就職する自信がないニート・フリーターの方に社会人の真実を語る

就職する自信がないニート・フリーターの方に社会人の真実を語る

『就職して仕事についていけるかな…』

 

そんな不安を抱えている方は多いと思います。

 

しかし、安心してください。世の中の多くの仕事はルーティンワークの連続であり、慣れれば誰にでもできることばかりです。

 

自信がなくなってしまうほど難しい仕事をこなしている社会人なんて、本当にわずかですよ。

 

この記事では、就職する自信がない方へ向けて、実体験を中心に社会人の真実を語ります。

 

目次

 

1. 自信を失うほど難しい仕事は少ない

 

 

2. 不安に感じていることのほとんどは実現しない

 

 

3. 就職への不安を減らす方法

自信を失うほど難しい仕事は少ない

皆さん、「仕事」にどのようなイメージを持っているでしょうか。

 

辛いことを我慢する

 

上司から怒られる

 

普通の人にはできなような難しい仕事をこなす

 

はっきり言って世の中の仕事の大半は「誰にでもできる仕事」です。

 

特別な技術や能力は一切必要とせず、単に決まりきったルーティンワークをこなすだけで、お金をもらえます。

 

『なんでルーティンワークでお金がもらえるの?』

 

それは、誰にでもできるけど誰かがやらなければならないからです。

 

近年、多くの単純作業はロボットやパソコンのシステムによって自動化されていますが、まだまだ人間がやらなければならない仕事は多いです。

 

 

例えば、研究職や開発職、営業は、個人の技量が成果に直結するため、「難しい仕事」といえます。

 

しかし、製造職や事務職、現場作業は、個人の技量はそれほど成果に影響しないため、誰にでもある程度のレベルの仕事はできてしまうんです。

 

もし皆さんが、研究職などの頭脳労働、もしくは営業のような成果報酬系の仕事を志すのであれば、自信を無くして当然です。

 

それ相応の覚悟が必要でしょう。

 

しかし、工場の現場作業や事務職を志しているのであれば、仕事内容自体を恐れる必要はないです。

不安に感じていることのほとんどは実現しない

皆さんも経験があると思いますが、不安に感じていることのほとんどは実現しません。

 

不安を感じやすい人は、頭の中で様々なパターンをシミュレーションしてしまって、最悪の事態をたくさん用意してしまいます。

 

特に、インターネットでは極端な情報ほど流れやすいので、ほぼ間違いなく自分には起きないであろうことを知ってしまいます。

 

理不尽な上司

 

1日16時間労働

 

見知らぬ人との名刺交換

 

営業職に勤めたり、ベンチャー企業に就職しない限り、上記のような理不尽な会社に就職することは滅多にないです。

 

基本的に、書類選考や面接を通ったうえで採用されるので、上司は一生懸命応援してくれるのが普通なので。

 

仮に、とんでもない企業だったら、さっさと辞めてしまえば良いのです。

 

世の中には腐るほど会社があるので、わざわざブラック企業にすがる理由はないですからね。

就職への不安を減らす方法

就職に対して自信がない人が、急に自信を持つのはかなりハードルが高いです。

 

なので、今回は自信を持つ方法ではなく、「不安を減らす方法」を紹介します。

就職するための行動を起こす

人間が不安を感じるのは「未来が分からない」からです。

 

確率が100%であることに対して、不安を感じることはありません。

 

例えば

 

『明日ダイナマイトが飛んできて家が爆破したらどうしよう』

 

なんて悩む人はいないですよね?

 

それは超平和な日本において、家が爆破する確率なんて0.00001%ぐらいだからです。

 

しかし

 

『明日地震が起こって家が崩壊したらどうしよう』

 

と不安を感じる方は多いと思います。

 

これは、日本が地震大国で地震により被害を受ける確率が高いからです。

 

不安を感じている人は、起こるかどうかも分からない未来に対して、悩んだり迷ったりしているのです。

 

しかし、未来のことは誰にも分からないので、悩んだって仕方がありません。

 

もし不安を感じるのであれば、頭の中でいろいろ考えるのではなく、実際に行動を起こして対策を取るしかありません。

 

仕事内容に不安があるのであれば、本を買ったりして知識をつける。

 

面接が不安なのであれば、面接対策の本を買ったり、鏡の前で練習したりする。

 

人間関係が不安なのであれば、上司と話す内容や、周りから気に入られる方法をネットで学ぶ。

 

もうこれ以上はできないというレベルで行動を続ければ、いつの間にか不安は消えています。

 

なぜならば、やるだけのことはやったからです。

 

やるだけのことをやったのであれば、結果が出ようが出まいが吹っ切れます。

 

結果が出なくても

 

『もっとあのとき頑張っとけば良かった』

 

と後悔することもないんです。

 

不安を感じやすい人は、今すぐに行動を起こしてください。行動しなければ気づいたら時は過ぎていて、不安な気持ちが少しも減らないまま、本番が来てしまいます。

 

仲の良い人と会う

人間は孤独だと余計なことを考えてしまいます。

 

何か成長するためには孤独に努力する時間も必要ですが、ずっと一人でいると自分だけの固定観念や自分の心の中での会話ばかりになってしまうので、不安な気持ちがどんどん増大していきます。

 

しかし、仲の良い人と会うことで、心がリラックスされて不安な気持ちが低減します。

 

不安な気持ちはぜひとも仲間同士で解消してください。

関連ページ

フリーターだから将来が不安…。安定な生活のために必要なこと
金銭面や雇用面でフリーターであることを不安に感じてる方は多いですよね。当サイトはそんな将来を不安に感じてるフリーターの方へ向けて、正社員として安定に働く方法を指南しています。20代であればまだまだ希望の職種へ就けるのでぜひ参考にしてください。
将来が不安なニートの諸君。そろそろ本気を出すときジャマイカ?
今日ものんびり過ごしているニートの諸君。いかがお過ごしでしょうか。当サイトと出会ったのも一つの運命でしょう。何かを変えるには行動しかありません。今こそ本気を出して将来の不安を解消するときジャマイカ?
自分がバカだから就職できない…は大きな間違い
就活で苦労している方や、ニート・フリーターの方は、自分の能力を卑下しすぎな傾向にあります。結局のところ人間の能力は「時間」と「集中力」で決まります。ネガティブになるぐらいなら、能力を得るために時間を使うのをおすすめします。
本当に変われた!ジャンル別におすすめの自己啓発本を紹介
自己啓発本って一瞬はやる気出るんだけど、全然続かないんだよな…、という方が多いと思います。管理人自身、モチベーションが上がるので自己啓発本は好きですが、結局、日常生活が変わるほど影響された本は、ほんの数冊しかありません。この記事では、管理人が実際に変わることができた自己啓発本を紹介します。
生活に役立つ資格一覧|お金・家事・家電・料理・冠婚葬祭・趣味
簿記や宅建のように、全ての資格が、仕事で実用化することが目的ではありません。むしろ、趣味系・生活系の資格の方が多いぐらいです。この記事では、生活に役立つ資格を網羅しています。なんとなく暇つぶしに資格取得を考えている方は、参考にしてみてください。

トップページ 就職・転職サイト一覧