資格を取るのは無駄?就活における資格の役割とは

資格を取るのは無駄?就活における資格の役割とは

就活を有利に進めるために簿記やファイナンシャルプランナー、公認会計士などの資格を取ろうとする方は多いですよね。

 

ただし、資格を取ったからといって必ず就職できるわけではありません。

 

もちろん使い方によって、資格は仕事の知識を増やせるだけでなく、積極的にその仕事を志望してることを面接官へ伝えることができます。

 

なので資格を取る場合は、その資格を取る意味はあるのか資格を取ることで何を得られるのか面接官にどういう印象を与えるのか、を考えなければいけません。

 

当サイトでは就活における資格の役割と、資格が効果的に働くパターン、最後に資格が必要ない場合について紹介しています。

 

資格を取ろうか迷ってる方はぜひ参考にしてください。

 

 

目次

 

1. 資格はあくまで就活の補助

 

 

2. 資格が就活で役立つパターン

 

2.1 資格が不可欠な仕事に就きたい場合

 

2.2 同じような職業へ転職する場合

 

2.3 新卒採用の場合

 

 

3. 特に就きたい仕事がない人にとって資格は無駄

資格はあくまで就活の補助

資格は単体では意味をなしません。

 

なぜならばほとんどの会社は資格よりも実務経験を重視するからです。

 

ある統計的データによると、資格を重視する会社と実務経験を重視する会社の割合は、なんと「40対1」!

 

つまり、資格を重視する会社よりも実務経験を重視する会社のほうが40倍多いのです。

 

なので実際に就活すると、高学歴で資格を持ってる人(既卒)よりも、高卒で実務経験が5年以上ある人のほうが遥かに有利だったりします。

資格が就活で役立つパターン

だからといって資格が無駄かといわれれば、もちろんそんなことはありません。

 

目的の職業や、現在の立場によっては資格が不可欠であったり、学歴の差を覆すことも可能です。

 

それでは資格が役立つパターンをいくつか紹介しましょう。

 

 

資格が不可欠な仕事に就きたい場合

医者になりたい場合は「医師免許」、弁護士になりたい場合は「弁護士資格」が必要です。

 

これらの職業は資格を取らなければ、プロとして活動できないため、夢を叶えるためには資格を取るほかないでしょう。

 

医者や弁護士はごく限られた人しかなれないかもしれませんが、他にも医療系や建築系の仕事に資格が不可欠なものは多いです。

 

なのでまずは自分の目標を考え実現するために資格が必要かどうかを考えましょう。

 

 

同じような職業へ転職する場合

全く違う職業へ就く場合、資格はそれほど意味をなしません。

 

中途採用では、潜在能力よりも即戦力を求めますから、いくら頑張って資格を取ったことを推しても、実務経験のある方が優先して採用されます。

 

ただし、似たような仕事へ転職する場合、単に資格を取っただけでなく、「実務経験+資格」をアピールできるので他と差をつけることができます。

 

 

 

同じような職業へ転職したい方にワンポイントアドバイスですが、転職する目的と資格が噛みあっていればさらに採用される可能性が高くなります。

 

志望動機がお金のためであれば…

 

営業という仕事は自分に向いており成績も部署内トップでしたが、以前の会社では自分の納得できる給料がもらえていませんでした。

 

しかし御社の会社では自分の理想に見合った給料がもらえます。

 

御社では前職の営業スキルを生かして働けるうえに、○○(資格名)を取っているため商品知識は十分に備わっています。

 

面接官に志望動機がはっきり伝わりますし、会社に利益を生むような人材だと理解してもらえます。

 

仮に営業トップでなかったとしても、「営業経験がある」うえで、転職先にまつわる資格を取っていたとしたら、自分の会社で十分働く意思があると面接官は判断してもらえます。

 

 

新卒採用の場合

多くの会社は新卒の学生を「学歴」と「コミュニケーション能力」で判断します。

 

これはつまり学生の「潜在能力」を見てることになります。

 

面接官は目の前にいる人材が会社に利益を生むことができるかどうかを、常に頭のどこかに置いてるんですね。

 

 

 

学歴がある人は目標のために努力できる人だと判断してもらえます。

 

旧帝国大学や早稲田慶應は全く勉強せずに入ることはほぼ不可能ですから、それらの大学に入れてる時点で嫌なことでも辛抱強く成し遂げれる人材だと言えます。

 

 

また今の世の中では自分の考えを上手くプレゼンする能力が必要です。

 

いくら良い企画を考えつく力があってもそれを人に伝えることができなければ、社会では使い物にならないのです。

 

会社が採用にコミュニケーション能力を重視するのは妥当な考え方といえますね。

 

 

 

さて学歴とコミュニケーション能力に対して、資格がどのように働くかどうかを説明しましょう。

 

大前提としていくら資格を持っていたとしても、学歴とコミュニケーション能力に勝ることはありません。

 

ただし面接の際にその会社を強く志望しているという説得力を持たせる意味で、資格は効果的です。

 

 

 

よっぽど言葉の重みがない限り、会社を志望する熱意は相手に伝わりません。

 

なぜならば誰だって面接でやる気があるようなことをアピールするからです。

 

 

子供のころから○○に興味があったので…

 

大学の授業を通じて御社に興味を持って…

 

自分を成長させてくれるような会社なので…

 

海外展開に魅力を感じて…

 

 

こんなセリフを面接官は何百回と聞いているため、これらの発言が出た時点で耳が拒否反応を示します。

 

上で示すようなことを言ったところで、心の底から思ってるわけではないとばれていますし、全く説得力がありません。

 

 

 

一方、ありきたりなことばかり言う学生が多い中で、

 

御社に貢献できると考えたため、○○という資格を取得しました。

 

と言えば、少なくとも本気でその仕事に取り組もうとしてることは伝わります。

 

つまり志望動機に説得力が生まれるんですね。

 

もちろん資格を取ることがそれほど特別なことか?と聞かれればそれほど特別なことではありませんが、少なくとも口先だけでやる気を示す学生よりは説得力があります。

 

まさに口じゃなく行動、論よりも証拠、ということ。

 

 

このように資格が意味をなすかどうかは自分の目的に応じて変わるので、採用において得かどうかをよく考えましょう。

特に就きたい仕事がない人にとって資格は無駄

ニートやフリーター方など、とにかく仕事を探したい場合、資格は全く意味がありません。

 

就きたい仕事と関連した資格なら取る意味がありますが、そうでない場合資格の勉強をする時間がもったいないです。

 

現在ニートやフリーターの方にとって最も焦るべきことは自分の年齢についてです。

 

中途採用の時点で多くの会社は、潜在能力よりも即戦力を求められます。

 

ただし20代のうちであれば即戦力ではなく、まだまだ潜在能力を評価される年齢ではあります。

 

30才を超えると潜在能力は見てくれません。

 

当サイトは「20代へ向けた」就職・転職サイトですが、なぜ20代までかというと、30代を超えてくると職業の選択の余地がなくなってくるからです。

 

職業経験のない30代の場合、理想の仕事に就くのは、はっきり言って絶望的です。

 

ただ20代ならまだ「選べる」のです。

 

もし当サイトを見てる方がまだ20代なのであれば、資格を取るなんて言わないで今すぐ就活を始めるべきです。

 

仮に最初の会社が自分に合ってなかったとしても、その会社での経験を元に転職すればよいのです。

 

少しでも働いた経験があるのであれば、30代でも採用されます。

 

 

 

まとめると、仕事を始めるためにとりあえず資格を取るというのは危険な考え方、だということです。

 

特に簿記2級などは有名なうえに比較的簡単に取れるので、ニートやフリーターの方は挑戦しがちですが、勉強する暇があれば就活に時間を割きましょう。

 

時間がたつにつれて、あなた自身の市場価値は下がっていきますよ。

 

⇒20代の若者へ向けた就活の手順

関連ページ

転職が怖い?転職すべきかを冷静に判断できる4つの要素
人間は安定を求めるものなので、たとえ今の職場に不満があったとしても、転職を恐れます。そんな人は仕事の適正を測れる4つの要素を検討してみましょう。
転職で失敗する3つのパターンとその対策法
ネット上には転職失敗談がたくさん存在します。転職は成功すれば良いですが、失敗すれば後悔の連続…。当サイトでは転職で失敗しないための方法を紹介してるので転職を考えてる方はぜひ参考にしてください。
やりたいアルバイトとやりたくない正社員、どちらか迷ってる方へ
心の底から楽しめるアルバイトと本当はやりたくないけど将来が安定な正社員、どちらを選ぶか迷ってる方は多いでしょう。当サイトでは将来どちらが後悔せず過ごせるかを「性別」や「結婚」などの観点からアドバイスします。
お金とやりがいどっちが大事?後悔しない仕事の選び方
最近の若者はお金よりもやりがいを重視する人が多いようですね。ただ将来的に家庭を持つことを考えるとやりがいだけにこだわるのも良くないです。当サイトでは「お金」と「やりがい」の観点から後悔しない仕事の選び方を紹介します。
正社員として働ける楽な仕事ランキング
バイトや派遣社員ではなく、何十年もその仕事で生活できるような仕事を楽な順にランキング形式で紹介しています。現在特別なスキルがない方でも、働ける仕事を選んでいるので、出来るだけ楽な仕事を探したい方はぜひ参考にしてください。
正社員で楽な仕事が多い求人サイトを紹介
楽してお金が稼げるか!と思われがちですが、世の中には比較的楽な仕事ときつい仕事があるのも事実です。当サイトでは正社員で楽な仕事の求人が多いサイトを紹介しています。興味がある方は参考にしてください。
正社員で簡単な仕事が多い求人サイトを紹介
中々達成できないことをこなしていくことも楽しいですが、簡単な仕事を的確にこなすのも大切なことです。当サイトでは正社員で簡単な仕事が多い求人サイトを紹介します。興味がある方はぜひ参考にしてください。
ネット上で見抜く!ブラック企業を見分ける具体的な方法
自分の理想に合った企業を選ぶためには、求人サイトやホームページから企業の情報を見抜く力が必要です。当サイトではネット上の情報からブラック企業を見分ける方法を具体的に紹介しています。
面接官受けを気にした方が良い?面接で長所を聞かれたときの答え方とは
長所は面接で聞かれる定番の質問です。正直に自分の長所を言えばそれで良いのですが、自分に自信のない人は、長所と聞かれると困ってしまうかもしれません。この記事では、長所を聞かれたときの答え方についてまとめているので、一読してみてください。
転職の面接で聞かれる質問一覧。答えるときのコツ
転職するためには、転職先の企業の採用面接を通過しなければなりません。採用の可否は面接での回答・印象で決まるため、事前の準備が大切です。この記事では、転職の面接で聞かれる質問を一覧にして紹介するので、面接対策に活用してください。
面接に適したスーツとは?リクルートスーツの選び方を紹介
面接において、見た目の印象はとても重要です。そのため、スーツ選びで手を抜いてはいけません。この記事では、就活生に向けて、正しいリクルートスーツの選び方を伝授しています。スーツ選びに悩んでいる方は、一読してみてください。
業種別おすすめの資格一覧。実用性・難易度・費用・独学の可否を確認
業種別におすすめの資格を一覧形式で紹介しています。実用性・難易度・費用・独学の可否など、気になる情報を確認することができます。資格選びに迷ってる方は、一読してみてください。
面接で趣味を聞く目的とは?各趣味が面接官に与える印象を解説
面接において、趣味は志望動機や自己紹介に次いで多い質問です。プライベートなことだけに、何を言えば正解なのか迷う方が多いでしょう。この記事では、面接官が趣味を聞く目的を紹介し、各趣味が面接官に与える印象を解説します。
楽して稼ぎたい方必見!楽なアルバイトランキング
お金は欲しいけどしんどいことはしたくない…。世の中には辛いバイトもありますが、楽なバイトもたくさんあります。とりあえずお金だけ欲しい方は、楽して稼げるアルバイトを探してみましょう。この記事では、楽なアルバイトをランキング形式で紹介します。
本当に薄給?勤続年数別・男女別に介護士の給料を比較
介護士は、人手が不足していることや給与が低いことが度々問題となっています。介護士になりたい方は、不安を感じていることでしょう。この記事では、厚生労働省の情報を基に、介護士の給料を年齢別・男女別にまとめています。
転職時に必要な手続きまとめ【退職願・税金・年金・保険・失業手当】
転職する際に必要な諸手続きをまとめました。必要であろう手続き方法は全て記載しているので、転職を検討している方、転職を決めた方は、一読してみてください。
秘書の仕事内容・必要な能力、秘書になる方法まとめ
意外と知られていない秘書の仕事内容をまとめました。仕事内容を知ることで、自分に合った仕事かどうかを確認できます。また、秘書になる方法もまとめたので、仕事探しの参考にしてください。
面接が苦手な人の99%は、明らかに面接対策が足りていない
面接に苦手意識を持っている方は多いと思います。しかし、面接が苦手な人のほとんどは、面接対策が不十分な状況で、面接に臨んでいます。これでは、面接の本番で焦るのも仕方ありません。この記事では、面接前に絶対にやっておくべき準備を解説しているので、面接対策の参考にしてください。
面接でありがちな失敗とその対策方法を解説
面接のような大事な場面で失敗してしまうのが人間です。しかし、ほとんどの失敗は事前に対策方法を知っていれば避けることができます。この記事では、面接でありがちな失敗とその対策方法を解説しています。近いうちに面接をする方は、参考にしてみてください。
おすすめ介護漫画3選!介護現場の実際を楽しく学ぶ
親の介護に頭を悩ます方は多いでしょう。若い方でも、いずれ親の面倒を見なければならないので、介護問題は他人事ではありません。介護漫画は、介護経験者が抱えている悩みや親の面倒を見ることに対する葛藤を、分かりやすく表現しています。この記事では、おすすめの介護漫画9選を紹介しているので、介護問題に興味がある方は、ぜひ一読してみてください。
合理的な仕事の選び方|優先順位を明確にすると仕事選びで後悔しない
【無料で読める!】転職したいなら読んでおくべき本10選
面接が怖い方へ。恐怖心を無くすだけでなく、人生を向上させる方法
面接は仕事を決める重要なイベントなので、緊張するのは当たり前です。しかし、人によっては異常に恐怖心を感じる方もいるでしょう。恐怖心を消すのはそう簡単ではありません。小手先のテクニックで恐怖心を消すことはできないです。この記事では、面接への恐怖心を消すための大胆な方法を紹介しているので、ぜひ一読してみてください。
英語を活用する仕事9選!意外と英語を使わない仕事も紹介
英語を使う仕事ってなんとなくかっこいいですよね。また、海外で働くことに憧れている方も多いでしょう。この記事では、英語を活用する仕事を紹介しているので、一読してみてください。参考として、意外と英語を使わない仕事も紹介します。
未経験OK!クリエイティブな仕事一覧
単純労働よりも頭脳労働が好きな人はいると思います。また、頭脳労働は単純労働と比較すると、能力の積み重ねがあるため、キャリア形成の上でも良い方向に働きます。この記事では、未経験でも働けるクリエイティブな仕事を紹介しているので、仕事選びの参考にしてみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧