監督」などアルバイトが中心の仕事は選んでいません。

 

出来るだけ楽な仕事に就きたい方や、仕事よりも趣味に生きたい方はぜひ参考にしてください。

 

 

目次

 

1. 楽な仕事とは?

 

2. 精神的に楽な仕事ランキング

 

3. 肉体的に楽な仕事ランキング

 

4. 要注意!きつい仕事ランキング

 

5. 番外編!隠れた楽な仕事ランキング

 

楽な仕事とは?

精神的に楽な仕事と肉体的に楽な仕事がある

 

まず、楽な仕事を探す前に、自分にとってきついことは何なのかを考える必要があります。

 

管理人が考えるに楽な仕事は大きく分けて2つ。

 

精神的に楽な仕事

 

肉体的な楽な仕事

 

 

精神的に楽な仕事とは?

人間関係が悪い仕事や、ノルマが厳しい仕事は精神的にきつい傾向にあります。

 

基本的に仕事内容がきついと人間関係も悪くなるので、楽な仕事を選ぶことで平和に働くことができるでしょう。

 

また精神的に楽な仕事の特徴として、ルーティンワーク系の仕事が挙げられます。

 

つまり毎日決まりきった業務を機械的に行っていれば、お金を稼げる仕事。当然ミスが起こりづらいので怒られることも少ないです。

 

 

肉体的に楽な仕事とは?

肉体的にきつい仕事は、単に肉体労働系の仕事だけでなく、休みが少ない仕事や残業が多い仕事も含まれます。

 

つまり肉体的に楽な仕事は、拘束時間が短く労働量が少ない仕事のことを指します。

 

一般的なブラック企業はどれも肉体的にきつい仕事に当てはまりますね。

 

 

やりがいがあれば肉体的にきつくても仕事をこなせると思いますが、お金のために働いてる場合、肉体的にきつい仕事は地獄です。

 

弁護士や医者、研究者など高学歴しかなれない仕事や、IT系やベンチャーなど発展途上の分野である仕事は肉体的にきつい傾向にあります。

 

特に上記の職種は社員がなりたくてなってる場合が多く、きつくても楽しく働いてるパターンが多いので、間違えて入社するとえらいことになっちゃいますよ。

精神的に楽な仕事ランキング

事務職員

 

 

事務系の仕事は「ノルマ」がないため、精神的に楽な仕事といえます。

 

当然、会社に属する場合社員に求められるのは、「利益」を生み出すこと。

 

お金儲けをしなければ会社は成長することができません。つまり社員には与える給料以上のお金を稼がせないいけないので、当然社員にはノルマが設定されます。

 

 

しかし、事務職員の主な仕事は、会社のお金の管理やイベントの設営など、直接利益とは関係ないことです。

 

なので、事務職員に「ノルマ」という概念は存在しません。

 

しかも、事務系の仕事内容は毎年だいたい同じなので、一度こなすことができればあとはルーティンワークです。

 

事務職であれば「自分の能力が低いせいで上司から怒られる!」という悲しい思いをすることはないでしょう。

 

〇職歴がない方(ニート、フリーター、既卒)

 

【関東限定】⇒ハタラクティブで事務職を探す

 

【全国対応】⇒ジェイックで事務職を探す

 

〇転職希望の方

 

【全国対応】⇒MS-Japanで事務職を探す

 

ライター

 

 

雑誌やインターネットなど様々な媒体で「ライター」が存在します。

 

その中でも特におすすめなのが「WEBライター」。

 

つまりインターネット上の記事を作成するライターです。

 

 

WEBライターの利点は在宅で仕事をこなせることです。

 

インターネットやスカイプを介して記事の内容を受注して、記事を作成し発注元に納品します。

 

発注先とネット上のみでやりとり可能なため、煩わしい人間関係を避けることができます。

 

また通勤する必要もなければ、寝る時間も自由なため、生活時間を自分でコントロールできるという利点もあります。

 

ただし始めのうちは超薄給なため、副業として取り組むのが良いでしょう。

 

クラウドワークスやランサーズなどで良質な記事を挙げると、そのうち専属ライターの誘いが発注先から来るはずです。

 

そうなれば高単価の仕事を発注してもらえるので、サラリーマンよりもはるかに大金を稼ぐことができます。

 

中には副業で100万円以上も稼ぐ方もいますからね。

 

 

企業にライターとして雇われる場合は、普通のサラリーマンと同様、通勤したり面倒なルールに従う必要がありますが、比較的楽な部類でしょう。

 

「ライター」と聞くと難しくて誰にでもできる仕事ではないように感じますが、ほとんどのライターはテンプレがあり、それに従って記事を書くだけなので、それほど難しくありません。

 

例えばマックスむらいさんで有名な「AppBank」やスマホゲームの攻略で人気の「GameWith」のサイトを閲覧してみましょう。

 

両サイトは正社員としてライターを雇い巨大ウェブメディアを運営していますが、記事の内容はテンプレに沿って書いてるのが見えみえで、それほど高度なライティング力は必要としないことが分かります。

 

AppbankやGameWithなどは超有名なため、なかなか就職するのが難しいかもしれませんが、探せばいくらでもメディアを見つけることができるはずです。

 

また個人WEBライターと違い会社に所属しているため、世間体も悪くありません。

 

 

「文章を書く」能力は、あらゆる仕事に応用することができます。

 

たとえ職が変わったとしても、ライティング能力は引き継がれるので決して損することはないですからね。

 

 

職人

 

 

専門的な技能を持った職人。

 

製造業や建築業など様々な分野で「職人」と呼ばれる人がいます。

 

 

専門職は代わりが効かない仕事が多いため、職を失うリスクがほとんどありません。

 

職人は専門学校で学んだり、その道何十年の師匠に就くことで技を磨きますが、一度プロになってしまえば上下関係から離れることができます。

 

ライバル企業なく競争も緩いため、常識的な仕事量をこなしていれば、それほど肉体的にもきつい仕事は少ないですね。

 

 

また「職人」と聞くと、木工や伝統芸能など古典的なものが連想されますが、最近はIT関連の職人も増えています。

 

例えばパソコンを利用したプログラミングやデザイナーはまだ歴史が浅く、今後の発展が期待されるため、今のうちにスキルを身につけると将来役に立つかもしれません。

 

あらゆる分野に専門職は存在するため、興味がある仕事が見つかったら詳しく調べてみると良いでしょう。

肉体的に楽な仕事ランキング

工場勤務(製造職)

 

 

工場と聞くと肉体労働をイメージすると思いますが、体力を使う仕事は意外と少ないです。

 

特に言われた通りに単純作業を繰り返す立場から指導する立場になると、さらに仕事の内容は楽になります。もちろんその分責任が伴いますが。

 

 

今回は正社員として工場に勤務する場合を仮定しますが、仕事内容は非常に楽だといえます。

 

もちろんサラリーマンなので上下関係や会社のルールを守る必要はありますが、受注した仕事をアルバイトに指示するだけなので、体力的には楽な部類に入ります。

 

 

さらに仮に単純作業の一員として雇われた場合も、真面目に働いていれば指導する立場になることができます。

 

最終的に指導者として活躍できることを見込めるからこそ、正社員として雇っているからです。

 

〇職歴がない方(ニート、フリーター、既卒)

 

【関東限定】⇒ハタラクティブで製造職を探す

 

【全国対応】⇒ジェイックで製造職を探す

 

〇転職希望の方

 

【全国対応】⇒工場ワークスで製造職を探す

 

薬剤師

 

 

薬剤師は資格さえ持っていれば需要があるため、産休が必要な女性に人気の職業。

 

仕事内容がある程度ルーティン化している割に、給料が良いのでかなりおすすめできます。

 

 

薬剤師が楽なうえに稼げる仕事であることは知られていますが、薬剤師になるまでが大変です。

 

薬剤師になるためには薬剤師養成課程を6年間修了し、国家試験に合格しなければなりません。

 

薬剤師養成課程とは大学の薬学部で履修することが可能ですが、大学の薬学部は医学部に次ぐ難易度であり、そう簡単に合格することはできません。

 

国家試験の合格率は70〜90%と比較的高いですが、受験者のレベルが非常に高いため、大学の薬学部に合格する見込みが方にしか参考になりません。

 

 

また男性の場合は、やや立場的に弱くなることを覚悟しなければなりません。

 

なぜならば病院というのは暗黙の中で上下関係がはっきりしており、医者よりも薬剤師の立場が高くなることはありません。

 

薬剤師になった方の中には、「どうせなら医者を目指したほうが良かった…」と思う方も少なくないようです。

 

 

ただし国家試験の年齢制限はないため、勉強に自信がある方は薬剤師を目指してみても良いでしょう。

 

仕事自体は本当に楽ですからね。

 

 

受付

 

 

美術館やデパートの受付。

 

 

一般的な接客業や販売業の中でも群を抜いて楽な仕事です。

 

もちろん「暇」で仕方ないという欠点はありますが、休む暇もなく働く仕事と比較すると肉体的にはかなり楽だといえます。

 

場合によっては座りっぱなしでもOKなところもあります。

 

 

受付は女性が従事する職業というイメージもありますが、接客業や販売業の中でもほとんど受付と変わらないような仕事もあるので、男性で興味ある方も根気よく探してみると良いでしょう。

 

〇職歴がない方(ニート、フリーター、既卒)

 

【関東限定】⇒ハタラクティブで受付職を探す

 

【全国対応】⇒ジェイックで受付職を探す

要注意!きつい仕事ランキング

楽な仕事が分かっていてもピンポイントに仕事を選べない方もいます。

 

なので逆にきつい仕事を避けることで、消去法的に仕事を探す方法もあります。

 

ということで一般的に「きつい」といわれている仕事をランキング形式で紹介します。

 

 

プログラマー・デザイナー

 

 

IT関連の職業は基本的に超絶ブラックです。

 

この業界は競争が激しいため、納期やノルマも厳しく、肉体的にも精神的にもきついことで有名ですね。

 

 

土日きっちり休んで、夕方の6時に家に帰る公務員のような生活スタイルは諦めましょう。

 

また、会社からのノルマや納期が厳しいのは当然ですが、上司からの鋭い口撃にも耐えうるような精神力も必要です。

 

IT企業の離職率は他の職種と比較すると明らかに大きいのも、この業界の厳しさを物語っています…。

 

 

逆に利点を挙げると、プログラマーやデザイナーとして激務をこなすことで、社会人として必要な能力を身につけることができます。

 

多少きついノルマでも平気で対応できるようになりますし、単純に仕事量が多いので学ぶものも多いです。

 

さらにIT関連は職業としての歴史が浅いため、若くして指導する側になったり、経営に携わるような仕事を任される可能性があります。

 

そういう意味では激務に耐えてでも、スキルを身につけたい方はIT業界に入ってもよいかもしれません。

 

 

もしくは個人プログラマーとして活動するのもおすすめです。

 

自分のペースで働けるので、理不尽な仕事量や人間関係を強いられることもありません。

 

ただし企業や個人など競争相手は多いので、個人だからと言って楽して働けえるわけではないことを覚えておきましょう。

 

 

新規開拓営業

 

 

文系の大学を出た方の多くは、少なからず営業の仕事を任されます。

 

営業には大きく分けて2種類あり、一つはルート営業と呼ばれるもので、もう一つは新規開拓営業と呼ばれるものです。

 

 

ルート営業とはあらかじめ互いに信用が確立されている顧客に対して、定期的に顔見せしながら自社の商品を紹介する営業のことです。

 

営業はきついイメージがありますが、相手との信用が得られている分、精神的な負担は少ないです。

 

 

一方で新規開拓営業は、新規の顧客を獲得するための営業です。

 

いわゆる飛び込み営業などが新規開拓営業に含みます。

 

突然家や会社に訪問して商材を売り込まなければならないため、見ず知らずの人に拒否されたり暴言を吐かれたりすることも少なくありません。

 

 

しかし新規開拓営業にとって本当にきついのは顧客との関係ではなく、会社からの厳しいノルマです。

 

会社は学校ではないため、各々の実績を数字ではっきりと比較してきます。

 

つまり会社内で自分がどれだけの結果を出してるのか、ノルマを達成しているのかということが明確に表れてしまうんです。

 

 

さらに細かいことを言いだせば新規開拓営業では、新たに獲得した顧客に対して商材を販売したその後も、継続的に関係を作り、サポートするという責任も生じます。

 

 

営業が得意な人であれば楽しい仕事かもしれませんが、向いてない人にとってはとことんきつい仕事です。

 

丁寧に会社を調べればルート営業か、新規開拓営業かは見分けれるはずなので、楽な仕事に就きたい方は新規開拓営業を避けることをおすすめします。

 

 

コンビニや飲食店の店長

 

 

店長の仕事の多くは、バイトの指導と利益追求です。

 

 

他の仕事同様、店長にも売上のノルマがあるため、売上が悪いと上の人間からがっつり絞られます。

 

しかし、コンビニや飲食店の売上を上げることはそう簡単なことではありません。

 

そもそも店の売上なんて立地や治安、企業のネームバリューなどで決まるため、店長個人がどれだけ頑張ったって変わるものではありません。

 

営業とは異なり個人の努力が報われずらいという欠点があります。

 

 

また店長はバイトの指導も仕事内容に含まれます。

 

バイトの指導が甘いとお客さんからのクレームが増えたり、最悪売上が下がることにつながります。

 

しかし、アルバイトをしてる方からすれば、どれだけ努力しようが手を抜こうが、もらえるお金は同じです。

 

アルバイトの育成は想像以上に大変なことでストレスが溜まります。やる気のないアルバイトのミスは後々責任が店長に降りかかるからです。

 

 

店長以外で言えば塾長なども、アルバイトを相手に経営を成り立たせなければならないため、きつい仕事に含まれますね。

番外編!隠れた楽な仕事ランキング

これまで紹介した職業はどれも世間的に認められた職業ですが、次に世間体が悪かったり、親から認められないような仕事ですが、楽して稼げる仕事を紹介します。

 

真っ当な仕事よりも隠れた仕事の方が、従事する人間の人口が少ないため、稼げるものです。

 

多少世間体が悪くても、効率よく稼ぎたい方におすすめ。

 

もちろん犯罪ではないので安心してくださいね。

 

 

ブロガー

 

 

有益な情報を定期的に発信する人気ブロガーになることでお金を稼ぐことが出来ます。

 

お金は広告収入から発生します。テレビ番組と同じですね。

 

 

ブロガーのほとんどはお金を稼げていないと言われていますが、仕事的に取り組めばお金を稼ぐのはそう難しくありません。

 

もちろん毎日記事を書いてるだけでは儲けることはできませんが、ユーザーのことを考えながら、どうすれば人を集めることができるかを真剣に考え続ければ、いずれお金を稼ぐことができるようになります。

 

 

ブログのネタは自分が好きなことや得意なことを選ぶと良いです。

 

ブログを読む人は当り前の情報ではなく、珍しくて面白い内容を見たがっています。

 

例えば仮に今仕事をしていなくて無職だとしても、その話をネタにブログを書くことができます。

 

特にブロガーは遊び半分で取り組んでる方がほとんどなので、その中で本当に価値あるコンテンツを真剣に加えていけば、簡単に人気のブログを作ることができます。

 

 

さらにブロガーの収入には制限がありません。

 

サラリーマンで月収100万円を超えるのはまず不可能ですが、ブロガーであれば本人の努力次第でいくらでも稼ぐことができます。

 

一つのブログだけで100万円以上稼ぐ話はあまり聞いたことがありませんが、複数のブログを運営すればそう無理な話でもありません。

 

 

無料ブログを使えば完全に無料でブログを始めることが出来るので、興味がある方はとりあえず始めてみることをおすすめします。

 

 

専業トレーダー

 

 

株やFXで生計を立てる人のことを、専業トレーダーといいます。

 

 

安定して稼ぐことはできませんが、一度スキルを得てコツをつかんでしまえば継続的に稼ぐことができます。

 

株で稼げるわけないじゃん!と思われるかもしれませんが、世の中には専業トレーダーがたくさんいる時点で、株やFXで稼ぐことは不可能ではないんです。

 

例えばTwitterで専業トレーダーと検索すれば、いくらでも稼いでいるトレーダーが見つかります。

 

 

この手の仕事は片手間で稼ごうとすると失敗します。

 

あくまで本気で長期間継続的に取り組むことで、稼ぐことが出来るようになります。

 

 

さらに稼げる金額は儲かれば儲かるほど雪だるま式に増えていきます。

 

取引のスタイルによってはほとんど働かずに稼ぐこともできるようになるでしょう。

 

 

Youtuber

 

 

今子供に大人気のYoutuber。

 

子供がなりたい職業ランキングにも見事1位にランクインしていました。

 

 

ブロガーと比較するとYoutuberは稼ぐのが難しいかもしれませんが、稼ぐチャンスはあります。

 

なぜならばYoutuberのほとんどは「素人」だからです。

 

彼らは本気で楽しいことを考える面白さはありますが、「仕事的」に取り組むことの意味をあまり分かっていません。

 

例えば動画の演出に関しても、かなり雑で微妙なことが多いです。

 

トップユーチューバーであるヒカキンさんやはじめしゃちょーさんですら、プロとは思えないような演出の仕上がり。

 

最近は企業と提携するYoutuberが増えているため今後変わるかもしれませんが、まだまだ参入する余地があると思います。

 

 

またブロガーと同様、収入の上限がありません。仕事量を増やせば増やすほど収入は増えていきます。

 

 

当然ですが自分のペースで仕事できるうえに組織に所属しないため精神的な負担は全くないといえるでしょう。

 

 

周りの納得を得るのが難しいかもしれませんが、何かアイデアがある方は挑戦してみると良いでしょう。

 

 

⇒楽な仕事が多い求人サイトを紹介

関連ページ

転職が怖い?転職すべきかを冷静に判断できる4つの要素
人間は安定を求めるものなので、たとえ今の職場に不満があったとしても、転職を恐れます。そんな人は仕事の適正を測れる4つの要素を検討してみましょう。
転職で失敗する3つのパターンとその対策法
ネット上には転職失敗談がたくさん存在します。転職は成功すれば良いですが、失敗すれば後悔の連続…。当サイトでは転職で失敗しないための方法を紹介してるので転職を考えてる方はぜひ参考にしてください。
資格を取るのは無駄?就活における資格の役割とは
就活を有利にするために資格を取る人は多いですが、果たして意味はあるのでしょうか。当サイトでは「就活における資格の役割」と、「就活を有利に進めれる資格の取り方」を紹介します。
やりたいアルバイトとやりたくない正社員、どちらか迷ってる方へ
心の底から楽しめるアルバイトと本当はやりたくないけど将来が安定な正社員、どちらを選ぶか迷ってる方は多いでしょう。当サイトでは将来どちらが後悔せず過ごせるかを「性別」や「結婚」などの観点からアドバイスします。
お金とやりがいどっちが大事?後悔しない仕事の選び方
最近の若者はお金よりもやりがいを重視する人が多いようですね。ただ将来的に家庭を持つことを考えるとやりがいだけにこだわるのも良くないです。当サイトでは「お金」と「やりがい」の観点から後悔しない仕事の選び方を紹介します。
正社員で楽な仕事が多い求人サイトを紹介
楽してお金が稼げるか!と思われがちですが、世の中には比較的楽な仕事ときつい仕事があるのも事実です。当サイトでは正社員で楽な仕事の求人が多いサイトを紹介しています。興味がある方は参考にしてください。
正社員で簡単な仕事が多い求人サイトを紹介
中々達成できないことをこなしていくことも楽しいですが、簡単な仕事を的確にこなすのも大切なことです。当サイトでは正社員で簡単な仕事が多い求人サイトを紹介します。興味がある方はぜひ参考にしてください。
ネット上で見抜く!ブラック企業を見分ける具体的な方法
自分の理想に合った企業を選ぶためには、求人サイトやホームページから企業の情報を見抜く力が必要です。当サイトではネット上の情報からブラック企業を見分ける方法を具体的に紹介しています。
面接官受けを気にした方が良い?面接で長所を聞かれたときの答え方とは
長所は面接で聞かれる定番の質問です。正直に自分の長所を言えばそれで良いのですが、自分に自信のない人は、長所と聞かれると困ってしまうかもしれません。この記事では、長所を聞かれたときの答え方についてまとめているので、一読してみてください。
転職の面接で聞かれる質問一覧。答えるときのコツ
転職するためには、転職先の企業の採用面接を通過しなければなりません。採用の可否は面接での回答・印象で決まるため、事前の準備が大切です。この記事では、転職の面接で聞かれる質問を一覧にして紹介するので、面接対策に活用してください。
面接に適したスーツとは?リクルートスーツの選び方を紹介
面接において、見た目の印象はとても重要です。そのため、スーツ選びで手を抜いてはいけません。この記事では、就活生に向けて、正しいリクルートスーツの選び方を伝授しています。スーツ選びに悩んでいる方は、一読してみてください。
業種別おすすめの資格一覧。実用性・難易度・費用・独学の可否を確認
業種別におすすめの資格を一覧形式で紹介しています。実用性・難易度・費用・独学の可否など、気になる情報を確認することができます。資格選びに迷ってる方は、一読してみてください。
面接で趣味を聞く目的とは?各趣味が面接官に与える印象を解説
面接において、趣味は志望動機や自己紹介に次いで多い質問です。プライベートなことだけに、何を言えば正解なのか迷う方が多いでしょう。この記事では、面接官が趣味を聞く目的を紹介し、各趣味が面接官に与える印象を解説します。
楽して稼ぎたい方必見!楽なアルバイトランキング
お金は欲しいけどしんどいことはしたくない…。世の中には辛いバイトもありますが、楽なバイトもたくさんあります。とりあえずお金だけ欲しい方は、楽して稼げるアルバイトを探してみましょう。この記事では、楽なアルバイトをランキング形式で紹介します。
本当に薄給?勤続年数別・男女別に介護士の給料を比較
介護士は、人手が不足していることや給与が低いことが度々問題となっています。介護士になりたい方は、不安を感じていることでしょう。この記事では、厚生労働省の情報を基に、介護士の給料を年齢別・男女別にまとめています。
転職時に必要な手続きまとめ【退職願・税金・年金・保険・失業手当】
転職する際に必要な諸手続きをまとめました。必要であろう手続き方法は全て記載しているので、転職を検討している方、転職を決めた方は、一読してみてください。
秘書の仕事内容・必要な能力、秘書になる方法まとめ
意外と知られていない秘書の仕事内容をまとめました。仕事内容を知ることで、自分に合った仕事かどうかを確認できます。また、秘書になる方法もまとめたので、仕事探しの参考にしてください。
面接が苦手な人の99%は、明らかに面接対策が足りていない
面接に苦手意識を持っている方は多いと思います。しかし、面接が苦手な人のほとんどは、面接対策が不十分な状況で、面接に臨んでいます。これでは、面接の本番で焦るのも仕方ありません。この記事では、面接前に絶対にやっておくべき準備を解説しているので、面接対策の参考にしてください。
面接でありがちな失敗とその対策方法を解説
面接のような大事な場面で失敗してしまうのが人間です。しかし、ほとんどの失敗は事前に対策方法を知っていれば避けることができます。この記事では、面接でありがちな失敗とその対策方法を解説しています。近いうちに面接をする方は、参考にしてみてください。
おすすめ介護漫画3選!介護現場の実際を楽しく学ぶ
親の介護に頭を悩ます方は多いでしょう。若い方でも、いずれ親の面倒を見なければならないので、介護問題は他人事ではありません。介護漫画は、介護経験者が抱えている悩みや親の面倒を見ることに対する葛藤を、分かりやすく表現しています。この記事では、おすすめの介護漫画9選を紹介しているので、介護問題に興味がある方は、ぜひ一読してみてください。
合理的な仕事の選び方|優先順位を明確にすると仕事選びで後悔しない
【無料で読める!】転職したいなら読んでおくべき本10選
面接が怖い方へ。恐怖心を無くすだけでなく、人生を向上させる方法
面接は仕事を決める重要なイベントなので、緊張するのは当たり前です。しかし、人によっては異常に恐怖心を感じる方もいるでしょう。恐怖心を消すのはそう簡単ではありません。小手先のテクニックで恐怖心を消すことはできないです。この記事では、面接への恐怖心を消すための大胆な方法を紹介しているので、ぜひ一読してみてください。
英語を活用する仕事9選!意外と英語を使わない仕事も紹介
英語を使う仕事ってなんとなくかっこいいですよね。また、海外で働くことに憧れている方も多いでしょう。この記事では、英語を活用する仕事を紹介しているので、一読してみてください。参考として、意外と英語を使わない仕事も紹介します。
未経験OK!クリエイティブな仕事一覧
単純労働よりも頭脳労働が好きな人はいると思います。また、頭脳労働は単純労働と比較すると、能力の積み重ねがあるため、キャリア形成の上でも良い方向に働きます。この記事では、未経験でも働けるクリエイティブな仕事を紹介しているので、仕事選びの参考にしてみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧