ファミリーマートの求人を探す前にこれを見ろ!注意事項を教える

ファミリーマートの求人を探す前にこれを見ろ!注意事項を教える

バイトの仕事内容や人間関係が自分に合わないと、仕事中常に苦痛を味わうことになります。

 

安易にバイト先を決める人は多いですが、バイト先は自分のためにも慎重に選ぶべきです。

 

特にコンビニバイトは意外と仕事内容が多く、あらゆるお客さんの対応をすることになるため、割ときついです。

 

『家が近いからとりあえずファミリーマートでいいか(鼻くそほじほじ)』

 

と考えている方は、一度考え直してください。

 

この記事では、コンビニバイトを始めたいと考えている方に向けて、バイト先を決める前の注意事項をまとめています。

 

バイト選びの参考にしてください。

目次

 

1. バイト先に行って、職場の雰囲気を確かめる

 

2. 他のコンビニに行ってみる

 

3. 時間帯

 

4. コンビニバイトへの適性

バイト先に行って、職場の雰囲気を確かめる

コンビニであれば、実際に行くことで職場の雰囲気を確かめることができます。

 

『店員の雰囲気はどうか?』

 

『店長はどんな人か?』

 

『客層は良いか?悪いか?』

 

職場の雰囲気が自分に合ってるかどうか確認しましょう。

 

 

 

バイト経験がある方なら分かると思いますが、働く上で大事なことは、仕事内容や家までの距離よりも、圧倒的に人間関係です。

 

仮に片道1時間かかるバイト先でも、優しい上司に囲まれた職場だったら、楽しくお金を稼げます。

 

徒歩5分のバイト先でも、高圧的な上司で毎日怒鳴られてばかりだったら、すぐに辞めたくなることでしょう。

他のコンビニに行ってみる

近所に複数のコンビニがある方は、応募予定以外のコンビニにも行ってみましょう。

 

もしかしたら、応募予定のコンビニよりも、雰囲気が自分に合ってるかもしれません。

時間帯

コンビニの業務は時間帯によって変わります。

 

接客、棚卸しのどちらが中心になるかは、およそ時間帯で決まるでしょう。

 

また、深夜のコンビニは人が来ないので楽ですが、深夜に起きておくことが苦に感じる方には向かないかもしれません。

 

管理人は深夜労働楽勝なタイプなので、深夜のコンビニバイトはめっちゃ良かったです笑。

 

逆に昼間は人がたくさん来るので、棚卸しと並行して接客対応が必要なので、とても大変です。

 

特に歌舞伎町や西成など、治安が悪い地域のコンビニバイトは、客層が悪いので、接客のストレスが半端ないです。

 

アルバイトをする上で、時間帯もよく考えておきましょう。

コンビニバイトへの適性

  • 失礼な客に耐えられる
  • 単純作業が苦にならない
  • 細かい作業が得意

コンビニバイトに一番必要な能力は、失礼な客への対応です。

 

コンビニはいろんなお客さんが来ます。

 

丁寧で感じの良いお姉さんもいれば、無駄に偉そうなじじぃも来ます。

 

プライベートでは、無駄に偉そうなじじぃなんて放置しとけば良いのですが、仕事だとそういう訳にはいきません。

 

悪口を言われたり、腹立つ態度を取られても、何も感じない鈍感力が重要です。

 

 

 

また、接客とは言っても、営業のようにモノ・サービスを売るわけではないので、基本的には単純作業の連続です。

 

何時間も同じことを繰り返すので、だんだんと作業に飽きてきます。

 

特に人が来ない早朝や深夜の時間帯は、暇なこと極まりないでしょう。

 

空白の時間に耐えられない人は、コンビニバイトは向かないかもしれません。

 

 

 

コンビニ店員は当たり前のように、お客さんから代金を受け取って、清算し、お釣りを返していますが、意外と慣れてないとこの作業がスムーズにいきません。

 

最近はクレジットカード・電子マネーによる支払いもあるので、わけわからなくなります。

 

もしかしたら、コンビニバイトは簡単というイメージがあるかもしれませんが、実際に始めてみると意外と大変ですよ。


トップページ 就職・転職サイト一覧