転職で失敗する3つのパターンとその対策法

転職で失敗する3つのパターンとその対策法

世の中には100%自分の理想通りの仕事なんてほとんど存在しません。ていうかもしかしたらないかも…。

 

現在働いてる仕事の環境や収入に不満が多い人が考えがちなのが、「転職」です。

 

転職自体は悪いことではありません。むしろ世の中にはたくさんの仕事や会社があるため、今よりも理想的な環境で働ける場はきっと見つかるでしょうね。

 

 

ただし、正しく転職先の会社と今の会社を正しく吟味しなければ、今よりも悪い環境で働くことになってしまいます。

 

インターネットで「転職 失敗」と検索すれば、転職の失敗に関する体験談が山のように出てきます。

 

良い転職をするためには、転職で失敗するパターンとその対策法を覚えておきましょう。

 

転職で失敗する3つのパターン

 

1.今の仕事が嫌だという感情論

 

2.今の会社と転職先の会社の比較不足

 

3.将来性の低い業種への転職

今の仕事が嫌だという感情論

一番多いのはこれ。

 

人間は理性があるため合理的な考え方ができますが、それでもやっぱり感情論で考える方は多いです。

 

「頭では分かってるけど我慢できない」ってやつですね。

 

よくあるパターンは

 

・上司から自分の人格を否定されるほど怒られた

 

・月収13万円で遊ぶ金がない

 

・今の仕事が楽しくなさすぎる

 

・休みが月に1、2回しかない

 

どれも転職を考えるに値するほど辛いことですが、転職先では同様のことが起こらないかをイメージしてみましょう。

 

・上司から自分の人格を否定されるほど怒られた
→転職先の上司はどんな人?年齢層や性格のタイプを吟味すべき

 

 

・月収13万円で遊ぶ金がない
→転職先の収入は?このとき現在の収入だけでなく、今後その会社で働いた場合の将来的な収入も吟味すべき

 

 

・今の仕事が楽しくなさすぎる
→自分にとってはどういう仕事が楽しい?本当に仕事自体がつまらないのか、それとも人間関係やお金のせいでつまらなく感じるのかを吟味すべき

 

 

・休みが月に1、2回しかない
→自分にとってどれだけ休みが大事?好きな仕事ならいくらでも働けるのか、どんな仕事でも最低限月○日休みが欲しいという限度を吟味すべき

 

感情的に許せないことは飲み屋で友達とだべったり、恋人に相談するなりして解消すべきであって、転職先を決めるときにはあくまで合理的に!

 

転職に関しては感情論で決めるのは非常に危険です。

 

もし、「どんな会社でも良いから転職したい!」と考えてる方は↑のようによく吟味してから転職を決めましょう。

 

適当に決めれば決めるほど転職先が悪かったときに後悔しますよ。

 

上司が怖くて転職したのに、転職先の会社でもっと怖い上司が出来てしまった…では話になりませんからね。

今の会社と転職先の会社の比較不足

給料が安いからとにかくお金がいっぱいもらえる仕事へ!

 

これでは転職に失敗してしまうかもしれません。

 

例えば

 

月収25万円→人間関係良好、仕事楽しい、朝9時から夕方5時勤務

 

月収40万円→怒鳴り声が飛び交う職場、ストレスのたまる仕事、朝8時から夜10時勤務

 

であれば、よっぽどの守銭奴でない限り前者を選ぶはず。

 

さすがにここまで極端な例はあまりないかもしれませんが、一つの理由だけで転職を決めるのは少し考えが足りません。

 

 

 

 

仕事の満足度というのは、「お金」、「人間関係」、「やりがい」、「労働時間」の4つの要素で決まります。

 

⇒転職すべきかを冷静に判断する4つの要素

 

この4つを総合的に判断して、確実に転職先のほうが良いならば転職成功が期待できるでしょう。

 

 

 

 

もちろん実際に入ってみないと詳しい会社の環境というのは分からないかもしれませんが、とにかく転職先の会社については調べるだけ調べます。

 

インターネット上の口コミはもちろん、転職サイト・求人サイトの情報、友達に転職先と同じ職種に就いている人がいれば、会社の噂も教えてくれるでしょう。

 

どれだけ調べても予測が立てれないことがあれば、面接で聞いてしまうのも手です。

 

面接官も何らかの理由があってその人が転職することを分かってますから、その理由を解消するための質問であれば「お金」のことや「労働時間」のことでも答えてくれます。

 

雰囲気やイメージで判断するのではなく、あくまでも現実的に会社を比較して、どちらが自分に得かを考えるということですね。

将来性の低い業種への転職

もし今の仕事が楽しくなかったり、他の仕事に興味が湧いてきたのであれば、職種を変えるのも全然ありです。

 

ただし、職種を変える場合は業界の将来性を考慮すべきです。

 

当サイトは20代へ向けて情報を発信しているのでそれ前提で書きますが、今の給料だけでなく将来の会社や業界の将来性を考えることはとても重要です。

 

例えば今次々と単純労働の機械化が進んでおり、最近ではスーパーのレジも機械がしてくれるところも多いですよね。

 

逆にIT業界や医療分野はまだまだ成長の余地があります。

 

前者のように機械が代わりになるような仕事であったり、衰退する傾向にある業界に入ってしまうと、今の給料が良くても将来的には給料が減ったり、最悪の場合職を失うことになります。

 

後者のような成長業界はその時給料が安くても、5年後、10年後には比較にならないぐらい大きなお金を手にする可能性があります。

 

 

 

 

またイメージで違う職種に就くこともあまりおすすめしません。

 

外資系やベンチャー企業はバリバリ働いていてかっこいい印象があるかもしれませんが、実際はとんでもなく厳しい現場で有名です。

 

普通の会社であれば3年以内の離職率が7%程度ですが、外資系やベンチャーは当たり前のように15%を超えています。

 

職種自体にそれほど不満があるわけではないのであれば、今の仕事に近い職種にする方がイメージとのギャップがなくて精神的に楽でしょう。

 

 

 

 

また業種を変える場合は29才までが限度です。

 

30才を超えると会社は雇う人に対して即戦力を求め始めます。つまり今すぐ会社の利益になる仕事ができない人間は雇われなくなるんです。

 

全くの業界未経験者の30代を教育するぐらいならば、将来性のある20代を教育したほうが効率が良いのは明らかですからね。

 

つまり30才を過ぎれば転職したくてもどこも雇ってくれないので、30才までに自分が生涯勤める業種を決めなければならないということです。

 

 

 

 

果たして30才以降も自分はその業界で活躍することはできるのか、またそもそもその業界が存在してるのかを考えることが大切です。

関連ページ

転職が怖い?転職すべきかを冷静に判断できる4つの要素
人間は安定を求めるものなので、たとえ今の職場に不満があったとしても、転職を恐れます。そんな人は仕事の適正を測れる4つの要素を検討してみましょう。
資格を取るのは無駄?就活における資格の役割とは
就活を有利にするために資格を取る人は多いですが、果たして意味はあるのでしょうか。当サイトでは「就活における資格の役割」と、「就活を有利に進めれる資格の取り方」を紹介します。
やりたいアルバイトとやりたくない正社員、どちらか迷ってる方へ
心の底から楽しめるアルバイトと本当はやりたくないけど将来が安定な正社員、どちらを選ぶか迷ってる方は多いでしょう。当サイトでは将来どちらが後悔せず過ごせるかを「性別」や「結婚」などの観点からアドバイスします。
お金とやりがいどっちが大事?後悔しない仕事の選び方
最近の若者はお金よりもやりがいを重視する人が多いようですね。ただ将来的に家庭を持つことを考えるとやりがいだけにこだわるのも良くないです。当サイトでは「お金」と「やりがい」の観点から後悔しない仕事の選び方を紹介します。
正社員として働ける楽な仕事ランキング
バイトや派遣社員ではなく、何十年もその仕事で生活できるような仕事を楽な順にランキング形式で紹介しています。現在特別なスキルがない方でも、働ける仕事を選んでいるので、出来るだけ楽な仕事を探したい方はぜひ参考にしてください。
正社員で楽な仕事が多い求人サイトを紹介
楽してお金が稼げるか!と思われがちですが、世の中には比較的楽な仕事ときつい仕事があるのも事実です。当サイトでは正社員で楽な仕事の求人が多いサイトを紹介しています。興味がある方は参考にしてください。
正社員で簡単な仕事が多い求人サイトを紹介
中々達成できないことをこなしていくことも楽しいですが、簡単な仕事を的確にこなすのも大切なことです。当サイトでは正社員で簡単な仕事が多い求人サイトを紹介します。興味がある方はぜひ参考にしてください。
ネット上で見抜く!ブラック企業を見分ける具体的な方法
自分の理想に合った企業を選ぶためには、求人サイトやホームページから企業の情報を見抜く力が必要です。当サイトではネット上の情報からブラック企業を見分ける方法を具体的に紹介しています。
面接官受けを気にした方が良い?面接で長所を聞かれたときの答え方とは
長所は面接で聞かれる定番の質問です。正直に自分の長所を言えばそれで良いのですが、自分に自信のない人は、長所と聞かれると困ってしまうかもしれません。この記事では、長所を聞かれたときの答え方についてまとめているので、一読してみてください。
転職の面接で聞かれる質問一覧。答えるときのコツ
転職するためには、転職先の企業の採用面接を通過しなければなりません。採用の可否は面接での回答・印象で決まるため、事前の準備が大切です。この記事では、転職の面接で聞かれる質問を一覧にして紹介するので、面接対策に活用してください。
面接に適したスーツとは?リクルートスーツの選び方を紹介
面接において、見た目の印象はとても重要です。そのため、スーツ選びで手を抜いてはいけません。この記事では、就活生に向けて、正しいリクルートスーツの選び方を伝授しています。スーツ選びに悩んでいる方は、一読してみてください。
業種別おすすめの資格一覧。実用性・難易度・費用・独学の可否を確認
業種別におすすめの資格を一覧形式で紹介しています。実用性・難易度・費用・独学の可否など、気になる情報を確認することができます。資格選びに迷ってる方は、一読してみてください。
面接で趣味を聞く目的とは?各趣味が面接官に与える印象を解説
面接において、趣味は志望動機や自己紹介に次いで多い質問です。プライベートなことだけに、何を言えば正解なのか迷う方が多いでしょう。この記事では、面接官が趣味を聞く目的を紹介し、各趣味が面接官に与える印象を解説します。
楽して稼ぎたい方必見!楽なアルバイトランキング
お金は欲しいけどしんどいことはしたくない…。世の中には辛いバイトもありますが、楽なバイトもたくさんあります。とりあえずお金だけ欲しい方は、楽して稼げるアルバイトを探してみましょう。この記事では、楽なアルバイトをランキング形式で紹介します。
本当に薄給?勤続年数別・男女別に介護士の給料を比較
介護士は、人手が不足していることや給与が低いことが度々問題となっています。介護士になりたい方は、不安を感じていることでしょう。この記事では、厚生労働省の情報を基に、介護士の給料を年齢別・男女別にまとめています。
転職時に必要な手続きまとめ【退職願・税金・年金・保険・失業手当】
転職する際に必要な諸手続きをまとめました。必要であろう手続き方法は全て記載しているので、転職を検討している方、転職を決めた方は、一読してみてください。
秘書の仕事内容・必要な能力、秘書になる方法まとめ
意外と知られていない秘書の仕事内容をまとめました。仕事内容を知ることで、自分に合った仕事かどうかを確認できます。また、秘書になる方法もまとめたので、仕事探しの参考にしてください。
面接が苦手な人の99%は、明らかに面接対策が足りていない
面接に苦手意識を持っている方は多いと思います。しかし、面接が苦手な人のほとんどは、面接対策が不十分な状況で、面接に臨んでいます。これでは、面接の本番で焦るのも仕方ありません。この記事では、面接前に絶対にやっておくべき準備を解説しているので、面接対策の参考にしてください。
面接でありがちな失敗とその対策方法を解説
面接のような大事な場面で失敗してしまうのが人間です。しかし、ほとんどの失敗は事前に対策方法を知っていれば避けることができます。この記事では、面接でありがちな失敗とその対策方法を解説しています。近いうちに面接をする方は、参考にしてみてください。
おすすめ介護漫画3選!介護現場の実際を楽しく学ぶ
親の介護に頭を悩ます方は多いでしょう。若い方でも、いずれ親の面倒を見なければならないので、介護問題は他人事ではありません。介護漫画は、介護経験者が抱えている悩みや親の面倒を見ることに対する葛藤を、分かりやすく表現しています。この記事では、おすすめの介護漫画9選を紹介しているので、介護問題に興味がある方は、ぜひ一読してみてください。
合理的な仕事の選び方|優先順位を明確にすると仕事選びで後悔しない
【無料で読める!】転職したいなら読んでおくべき本10選
面接が怖い方へ。恐怖心を無くすだけでなく、人生を向上させる方法
面接は仕事を決める重要なイベントなので、緊張するのは当たり前です。しかし、人によっては異常に恐怖心を感じる方もいるでしょう。恐怖心を消すのはそう簡単ではありません。小手先のテクニックで恐怖心を消すことはできないです。この記事では、面接への恐怖心を消すための大胆な方法を紹介しているので、ぜひ一読してみてください。
英語を活用する仕事9選!意外と英語を使わない仕事も紹介
英語を使う仕事ってなんとなくかっこいいですよね。また、海外で働くことに憧れている方も多いでしょう。この記事では、英語を活用する仕事を紹介しているので、一読してみてください。参考として、意外と英語を使わない仕事も紹介します。
未経験OK!クリエイティブな仕事一覧
単純労働よりも頭脳労働が好きな人はいると思います。また、頭脳労働は単純労働と比較すると、能力の積み重ねがあるため、キャリア形成の上でも良い方向に働きます。この記事では、未経験でも働けるクリエイティブな仕事を紹介しているので、仕事選びの参考にしてみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧